小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

制御から情報通信へ、半導体で加速する自動車の電子化

2021.05.29

今後の展開は?半導体で加速する『自動車の電子化』

自動車向け半導体の市場は、電気自動車(EV)の普及や自動運転の高度化といった『自動車の電子化』が進むにつれ、「情報通信」向けを中心に更に拡大することが見込まれている。

そこで三井住友DSアセットマネジメントはマーケットレポート「半導体で加速する『自動車の電子化』」を発表した。

「半導体」は自動車のキーデバイス

最近の自動車は「走る」「曲がる」「止まる」といった、基本的な動きの「制御」に半導体が使われている。例えばエンジンにはマイコンと呼ばれる半導体が入っていて、燃費の改善や排ガスのクリーン化のためにエンジン内部の動きをコントロールしている。半導体は、自動車生産に必要不可欠な部品の一つとなっている。

2011年の東日本大震災や最近の半導体メーカーの工場火災の後には半導体の出荷が滞り、世界の自動車生産全体に少なからぬ影響が出た。

「電子化」で拡大する自動車向け半導体の市場規模

世界の自動車向け半導体の市場規模は、今後拡大が見込まれる。矢野経済研究所の調べでは、現在の市場規模(予測)は約320億ドルだが、25年には438億ドル、30年には586億ドルへの拡大が見込まれる。このように自動車向け半導体市場が拡大する背景には、『自動車の電子化』がある。

現在、一般的な自動車には一台当たり約200ドルの半導体が使われている。これが電気自動車になると約400ドルに、そしてレベル3と言われる「条件付き自動運転」に対応した自動車になると、搭載金額は800ドル以上に跳ね上がると言われている。

「制御」から「情報通信」へ、主役交代に注意

高度に「電子化」された次世代の自動車には、カメラやセンサーが集める膨大なデータを処理したり、クラウドサーバーと通信をしながら人工知能(AI)を使って自動車全体の動きをコントロールするような、いわゆる「情報通信」のための高性能な半導体が搭載される。

このような「情報通信」のための自動車向け半導体は、エヌビディア(米国)やインテル傘下のモービルアイ(イスラエル)といった、従来の「制御」用の半導体とは無縁の新しい会社が技術開発をリードしている。このため今後の投資対象の検討に当たっては、将来の主役交代の可能性への注意が必要だろう。

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。