人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

独自機能を徹底比較!猛暑の前に購入したい最新エアコンの選び方

2021.06.05

@DIME記事の中から最新エアコンに関する記事4本を厳選して紹介。

最新エアコン

風を拡散して体への風当たりを緩和する無風感技術を搭載した東芝の最新ルームエアコン「大清快 DT/Rシリーズ」

東芝ライフスタイルは、ルームエアコン「大清快」の新製品として、「DTシリーズ」6機種と「Rシリーズ」5機種を4月上旬から発売する。価格はオープン。 「DTシリーズ」と「Rシリーズ」は、独自の無風感技術を、冷房時に加え、空気清浄、暖房、除湿時にも採用したルームエアコン。

【参考】https://dime.jp/genre/1102816/

エアコンも好きな場所に持ち運ぶ時代に!冷却能力293Wの強力パワーでどこでも涼しく過ごせるサンコーの「ワイルドクーラー」

長い長い梅雨の時期を経て、あともういくつ寝ると~♫、夏い暑、もとい暑い夏が、やって到来してくるのも、もはや時間の問題です。 「梅雨」とは、北海道と小笠原諸島を除く日本などの、東アジアの一部地域においてみられる特有の気象現象で、5月から7月の季節で曇りや雨の多い期間、雨季の一種です。 「夏」とは、四季のひとつで、春と秋に挟まれた季節であり、夏至から秋分までを指します。太陽暦では6月から8月であり、陰暦では4月から6月のことです。基本的に暑いです。

【参考】https://dime.jp/genre/1144272/

汚れを凍らせて溶かしてから洗浄する日立のエアコン「白くまくんX」の画期的な自動洗浄技術

じつはエアコン内部で一番汚れが溜まりやすいといわれているのは「熱交換器」と呼ばれるパーツ。熱交換器は金属製の板をミリ単位で並べている構造のため、この板と板の隙間にホコリなどが溜まり、カビの温床となりやすい。また、隙間が狭いために人の手では掃除が難しいのも問題だった。そこでこの数年、各社のフラッグシップエアコンが搭載しているのが「凍結洗浄」という技術だ。これは熱交換器を凍らせて霜をつけ、この霜を溶かすことで熱交換器についたホコリやカビを水で洗い流すというものだ。白くまくんのXシリーズも2018年からこの凍結洗浄を搭載している。

【参考】https://dime.jp/genre/994806/

寒い日に窓を開けなくてもOK!暖房や冷房を運転しながら換気ができるダイキンのルームエアコン

ダイキン工業は、換気機能付きルームエアコン5商品を発表。11月1日より順次発売する。 ラインナップは、換気しながら加湿・暖房できるフラッグシップモデル「うるさらX(エックス)」、加湿に加え新たに換気機能を搭載した「うるさらmini(ミニ)」、換気運転が可能な新スタンダードモデル「Vシリーズ」ほか、ハウジングエアコン「うるるとさらら天井埋込カセット形シングルフロータイプ」「うるるとさらら床置形」の5商品。

【参考】https://dime.jp/genre/1013371/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。