人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

キャッシュレス決済が普及しても「記念貨幣」の購入を希望する人が多い理由

2021.06.02

エイチームフィナジー「記念貨幣とキャッシュレス」に関する意識調査

今年4月、郵便制度が150周年を迎えたことを記念して「郵便制度150周年記念貨幣」が発行された。また、近代通貨制度が6月には150周年を迎えることを記念するため「近代通貨制度150周年記念貨幣」も発行される。

キャッシュレス全盛の時代ではあるものの、洗練された技術と味わい深い造形が施された貨幣の放つ魅力は色あせない。記念貨幣ともなればなおさらで、コレクション目的で購入を希望する人も多いことだろう。

そんな「記念貨幣とキャッシュレス」に関する意識調査がこのほど、株式会社エイチームフィナジーにより、10~60代の男女441名を対象として実施された。

記念貨幣を「買いたい」は約4割!一番の理由は、「記念として持っておきたいから」

「記念貨幣を買いたいと思いますか?」と質問したところ、39.7%の人が「買いたい」と回答した。キャッシュレス決済が広く利用されるようになった現在でも、「記念貨幣を購入したい」と思う人は多いようだ。

また、「買いたい」と回答した人の理由を調査してみると、92.6%の人が「記念として持っておきたいから」と回答する結果になった。一方で、「買いたいと思わない」と回答した人の理由を見てみると、80.5%の人が「興味がないから」、次いで22.9%が「高いから」、20.3%が「もったいなくて支払いの際に使えないから」という結果となった。

もともと何かを記念して発行されている貨幣だが、使うことができない貨幣は「いらない」と考える人も一定数いるようだ。

また、「どんな記念貨幣があったら買いたいと思いますか?」という質問に対して、記念貨幣に興味がある人からは、「好きなキャラクターとコラボ」と「変わった形」という回答がどちらも約2割を占めた。

メインの決済は約6割が「キャッシュレス」と回答

続いて、「メインの決済方法は現金かキャッシュレスかどちらですか?」という質問をすると、「キャッシュレス」と回答した人が58.7%と、半数以上の回答となった。

近年、政府が実施した「キャッシュレス・消費者還元事業」「マイナポイント」や新型コロナウイルス感染症の感染拡大などが影響し、キャッシュレス決済が広く使えるようになっているのは多くの人が実感するところかもしれない。

今後、キャッシュレス決済を利用できるお店が増えていくと、キャッシュレス決済をメインに利用する人もさらに増えていくことが予想される。

約4割!「現金払いに慣れてしまっているから」がキャッシュレスに変えない一番の理由

上の問いでメインの決済方法を「現金」と回答した人にその理由を調査したところ、「現金決済に慣れてしまっているから」という回答が、39.6%と最も多くなった。次いで「安心できるから」「使いすぎてしまいそうだから」という回答がそれぞれ19.2%という結果となった。

「キャッシュレス」の決済が広がる中、「現金」決済をメインで使用している人は、幼い頃から慣れており、安心感もあるためなかなか変えるタイミングがないのかもしれない。

「キャッシュレス」に変えようと思うために必要な要素、1位「セキュリティ面の不安が解消される」

「現金」がメインと回答した人に「どんな要素があれば、メインの決済方法をキャッシュレス決済に変えようと思いますか?」と聞いてみた。すると、「セキュリティ面の不安が解消される」という回答が44.0%と最も多い結果となった。次いで、「自分にとってお得な決済方法が簡単にわかるようになる」が33.0%だった。

現金決済の安心さに慣れてしまうと、お金の動きが見えず、オンラインの購入でも利用しやすいキャッシュレス決済には、セキュリティ面でより不安を感じるのかもしれない。
 
また、キャッシュレス決済自体の方法も、QR/バーコード、クレジットカード、交通系IC等、選択肢が増えており、自分にピッタリのキャッシュレス決済を見つけることが難しくなっているのかもしれない。

■専門家からのワンポイントアドバイス

調査の結果、メインの決済方法は58.7%がキャッシュレス決済と回答、キャッシュレス決済が普及する現代でも、39.7%の人は記念貨幣を買いたいと思っていることがわかりました。

しかし、記念貨幣を買いたいと思う一番の理由は、「記念として持っておきたいから」で、現金派だからこそ持ちたいわけではないこともわかりました。

そもそも、キャッシュレスに変えようと思えない理由として、「現金に慣れてしまっている」や「セキュリティ面が不安」、「結局お得な決済方法がわからない」などが挙げられました。

現金派の意見を参考に、今のキャッシュレス決済に求められている要素を組み込むことで、今後さらにキャッシュレス決済派が多くなることもあるかもしれないですね。(ナビナビクレジットカード編集部 船戸 朔夜氏)

<調査概要>
調査方法:インターネットによる調査
調査対象:全国にお住まいの10代から60代の男女
調査期間:2021年4月14日~2021年4月15日
調査エリア:全国
サンプル数:441名

出典元:株式会社エイチームフィナジー
https://finergy.a-tm.co.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。