人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外と低いスマートスピーカーの利用率、最も利用されている機能は?

2021.05.30

おうち時間が増えることで「スマートスピーカー」の需要が高まるのでは?と考える人は多いだろう。しかし、マイボイスコムが10,022件の回答を集めた調査では、スマートスピーカーを自分で利用している人は約8%、自分または家族が利用している人は1割強と少ない結果に。

調査によると、スマートスピーカーの認知率は8割強。「どのようなものか、内容を知っている」が31.2%、「聞いたことがある程度」が50.1%となっている。

スマートスピーカー利用意向は2割弱、非利用意向は約45%

スマートスピーカーの利用状況

スマートスピーカーを自分で利用している人は、「自分だけで利用している」「自分を含む同居家族で利用している」を合わせて約8%。「自分は利用していないが、同居家族が利用している」(2.7%)を含む、自分または家族が利用している人(以下、世帯利用者)は1割強となっている。

スマートスピーカーの利用状況

利用しているスマートスピーカー

利用しているスマートスピーカーは(複数回答)、「アマゾン(Amazon Echo、Echo Dotなど)」「グーグル(Google Home、Google Home Mini、Google Nest Hubなど)」が世帯利用者の各30%台、「Apple(HomePod)」が11.6%、「ソニー(LF‐S50G、SRS‐XB501Gなど)」が6.4%となっている。

スマートスピーカーで利用している機能

スマートスピーカーで利用している機能は(複数回答)、「天気予報を聞く」が世帯利用者の55.9%、「音楽を聴く」が47.9%、「ニュースの読み上げ・画面表示」が34.5%、「アラーム・時報、タイマーの設定」「時刻の確認」「言葉の意味を調べる、翻訳」が各20%台となっている。

スマートスピーカーの利用意向

スマートスピーカーの利用意向は2割弱。自分で利用している人(自分だけで利用、自分と家族で利用)では、8~9割。非利用意向は約45%、非利用者では5割を占める。

スマートスピーカーの利用意向

スマートスピーカーでやってみたいこと・利用したい機能

スマートスピーカーでやってみたいこと・利用したい機能は(複数回答)、「天気予報を聞く」が利用意向者の56.8%、「音楽を聴く」「ニュースの読み上げ・画面表示」が各40%台。

「ニュースの読み上げ・画面表示」「スポーツの試合などの結果の確認」は男性、「料理レシピの検索・表示」は女性、「乗り換え案内、目的地への行き方の検索」「言葉の意味を調べる、翻訳」は女性高年代層で比率が高くなっていた。

スマートスピーカーでやってみたいこと・利用したい機能

スマートスピーカー購入時の重視点

スマートスピーカー購入時の重視点は(複数回答)、「本体価格」が利用意向者の53.1%、「メーカー・ブランド」が46.4%、「AIアシスタント」が38.6%。「デザイン・色」は女性30~50代、「操作のわかりやすさ」「セキュリティ」は女性高年代層で比率が高くなっている。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。