小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

BMW、メルセデス、プジョー、シトロエン、選択肢が広がる海外メーカーのコンパクトEV

2021.05.23

@DIME記事の中からEVに関する記事4本を厳選して紹介。

【EV図鑑】徹底した軽量化で高いボディー剛性と優れた運動性能を両立したBMWのコンパクトEV「i3」

「大都市における持続可能なモビリティ」を提供するBMWのサブ・ブランド「BMW i」の電気自動車として、2014年4月に日本で販売を開始した『i3』。 量産車として初めてCFRP(カーボン・ファイバー強化樹脂)をボディの基本骨格に採用するなど、徹底した軽量化により、高いボディ剛性と優れた運動性能を実現。

【参考】https://dime.jp/genre/1131603/

【EV図鑑】日本上陸はいつ?航続距離350kmを実現したシトロエンのコンパクトハッチバック「e-C4」

フランスのシトロエンが手がける『e-C4』は、2020年6月30日に本国で販売が開始された新型『C4』のガソリン、ディーゼルに新たに加わった、コンパクトハッチバックの電気自動車。 ボディサイズは全長4360mm、全幅1800mm、全高1525mm、ホイールベースは2670mmと、そのボリューム感溢れるスタイルからは想像もできないコンパクトさで、立体式駐車場はもちろん日本の都市部でも扱いやすいサイズ。また、ワイルドでスタイリッシュなエクステリアデザインも魅力的。

【参考】https://dime.jp/genre/1133282/

【EV図鑑】最高出力は136PS、最大トルクは260Nm!機動力抜群で使いやすいプジョーのコンパクトカー「e‐208」

『207』の後継車である初代『208』。 その2代目が2020年7月2日に日本で発売されると同時に、PSAグループの電動化戦略に伴い、ガソリンエンジン車と同一のボディを使用した電気自動車の『e‐208』もラインナップされた。 コンパクトボディに収まるパワートレインには、最高出力136PS/5500rpm、最大トルク260Nm/300〜3674rpmという2.6リッターNAガソリンエンジン相当の最大トルクを、ゼロ発進から発生させるモーターを搭載するため、力強く軽快な走りを披露する。

【参考】https://dime.jp/genre/1131527/

【EV図鑑】狭い日本の道路でも取り回しがラクにできるメルセデス・ベンツのコンパクトSUV「EQA」

メルセデス・ベンツの『EQC』に続く電気自動車の第2弾として、2021年4月26日に日本で発表されたコンパクトSUVモデルの『EQA』。 そのボディサイズは、全長4465mm、全幅1835mm(AMGライン1850mm)、全高は1625mmと日本の道路環境下において取り回しのよいサイズとしながらも、SUVとしての使い勝手も両立。

【参考】https://dime.jp/genre/1133286/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。