小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

長時間座りっぱなしで腰がつらい人におすすめ!在宅ワークをサポートする体圧分散クッション「コア楽ッション」

2021.05.25

リモートワーク(テレワーク)の長期化で、座りっぱなしの弊害に悩む人が増えている。

例えば、ダイニングの固い椅子でパソコン作業して、休憩時間もそのままテレビを見る。慣れないオンライン会議が長引き、気づいたら何時間も経っている… というふうに、仕事も生活も座りがちだと、腰痛などの不調が起こりやすい。

時々立って軽い運動でもすればいいのだが、なかなかそれが難しい人におすすめしたいのが、「コア楽ッション」(コアラクッションと読む)だ。

オフィスチェアに乗せたコア楽ッション

評判の整骨院が監修して開発

自分も長時間のデスクワーカーなので、椅子用クッションの類にはこだわっており、いくつも試してきた。そうしたものに比べ、「コア楽ッション」の外観は、いたってシンプル。しいて特徴を挙げれば、ボリューム感ある大きさと、ずれ防止のために背もたれに回して固定するストラップがあるくらいか(クッション裏面にもずれ防止用の加工がされている)。

背もたれにストラップを回してずれ防止

…と、少々地味な印象なので、「アタラシイものや体験の応援購入サービス」のMakuakeで大成功を収めていなければ、素通りしたかもしれない。とはいえ、その効果は折り紙つき。競泳日本代表選手団を施療するなど評価の高いヨリミツ治療塾の代表・依光修一郎氏が、企画開発の監修にあたっている。

開発のコンセプトは、「長時間座っていてもお尻、背中、腰への負担を抑えられる」というもの。そのために追求したのが、「高反発のしっかり感」と「低反発の柔らかさ」の両立。つまり、座った時にちょうど良い反発が生まれるようにし、宙に浮くような感覚を得られるようにしたという。そのためにクッションの中材は、メッシュ構造のポリエステル素材をミルフィーユ状に重ね合わせた特殊なものとなっている。同時にこの構造のおかげで、ムレにくいというメリットも。

実際に使用してみると…

説明はいったんこれくらいにして、現物を取り寄せ使用感を確かめてみた。外面の鮮やかなブルーを好まない人向けに、(Makuake限定の)デニム生地のカバーもついているので、これにして座ってみる。

落ち着いた色合いのデニムカバーもあり(オプションで購入)

座って体重をあずけたら、多少は沈みこむと予想していたが、ほとんどそうならないのに少し驚く。なので、その厚みの分だけオフィスチェアの高さを下げた。終日のデスクワークの間これに座っていると、確かにラク。はずして座り直すと、「今までこんな硬い座面に座っていたのか」と、別の意味でまた驚いた。いったんコア楽ッションの快適さを体感すると、もう手放せない気がする。

身体の重みを分散して痛みを防止

開発者によれば、普通のクッションを敷いて座っていてお尻が痛くなるのは、坐骨部分に身体の圧力(体圧)が集中してしまうからだという。一方、コア楽ッションの場合、体圧が臀部から太もも裏に均一にかかり、長時間座っても痛くならず、疲れにくい。この体圧分散機能が、大きなポイントとなる。

体圧の均一分散で痛くなりにくい(画像はMakuakeより)

開発者が、「快適なクッションを普段の生活に取り入れているかどうかが、仕事・作業の生産性に大きな差を生み出します」と語るとおり、リモートワークで無駄に疲れている方にはすすめたい一品だと思う。

冒頭で述べたとおり、コア楽ッションは、Makuakeで予約販売を実施中(~5月30日)。商品バリエーションは、ほかに同素材の背もたれ付きもあり、どちらも早割価格(クッション単体コースで10%オフの5382円)となっている。

編集部注:記事掲載時には、記載のリターンが売り切れてしまっている場合があります。クラウドファンディングには立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクも稀にあります。出資に当たっては、お客様ご自身でご判断いただきますようお願い致します。

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。