人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

対策はある?6割の人が仕事でもめたことがある「言った言わない問題」

2021.05.31

「言いましたよね?」「いえ、言ってないです」

ビジネスでたまに起こる「言った言わない問題」。ビジネスパーソンなら一度は経験したことがあるのでは。

今回シンカは、企業における電話での「言った言わない問題」について調査を行った。その結果、言った言わない問題を経験した人は6割近くもいるにも関わらず、5割近くが対策として何も行なっていない現状が浮き彫りになった。

「言った言わない問題」の現状が浮き彫りに

シンカは2019年に固定電話についての調査を行い、6割以上の方が固定電話を取るのがストレスだと感じつつも9割以上の方がしばらく固定電話は必要だと考えている「固定電話恐怖症」の実態を明らかにした。

電話に出る前のストレスについての調査でしたが、今回の調査では、電話後のストレスとしてよく挙げられる「言った言わない問題」(自身と先方において、当時言った内容について食い違いが発生し、揉めてしまうという問題)について調査した。

調査結果まとめ

・約3割が1年以内に電話での言った言わないで揉めたことがあり、数年以内に揉めた割合も含めると約6割にも及ぶ。

・一方で、5割近くが電話での言った言わない問題への対策として何も行なっていない。対策としては議事録やメール送付などにより文字に残すなどを行なっており、二度手間になっている。

・言った言わないで揉めたテーマで多いTOP3は、納期(スケジュール)、金額、契約内容。

調査結果詳細

Q. 過去に電話でのやり取りについて、後で言った言わないで揉めたことがありますか?

・クライアントと揉めた

・社内伝達で揉めた

 

Q. 電話での会話を議事録や日報、メールなどでクライアントや社内に報告したことがありますか?

Q. 電話での言った言わない問題への対策として、行っていることはありますか?

Q. 電話でのやり取り後、言った言わないで揉めたテーマを全てお選びください。

Q.「言った言わないで」揉めたものについてあてはまるものをお答えください。

Q. コロナ禍で社外/社内との電話での対応の頻度は、コロナ禍以前と比べてどう変わりましたか。

調査概要

調査対象:仕事において、外部(クライアントや問い合わせなど)からの電話を取ることが日常的にある対象者

(自動車/機械、製造業、情報通信/印刷/インターネット、資源/エネルギー/素材、金融/法人サービス、食品/農業/漁業/林業/鉱業、娯楽/エンタメ/メディア、建設/不動産、運輸/物流、生活/公共サービスに属する人)

調査人数:2652人

調査方法:インターネット調査

モニター提供元:インテージ

調査期間:2021/05/07~2021/05/10

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。