人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

男性が持っても違和感なし!長く使える母子健康手帳ケース3選

2021.06.03

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

 女性の妊娠が確定すると医師から取得するように指示されるのが「母子健康手帳」である。妊娠経過や生まれてくる子どもの成長記録、予防接種の履歴などを医療スタッフと共有するだけでなく、妊娠・出産・育児にまつわるお役立ち情報が記載されているなど、妊娠が判明した女性のいる家庭にとって必需のアイテムである。母子の健康に関わるページが含まれるため、基本的にはママとなる女性が使用することが多い母子健康手帳であるが、だからといって男性が使用する機会がないわけではない。パパとなる男性が記載する部分もあるし、ママの代わりに医療機関に携帯することもあるだろう。今回は、このような大事な母子健康手帳というものを大事に守り、それでいてかつ男性が携帯しても様になるようなケースたちを紹介してみようと思う。

荷物が多くなりがちなママのためのシンプルさ『レザー母子手帳カバー・マザーズポーチ』

『レザー母子手帳カバー・マザーズポーチ』はシンプルでありながら母子健康手帳ケースとしてよく考えられた製品だ。まずはその構造。開け口はシンプルなギボシ留めにされており、これにより片手でも簡単に開けられるのは、赤ちゃんで片腕が塞がりがちな親にとっては嬉しいだろう。また、内側にはカードポケットが2つ付属しているので、母子健康手帳だけでなく、保険証や診察券など、医療機関を訪れる際に必要なカード類をセットにしておくこともできる。そして素材である。このケースでは牛革が使用されており、天然の植物成分から抽出されたタンニンで丁寧になめされているとのこと。自然の革の風合いが残されているので手触りや見た目にも安心感を覚えるし、使いこんでいくごとにともに変化していく姿は母子健康手帳のケースとしてふさわしいのではないだろうか。

 価格は税込み8,800円。ハンドメイド製品の通販、販売サイト「Creema」で取り扱われている製品である。

とりあえず必要なものはひとまとめにできる収納力『Kufuu/本革 母子手帳ケース』

 妊娠・出産・育児にまつわるお出かけの中で必要となるモノというのは結構多い。母子健康手帳以外にも例えばそれは予防接種手帳、保険証、診察券、筆記用具、印鑑といった具合だ。ちなみに母子健康手帳は子どもの数だけ必要になるため、双子のような多胎の場合は最初から複数必要になる。そんな諸々のモノたちをひとまとめにしてくれるのがこちらのケースである。比較的に大きめのサイズで作成されているため、先ほど挙げたモノたちはまとめて収納することができる。L字型のファスナーが採用されているため開け口も大きく開き視認性が高く、中身の出し入れのストレスが少ないことも評価できるポイントだ。素材は牛革で自然素材のタンニンでなめしてあるとのこと。自然な手触りとともに、経年変化を楽しむことができるケースとなっている。

 カラーラインナップはブラック(ゴールドファスナもしくはシルバーファスナー)とエクリュベージュの大きく分けて2種類。価格は税込み6,900円で楽天市場で販売されている。

手帳型が持つメリットを活かしたケース『exrevo(レクレボ)/母子手帳ケース』

 母子健康手帳にまつわる悩みというのは大きく分けて2つだと私は考えている。1つは“必要なものをまとめて収納するための収納力と機能性”。2つ目は“男性も持てるデザインであるか否か”。どうやらこの『exrevo(レクレボ)/母子手帳ケース』はそうしたニーズがあることを背景に生まれた製品のようである。ケースやポーチというよりはシステム手帳のようなデザインをしており、手帳好きの人間にとってはそれだけでそそられるデザインになっている。素材については残念ながら合成素材(PUレザー)とのことだが、その分価格は抑えられているし、レザーライク素材を用いて革の見た目に近づけている。私自身はレザーライク素材というのは必ずしも嫌いではなくて、例えば汚れにくくて傷つきにくいといったメリットもあると思っている。とりあえず手帳型を採用したことで“男性も持てるデザインであるか否か”の点は一気にクリアしているように思う。中を覗いてみると母子手帳を収納するポケットの存在はもちろん、6つもあるカードポケットやその他の手帳類を収納する2つのポケット、さらにペンホルダーなどが一目で見える構造になっている。開いたときにポロリと落ちないように注意は必要であるが、印鑑も一緒に挟み込むことができるのでこれで一通り必要なものは収納できるようになっており、“必要なものをまとめて収納するための収納力と機能性”という点もクリアしていることが判る。ちなみにあ母子健康手帳ケースを想定して作られた製品であるが、用途はそれだけに限らず例えば金融機関に出かける用だったり、旅行に出かける用、家計簿用といった用途でも使えるとのことだ。

 カラーラインナップはアンティークブラウン、スモーキーピンク、イエロー、ネイビー、グレージュ、ブルーの6種類。色の選択肢が豊富なので、どの色にするかパパとママの間でかえって争いになりそうだ。価格は税込み2,016円でオンラインストア「dfashion」から購入することが可能だ。

text/Wataru KOUCHI

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。