人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

もう食べた?大豆ミートなどの代替肉を食べたことがある人は2割

2021.06.01

健康志向の高まりを受けて、近年注目を集める大豆ミートなどをはじめとした代替肉。この新たな食材について、人々はどのような印象を持っているのだろうか?

そんな「代替肉・代替たんぱく質」に関する意識調査がこのほど、株式会社クロス・マーケティングにより、全国20歳~69歳の男女を対象にして実施された。

代替肉・代替たんぱく質に関する調査

代替肉・代替たんぱく質の喫食経験は2割に留まるものの、約半数が「食べてみたい」と回答<図1>。喫食経験・意向ともに、男性より女性の方が高く、男女で差があることがわかった。

代替肉・代替たんぱく質のうち、食べたいと思うものとして最も多かったのは「植物系(大豆ミートなど)」。「どの種類も食べたくない」は約3割と一定数みられる<図2>。

代替肉・代替たんぱく質を食べたい理由は「身体に良い/身体に良さそう」 「カロリーが低い/低そう」などで、いずれも健康に関するものが上がっており、代替肉・代替たんぱく質のヘルシーさを魅力に感じている様子がうかがえる。

また、喫食経験ありと回答した人からは「美味しかった」と、味に対して肯定的な意見が多く出た。一方で、食べたくない理由としては味や添加物への懸念が上位に挙がっている<図3・4>。

さらに、「食事に関するポリシーや決まり事」として、健康を意識して野菜の摂取やバランスの良い食事を心掛けているという回答が多く挙がった。他方、「食べたいものを食べる」といった“食”を楽しみたいという意見もみられる<図5>。

<調査概要>
調査手法: インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域: 全国47都道府県
調査対象: 20~69歳の男女
調査期間:2021年5月21日(金)~5月24日(月)
有効回答数 : 本調査1,100サンプル                  
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合がある。

出典元:株式会社クロス・マーケティング
http://www.cross-m.co.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。