人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

社会人になったら覚えておきたいお中元を贈るタイミングと基本マナー

2021.06.08

お中元とお歳暮は、相手の住む地域によって贈る時期や贈り方のマナーが異なる場合があります。ビジネスシーンだけでなく、親しい人へ贈る場合でも正しいマナーを把握することが大切です。お中元とお歳暮の相場や、郵送時の『のし』についても紹介します。

感謝の気持ちを込めて贈る「お中元」「お歳暮」

学生の頃はなじみがないお中元やお歳暮ですが、社会人になると贈ったり受け取ったりする機会が増えます。しかし、お中元やお歳暮を贈る理由を知らない人もいるのではないでしょうか。まずは、それぞれにどのような意味があるのか見ていきましょう。

夏に贈る「お中元」

中元とは道教の習俗の一つで、旧暦の1年を2回に分けた場合に節目となる『7月15日』を指します。この中元と仏教の祭りである『盂蘭盆会(うらぼんえ)』が混ざり、お供え物をして先祖の霊を供養する日となりました。

江戸時代以降は、お盆の礼としてお世話になった親類や知人に贈り物をする慣習へと変化し、『お世話になった人に日頃の感謝を込めて贈る夏のあいさつ』に発展したのが、お中元のはじまりです。

このように、お中元には仏教のお祭りや先祖の霊を供養する日としての歴史があるので、現代でも贈り物だけでなくマナーも重要視されています。

年末に贈る「お歳暮」

お歳暮とは、年の暮れに1年の締めくくりとして、日頃お世話になっている人に1年間の感謝の気持ちを込めた品物を贈る風習のことです。

お歳暮はもともと、『年の暮れ』や『年末』を表す言葉として使用されていましたが、年末年始に『御魂祭(みたままつり)』という祖先の霊に御供物をして祀る行事がルーツとなり、現在のような形に発展しました。

いつしか、お世話になった親族や上司に対して感謝の気持ちを伝える習わしへと変化し、年末に品物を贈る習慣を『お歳暮』と呼ぶようになりました。お中元とお歳暮は時期の違いはありますが、どちらも感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣です。

贈る時期と相場

(出典) pexels.com

お中元もお歳暮もマナーとして贈るべき期間を把握して、事前に準備する必要があります。金額にも相場があるので、相手に失礼のないよう注意しましょう。

「お中元」や「お歳暮」を贈る時期

お中元とお歳暮は、それぞれ地域によって贈る時期が異なります。

お中元は東日本であれば7月初旬7月15日まで、西日本は7月下旬8月15日までに贈るのが一般的です。遠方へお中元を贈る場合は、早めに準備をして時期を外すことのないように注意しましょう。

また、お歳暮はお正月のお祝いをする前に贈るのがマナーとされています。関東と沖縄は12月初旬25日頃、それ以外の地域では12月10日頃20日頃がお歳暮を贈る一般的な時期です。

ただし、近年では『年の暮れはお正月の準備があり忙しい』という考えから、お歳暮を贈る時期が早まり、11月下旬に贈るケースもあるようです。贈り先の地域や状況に合わせて、時期を間違えないようにしましょう。

金額の相場はいくら?

お中元とお歳暮で贈る品物は、30005000円程度の金額が一般的な相場とされています。特にお世話になった人には、1万円以上の品物を贈る場合もありますが、高価過ぎる品物は相手に気を遣わせてしまいます。基本的には、自分と相手の負担にならない程度の金額が適切です。

個人に対しては量より質の高い品物で、人数が多い家族には全員で楽しめる品物など、贈る相手によって品物を変えるのがおすすめです。現代では、受け取った相手が好きなものを選べるカタログギフトなども注目されています。

また、生ものを贈る場合は受け取れる日時を確認します。また目上の人には、現金やギフト券などを贈るのはマナー違反とされているので注意しましょう。

「お中元」「お歳暮」を贈る時のマナー

(出典) pexels.com

お中元とお歳暮には、贈る時期や金額の相場だけでなく、ほかにも気を付けるべきマナーがあります。特に大切なマナーを四つ紹介します。

継続して贈ることが大切

お中元やお歳暮を贈る場合は、相手と継続的な付き合いがあるかが重要です。お中元とお歳暮は、日頃の感謝を伝えると同時に『今後ともお世話になります』という意味合いがあるので、一度贈った相手には継続して贈ることがマナーになります。

お中元やお歳暮を贈るのが一度限りになってしまうのは失礼にあたるので、個人とビジネスシーンのどちらも、現在の関係性と今後の関わり方をよく考えた上で、贈る相手や品物を決定しましょう。

お中元とお歳暮を毎年贈り続けるつもりがなく、一度限りのお礼や感謝の気持ちを伝えたい場合は、『お中元』や『お歳暮』といったのし書きではなく、『御礼』として贈るのがマナーです。

相手の好みやアレルギーを把握しておく

お中元とお歳暮は、日頃の感謝を伝えるために品物を贈るので、できるだけ相手が喜ぶものを選びましょう。そのためには、事前に相手の好みや家族構成などを確認しておくことが重要です。

贈り物は、ビールや日本酒などの酒類、コーヒーやお茶などの飲料類、日持ちのするお菓子などがおすすめです。しかし、飲み物や食料品を贈る場合は、相手のアレルギーを考慮して品物を選ぶ必要があります。

アレルギーを持っている人に該当する食料品を贈ったり、お酒が飲めない人にビールのギフトセットを贈ったりするのは、相手の信用を失う行為となってしまいます。好き嫌いが分かれやすい品物も、相手が気に入らない可能性があるので、事前のチェックが大切です。

贈り方にも気を配る

相手の状況を考えて、品物だけでなく贈り方にも配慮があると相手に与える印象がよくなります。相手の在宅予定やスケジュールを考慮した贈り方を意識しましょう。

品物を受け取れる日時を事前に相手に確認して、なかなか荷物を受け取れそうにない忙しい相手には、賞味期限が長くて日持ちしやすいビールやお菓子などがおすすめです。特にお歳暮では、消費期限が短い生鮮食品やお正月の料理に使える食材を贈る場合も多いので、家族が集まるお正月直前に配送するなどの配慮が必要になります。

在宅予定やスケジュールの確認が難しい場合は、日持ちする品物を選んでおくのが無難です。

送り状・お礼状・のしにも気を付ける

お中元やお歳暮は相手の家まで持参するのがよいと考えられることもありますが、相手に余計な気を遣わせてしまうので、近年では郵送するのが一般的です。郵送する場合は、電話か手紙やハガキの送り状で事前に知らせておきましょう。送り状を書く手紙やハガキは、季節感のある絵柄を選ぶと、より一層気持ちが伝わります。

さらに、お中元やお歳暮で贈り物を郵送する場合は、品物にのし紙をかけて包装紙で包む『内のし』をかけるのがマナーです。のし紙は紅白の蝶結びの水引を選び、水引中央結び目の上段に『御中元』や『御歳暮』などを、下段に小さめの文字で自分のフルネームを書きましょう。

また、お中元とお歳暮は感謝の気持ちを込めて贈るものなので、基本的にお返しは必要ありませんが、品物を受け取ったら、すぐにお礼状を出しましょう。

贈る際に注意したいポイント

(出典) pexels.com

お中元とお歳暮を贈る際は、マナー以外にも注意しなければいけないポイントがあります。うっかり忘れてしまうことがないように、注意したいポイントを確認しましょう。

贈る時期を過ぎてしまった場合

お中元とお歳暮を贈る時期を過ぎてしまった場合は、その時期に適したあいさつに切り替えて贈りましょう。

地域によって時期は異なりますが、お中元の7月15日を過ぎた贈り物は『暑中見舞い』、8月に入って立秋を過ぎた贈り物であれば『残暑見舞い』として贈るのが一般的です。

お歳暮は11月から12月に贈るのが基本ですが、過ぎてしまった場合は、お歳暮の代わりに『御年賀』や『寒中御見舞』として新年に贈りましょう。1月1日の元旦から1月7日の松の内までは『御年賀』、松の内を過ぎた1月8日から2月初頭の立春前日までは『寒中御見舞』の時期になります。

喪中や忌中の場合

贈る側と受け取る側のどちらかが喪中でも、日頃の感謝を伝える品物であるお中元やお歳暮は贈ることができます。しかし、忌中の場合、初七日が終わっていない期間や法要の日に持参するのは避けましょう。可能であれば、ご不幸があってから四十九日を過ぎてからが望ましいです。

また、紅白の蝶結びの水引は避けて、水引なしや無地のかけ紙、短冊などのシンプルなのしを使用して贈るのがマナーになります。

不幸があって間もない場合や相手の心情が気になる場合は、事前に連絡を入れて相手の了解を得てから贈るのも大切な心遣いになります。

取材・文/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。