人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日立がリモート環境からの参加を実現したサイバー防衛訓練サービス「オンラインNxSeTA」を提供開始

2021.05.28

日立「オンラインNxSeTA」

日立製作所(以下、日立)は、電力や鉄道、上下水道など、社会インフラ事業者向けに、リモート環境からの参加を可能としたサイバー防衛訓練サービス「オンラインNxSeTA」を、6月1日より提供開始する。

本サービスは、従来日立の大みか事業所(茨城県日立市)や顧客の拠点、事業所で、重要インフラ分野での高度なセキュリティ人財を育成する場として多数の訓練実績を重ねてきた「サイバー防衛訓練サービス(以下、NxSeTA)」をオンライン化したもの。

「NxSeTA」は、重要な社会インフラへのサイバー攻撃に対応するための総合訓練・検証施設として2017年に大みか事業所内に開設。さらに2020年には顧客の拠点で「NxSeTA」と同様の訓練を可能とする「ポータブルNxSeTA」を提供し、顧客の環境やニーズに応じた多様なサービス展開を行ってきた。

今回新たに提供する「オンラインNxSeTA」は、リモート業務に対応して、自宅やサテライトオフィスなど、場所を限定せず、効率的かつ柔軟に遠隔から訓練や講義の受講が可能。特に、リモート環境下では、従業員間の相互連携がより重要になるため、各種業務ツールを活用し、利便性の高い豊富な訓練メニューを提供する。

また、個人及び組織におけるセキュリティスキル向上に向けて、コミュニケーション力やレジリエンスなど多様な評価軸として「Safety-II」などを用いた訓練評価を行い、段階的にスキルアップが図れるように、継続的な効果教育・訓練計画を提案する。

さらに、人財面の強化のみならず、訓練で得られた課題に対し、システム面や運用面においても、日立が長年の社会インフラシステムの構築で培ってきた経験・運用ノウハウやIT技術をもとに、セキュリティ施策の改善支援も実施し、コンサルティングからセキュリティ施策の導入・運用までトータルに顧客を支援するという。

日立は、今後、本サービスの適用業種を広げ、社会インフラ事業者のみならず、製造業や物流・小売りなど、幅広い業種のお客さまに活用できるようサービスの拡充を図るとともに、安心・安全な社会の実現に向けて、官民連携によりサイバーセキュリティ強化に取り組んでいくとしている。

■セキュリティスキル強化の計画策定支援のプロセス

■新規サービスと既存サービスの違い

関連情報
https://www.hitachi.co.jp/products/it/security/evolving/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。