小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

VT250F、CBR400F、NS250F、時代をつくったホンダのバイク傑作選

2021.06.06

@DIME記事の中から名車図鑑4本を厳選して紹介。

【名車図鑑】最高出力35PSを発揮するV型2気筒エンジンを搭載したホンダの初代「VT250F」

1980年8月に発売された「RZ250」は、250ccクラスで35PSというハイスペックを実現していた。翌1981年3月発売の「RZ350」を含めRZシリーズは、当時のライダーのハートを掴み、大人気となった。 当然、ライバルメーカーたちも黙ってはいなかった。

【参考】https://dime.jp/genre/1136931/

【名車図鑑】シンプル、低燃費、素直な操作性でバイク便ライダーたちにも愛されたホンダのネイキッドマシン「VT250Z」

1984年2月にフルモデルチェンジを行い、2代目へと進化を果たしていたホンダ「VT250F」。最高出力は40PS/12500rpmへと高められ、角型断面のダブルクレードルフレームやタンクと一体デザインのボディマウントフェアリングなど、初代に比べてシャープでスポーティなスタイルを得て人気となっていた。

【参考】https://dime.jp/genre/1136936/

【名車図鑑】ボクらは忘れない!空冷4発+REVのサウンドにシビれたホンダ「CBR400F」

エンジンの回転数に応じて高回転域では4バルブ、低・中回転域では2バルブに作動バルブ数が変わる「REV」機構を搭載し、400ccクラス4発のライバルたちが油冷・水冷を採用していく中、空冷を貫いたのが、ホンダ「CBR400F」だった。

【参考】https://dime.jp/genre/1136560/

【名車図鑑】カウルレスのスチールフレームボディーに45PSの249ccエンジンを搭載したホンダの〝街道レーサー〟「NS250F」

「NS500」が1983年のロードレース世界グランプリ500ccクラスでチャンピオンをもたらした翌年、ホンダは水冷2サイクル90度V型2気筒249ccエンジンを搭載した、「NS250F」をデビューさせた。

【参考】https://dime.jp/genre/1136897/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。