人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ホラー、サスペンス、スリラー、見始めたら止まらないNetflixのおすすめ映画4選

2021.05.27

@DIME記事の中からNetflix関連記事4本を厳選して紹介。

人気小説が原作のNetflixのホラー映画「闇はささやく」のみどころ

幽霊よりも生きている人間の方が怖いホラー・スリラー映画。 Netflixで2021年4月29日から独占配信中の映画『闇はささやく』は、エリザベス・ブランデージの人気小説 『All Things Cease to Appear』を原作とする。 主演は、『マンマ・ミーア!』シリーズ『レ・ミゼラブル』『Mank/マンク』のアマンダ・セイフライド、『グランチェスター 牧師探偵シドニー・チェンバース』『戦争と平和』『マクマフィア』ジェームズ・ノートン。

【参考】https://dime.jp/genre/1138311/

前妻の影に翻弄されながら死の真相に迫るNetflixのサスペンス映画「レベッカ」

「ゆうべ、またマンダレーに行った夢を見た」 この有名な一文から始まるミステリー小説『レベッカ』は、イギリス人作家ダフネ・デュ・モーリアが1938年に発表した不朽の名作。 Netflixで映画化され、2020年より独占配信中だ。1940年にはヒッチコックも映画化している。 主演は『シンデレラ』『時の面影』などのリリー・ジェームズ。

【参考】https://dime.jp/genre/1138302/

過去の栄光にすがる熟年男性の嫉妬が狂気に変わる様を描いたNetflixのサスペンススリラー映画「その住人たちは」

スペインで製作され2020年から独占配信のNetflix映画『その住人たちは』。 社会的地位と自宅を失った熟年男性が恐ろしい計画を実行に移す、サスペンススリラー。 主演は『薄氷』『嵐の中で』などのハビエル・グティエレス。監督・脚本はダビ&アレックス・パストール兄弟が手掛けている。

【参考】https://dime.jp/genre/1138292/

連続殺人事件の真相を追いかける記者の孤独な戦いを記録したNetflixのドキュメンタリー映画「サムの息子たち: 狂気、その先の闇へ」

1970年代後半にニューヨークで発生した連続殺人事件、通称“サムの息子事件”はデビッド・バーコウィッツひとりの逮捕により解決したかに見えたが、その背後に浮かびあがったのは悪魔崇拝カルト組織の影だった。 5月5日より独占配信中のNetflixオリジナルシリーズ『サムの息子たち: 狂気、その先の闇へ』は、サムの息子事件の真相を追いかけた記者故モーリー・テリー氏の孤独な戦いを記録したドキュメンタリー。 監督は『マーダー・マウンテン: ハンボルト郡へようこそ』のジョシュア・ゼーマン。ナレーターは俳優のポール・ジアマッティ。

【参考】https://dime.jp/genre/1138285/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。