小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

満足度は?経験者1000人に聞いた「ワーケーション」の効果

2021.05.24

旅と仕事を両立させるアクティビティとして数年前から注目されていたワーケーションだが、コロナ禍を契機に今まで以上に関心が集まっている。

クロス・マーケティングと山梨大学生命環境学部地域社会システム学科の田中敦教授・西久保浩二教授の研究グループは、共同で全国47都道府県に在住する男女20~64歳の就業者(指定職業・職種を除く、76,834人)に対し「ワーケーション」「テレワーク」それぞれの実施状況を聴取。そのうち、「直近1年間にワーケーションを実施した」1,000人を対象に「ワーケーションに関する調査(2021年3月)」を実施した。

ワーケーションの実施状況

はじめに、「直近1年間におけるテレワークの経験有無」を全体(76,834人)に対して聴取した。その結果39.6%が「経験あり」と回答。

このうち、実施場所がリゾートやホテルなどいわゆる「ワーケーション」を経験している人は6.6%であった。これは、2020年8月調査時点と同程度の水準だ。また、先に述べた通りテレワーク経験率は39.6%であり、2020年8月調査時と比較すると4pt程度微増していることがわかった。

昨年とは聴取方法が異なるため純粋な比較とはならないものの、コロナ禍でのリモート環境の整備に伴い、テレワークは徐々に浸透してきていることが窺える。しかしながらワーケーションについては、外出自粛や移動制限などの影響が続いていることもあってか、昨年から状況の変化はみられず、まだこれからといった結果となった。<図1>

実施したワーケーションの内容と実施効果

上述の「直近1年以内にワーケーションを経験した」人の中から1,000人を対象に、どのようなワーケーションを行ったのか、またどのような実感を得たのかについて聴取した。

まず、直近で行ったワーケーション先として最も多かったのは「自宅や会社から離れた観光地(ホテル・旅館・キャンプ場等)」で、中でも「ビジネスホテル・リゾートホテル・シティホテル」といったホテルを実施場所に選んでいた。<図2-1>

ワーケーション先での働き方は、”仕事中心に過ごし、業務時間外であっても遊びや観光をしない派”と”仕事中心だが、業務時間外では遊びや観光をする派”が同程度となり、一日当たりの平均労働時間は5.4hと通常の勤務時間より少し短い結果となった。

また、ワーケーション実施者の約半数が「一人旅」と回答しており、同行者がいる場合は4人に1人が「配偶者や恋人とのふたり旅」という結果に。ワーケーション先での仕事内容は、9割以上が「普段の仕事の一部」もしくは「普段の仕事と全く同じ仕事」であった。

具体的には「ウェブ会議・問い合わせ対応・メールチェック・事務作業」といった通常業務があげられたほか、「資料/企画書作成・新規ビジネスの策定・データ入力/分析・プログラミング」といった専門的な業務や推考を要する仕事を行っていたことがわかった。

直近でワーケーションを経験した人からは、ネガティブな意見よりもポジティブな意見の方が多く見受けられ、「リフレッシュできて仕事の効率が上がった」「整理整頓されたホテルでの作業でとても集中できた」「使った費用以上にリフレッシュでき気分転換と仕事の両立がうまくいった」といった声が多くみられた。

一方で、ネガティブな意見としては「ON/OFFの切り替えの難しさ」や「コミュニケーションが円滑にいかない」「ネットワーク環境が意外とネック」といった内容が散見された。<図2-2>

今後のワーケーション実施・導入意向

今後ワーケーションを(再び)行いたいかについて聞いたところ、半数以上がまた「行いたい」と回答。さらにワーケーションを経験した管理職以上の人では7割が実施意向を示しており、6割が会社への導入意向も示した。意外にも管理職における意向が高い結果となった。

なお、ワーケーション経験者のうち、制度として会社にワーケーションが導入されていた人は6割だった。また、会社の制度は利用せずに有給や連休と合わせて実施した人や、会社に制度がないため、本人の判断で自宅以外のリゾート地等で業務を行いながらこっそり休暇的な環境を楽しむ「隠れワーケーター」のような人たちも4割程度いることがわかった。<図3>

コロナ禍でテレワークが徐々に進む中、ワーケーション導入の整備はまだこれからといえるものの、”新たな働き方”として働き手にも、需要低迷が続く観光業界にも明るい兆しがみえる結果となった。

<調査概要>
調査手法:インターネットリサーチ
調査地域:全国47都道府県
調査対象:【20~64歳男女の就業者】※かつ
【ワーケーション経験者】1,000人
【テレワーク経験者】300人
【テレワーク非経験者】 300人
調査期間:2021年3月23日(火)~29日(月)
有効回答数:本調査1,600サンプル
調査機関:株式会社クロス・マーケティングおよび国立大学法人山梨大学
※就業者は「パート・アルバイト/専業主婦・主夫/学生/無職・リタイア」を除く
※就業者は「新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・広告等マスコミ関係/シンクタンク・コンサルタント/市場調査/
10人以下の企業規模」を除く
※本レポートではワーケーション経験者1,000人のデータのみを中心に掲載している
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合がある

出典元:株式会社クロス・マーケティング
http://www.cross-m.co.jp/

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。