人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大事に使いたくなる!?古すぎて逆に新しさを感じるデザイン雑貨4選

2021.05.27

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

 私たちはこれまでに目にしたことがないもの、初めて目にしたものを“新しい”と呼ぶことがある。そう考えるとモノのデザイン自体の新旧は関係なく、むしろ古ければ古いほど、つまり現代からの遠さの絶対値が大きいほど、私たちは新しさを感じるのではないだろうか。

約50年前からやってきたデザイン『HERMOSA/MOTEL PHONE』

『HERMOSA/MOTEL PHONE』は実際に使用できる電話機だが、そのモチーフになっているのは1970年代アメリカのモーテルで設置されていた電話機である。ちなみにモーテルとは「Motor Hotel」の略称であり、自動車で移動する人たちが宿泊する、道路沿いに建てられることの多い駐車場付きの宿泊施設のことである。過去のアメリカを扱った映画やドラマなどで目にしたこともあるかもしれない。さて、そんなモーテルで見かけたプッシュ式電話機を現代に蘇らせたのがこちらの製品であるが、そのフォルムといい、木目のデザインといいノスタルジックな気分になる。1980年代生まれの私はダイヤル式、プッシュ式いずれの電話機も使ったことのある世代だからかもしれない。

 価格は税込み8,690円で楽天市場で販売されていたが、2021年5月22日時点では残念ながら完売状態となっているようだ。

約130年前からやってきたデザイン『給食缶ミニ』

 厨房製品の製作所としてプロからも信頼される本間製作所から生まれた『給食缶ミニ』は料理の冷蔵庫保存、温め、持ち運びまでをオールインワンで実現するキッチン用品である。名前にあるようにモチーフにしているのは給食の際に汁物などが入っていたあの缶である。学校給食の起源は1889年に山形県の私立小学校で配られたのが最初という説があり、仮にその時すでにこの給食缶が登場していたとすれば今から130年前には登場していたデザインということになる。この製品、シリコンゴムパッキンと頑丈な3つの留め具により汁物もこぼれにくい構造になっているなど、元々の給食缶にはなかった特徴も備えてより使いやすくなっている。さらにコンロだけでなくIHでも調理することができるので、自宅のキッチン設備を選ばないのが嬉しい。

 クラウドファンディングサイト「Makuake」でプロジェクトを実施しており、税込み7,741円から購入することが可能だ。2021年5月22日現在、残り期間38日を残して目標金額に達している状況だ。気になった人はすぐにチェックしてもらいたい。

約4000年前からやってきたデザイン『新・巻物レター』

 巻物の歴史が長いことは確かだが、それが正確にいつ誕生したものなのかについては残念ながら知ることができない。ただし、文字が書かれる素材として思いつく粘土板や木片では巻物にはなりえず、紙に近い素材、例えばパピルス(パピルス草の茎を細かく裂いて並べシート状にしたもの)なら巻いて使われたのではないかと考えるとその起源は紀元前3000年まで遡る。つまり今から約4000年から5000年前ということだ。さて、そんな巻物を現代の手紙として復活させたような製品がこちらの『新・巻物レター』である。今では手描きの手紙ですら珍しいのに、それらをグッと通り越して巻物形式まで遡ってしまったのだからインパクトはかなり大きい。紐をほどいて巻物を広げ手紙を読む、その特別な体験は一般的な手紙とは異なる気持ちを相手に起こさせるに違いない。ちなみに宛名を書いて140円切手を貼ってポストに投函すれば普通郵便で相手に送ることも可能とのこと。

 ラインナップは「紫の巻」「緑の巻」「金の巻」「銀の巻」の4種類。価格はいずれも税込み880円で「アシストオン」のオンラインストアから購入することができる。

約13000年前からやってきたデザイン『縄文 豆土偶 ピンズ タックピン』

 土偶とは狭い定義では縄文時代の日本で作られていた土人形のことを指す。縄文時代自体は長期に渡り期間も長いのだが、仮にそのスタート時期から土偶が存在していたのだとすると遡ること約13000年前からやってきたデザインということになる。その土偶の中でも「遮光器土偶」と呼ばれる最もメジャーと思われるタイプをピンズにしたのがこちらの製品である。素材は残念ながら(?)土ではないのだが、その代わりに純銅が使用されており、土偶らしさとアクセサリーとしての魅力の2つを同時に実現している。使用していく内に銅が変色していくのだが、むしろ変色した後の方がより土偶らしい見た目になりそうだ。

 価格は税込み3,300円でハンドメイド製品のマーケットプレイス「Creema」で販売されている。同作家によるピアスやネックレスもあるようなので気になった人はそちらも併せてチェックしてもらいたい。

text/Wataru KOUCHI

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。