小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

メルセデス・ベンツが「Aクラス」にプラグインハイブリッドモデル「A 250 e」を追加

2021.05.29

メルセデス・ベンツ「A 250 e」

メルセデス・ベンツは、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を搭載したスポーツコンパクト「Aクラス」に、プラグインハイブリッドの「A 250 e」「A 250 e セダン」を追加し、本日より全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて予約注文の受付を開始。なお、納車は本年6月上旬より順次予定している。

Aクラスは、先代モデルのワイド&ローのプロポーションとアグレッシブで若々しいボディスタイルというコンセプトはそのままに、プラットフォームを完全新設計し、メルセデス・ベンツの先進技術を注ぎ込むことで快適性が大きく向上したスポーツコンパクトモデル。

Aクラスセダンは、AクラスやBクラスなどに使用している最新の前輪駆動シャシーをベースにした初のプレミアムコンパクトセダン。セダンのフォーマルさと、Aクラスの持つ若々しいイメージを融合させたモデルで、狭い街中であっても持て余すことがない、コンパクトなボディサイズが特長となっている。

AクラスおよびAクラスセダンともに、対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」や安全運転支援システムを採用するなど多くの機能を取り入れている。

今回追加する「A 250 e」は、最高出力160PS(118kW)、最大トルク250 N・mを発生する1.4リッター直列4気筒ターボエンジンM282に、プラグインハイブリッドシステムを採用。フロア下部には15.6kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載する。時速140km/hまではモーターのみでの走行が可能で、電気自動車のように使用することも可能。また、電気モーターのみで走行可能な航続距離は70.2km*1を達成している。

なお、3.2kW*2までの交流普通充電と、24kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応している。

*1: WLTCモードの等価EVレンジ(EV走行換算距離)
*2: 日本における使用で想定される200V・16A充電の場合

ドライブモード

電力消費率や航続距離は運転スタイルによって大きく変わる。A 250 e は特性の異なるさまざまなドライブモードを備えることで、ドライバーをサポート。搭載されているドライブモードは以下のとおり。

• C(コンフォート):デフォルトのモード。走行状況、走行距離に応じて駆動方式が選択されるモード。
• ECO(エコ):電気モーターでの走行が優先されるモード。走行状況と走行距離に応じて最適な駆動方式が選択される。
• S(スポーツ):最高のレスポンスによりスポーティな走行性能を実現することを重視したドライブモード。
• I(インディビジュアル):走行特性、ステアリング特性を個別に設定できるカスタマイズ可能なドライブモード。
• EL(Electric):セーリングモードが作動し、140km/hまでの速度で電気モーターのみでの走行が可能。
• BL(Battery Level):充電量を一定に保つため、ハイブリッドシステムによる駆動方式を選択。

EL モード走行時には、ステアリングホイール裏のパドルによりバッテリーへのエネルギー回収量を5段階で調整が可能。パドルは左側が回生レベルの上昇、右側が低減のスイッチとなっており、以下の段階が設けられている。

• D+ : コースティング
• D : 軽度の回生ブレーキ
• D- : 中程度の回生ブレーキ
• D-- : 強度の回生ブレーキ(ほとんどの場合、回生ブレーキだけで十分な減速が得られる)
• D Auto : 前走車との車間距離、登坂・降坂などの道路状況などを加味し、最適な強度の回生ブレーキ

なお、完全に停車させるときは、回生ブレーキの設定に関係なく、これまでと同様のブレーキ操作を行う必要がある。

インテリジェントアクセルペダル

「インテリジェントアクセルペダル」は「プレッシャポイント機能」を備えている。ELモードの際、これ以上アクセルを踏むとエンジンも使用しなければならないというモーター走行の限界点でアクセルペダルの抵抗を増してドライバーに知らせることにより、無駄なエネルギーの消費を抑えるドライビングを実現。

交流普通充電器無償提供および設置費用サポート

交流普通充電器本体を無償提供するほか、設置にかかる費用負担を軽減するため10万円のサポートを実施*3し、充電によるユーザーの利便性を向上している。
*3: 本サポートは充電用ウォールユニット無償提供を希望したユーザーが対象となる。また設置にかかる工事費用は、10万円を超える場合がある。なお、本キャンペーンは予告無く終了する場合がある。

メーカー希望小売価格(消費税込み)は以下の通り。

なお、「A 250 e」には、新車購入から3年間、一般保証修理/定期メンテナンス(点検整備の作業工賃・交換部品)/24時間ツーリングサポート/地図データ更新が無償で提供される走行距離無制限の保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用。新車登録日から6年間または総走行距離10万km到達時のいずれかまでバッテリーを無償で交換または修理する特別保証を用意している。

また、メルセデス・ケア期間中には、ご希望のモデルを3回無料で利用できる週末貸出サービス「シェアカー・プラス」も利用可能。さらに、メルセデス・ケア終了後も引き続き2年間、一般保証修理、定期メンテナンスや24時間ツーリングサポートを利用できる有償のサービスプログラム「メンテナンス&保証プラス*5」を用意。
*5: メンテナンスサービスは総走行距離75,000kmまでで終了となる

関連情報
https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/a-class/a-class-hatchback/explore/model-year-update-w177.module.html

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。