人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

除湿機の使い方、部屋干しの方法、覚えておきたい梅雨時のカビ対策4つのヒント

2021.05.30

@DIME記事の中から梅雨時期のカビ対策に関する記事4本を厳選して紹介。

梅雨時期のカビ対策

大量発生しやすい季節が到来!専門家に聞く梅雨時のカビ対策3つのポイント

今年も梅雨の季節がやってきた。梅雨の間、湿度の高い状態が続くとカビが発生しやすくなり、そのまま放置しておくと住まいにも人にも影響が出ることがある。それに今年はコロナ禍だ。例年以上に自宅で過ごす時間が長くなるため、しっかりとカビ対策をして、快適なおうち時間を過ごしたいと考える人は多いに違いない。

【参考】https://dime.jp/genre/932044/

梅雨入りする前に準備を!カビの発生を防ぐ除湿機の上手な使い方

お部屋の空気がじめじめする梅雨の季節。 部屋干しすることも増え、カビの発生が心配になる方も多いでしょう。 そんな時は除湿機の活躍が期待できますが、より効果的に使う方法や、種類別の特徴を知っておけば、もっと効率的に部屋の湿度を下げられます。

【参考】https://dime.jp/genre/1116903/

ニオイ、生乾き、カビ、梅雨時の洗濯の悩みを家電を使って解決する方法

梅雨時の困りごとで多いのが洗濯にかかわる悩み。「洗濯物が乾かない」「部屋干しした洗濯物のニオイが気になる」「洗濯槽につくカビ、カビ臭」などが上位に挙がる。パナソニックの調べでは、こうした困りごとの対処方法がわからず、なにも対策を取っていない人が4割にも上ることがわかった。パナソニックではこうした梅雨時の困りごとに対して、家電を活用して対策をする方法を提案している。

【参考】https://dime.jp/genre/928087/

部屋干しが結露やカビの大きな発生要因だって知ってた?

清掃機器の最大手メーカー、ドイツ・ケルヒャー社の日本法人、ケルヒャージャパンは、この季節悩まされる「結露」に関するアンケート調査を全国の30~40代の女性500名を対象に実施した。東北大学・吉野博名誉教授の「住宅における結露・カビの発生要因に関する調査研究」によると、多くの住宅でいずれかの部位に結露が生じており、特に、部屋干しを行うことの多い居間や、換気量の不足しやすい寝室は高湿度な環境になりやすく、結露やカビ発生のリスクが高まるそうだ。

【参考】https://dime.jp/genre/512527/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。