小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スポーティーなエクステリアを演出するAMGスタイリングを纏ったメルセデス・ベンツの限定モデル「GLC 220 d 4MATIC Sports Line Edition」

2021.05.23

メルセデス・ベンツは、プレミアムミドルサイズ SUV「GLC」および「GLC クーペ」の特別仕様車「GLC 220 d 4MATIC Sports Line Edition」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて2021年5月12日より予約注文の受付を開始。なお、配車時期は本年5月下旬頃より順次予定してる。

GLCは、メルセデス・ベンツのベストセラーモデル「Cクラス」と同等の安全・快適装備を備えるとともに、SUVならではの高いアイポイント、同セグメントでは低い重心による乗用車のような乗り心地と、取り回しの良さを合わせ持つプレミアムミドルサイズSUV。

GLCクーペは、GLCと同等の走行性能、利便性を実現しながら、クーペとしてのスタイリッシュなフォルムとSUVらしい存在感を両立させたSUVクーペ。2019年にGLC、およびGLCクーペは、プレミアムSUVとしての特性はそのままに、内外装デザインを一新し、対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツユーザー エクスペリエンス)」と最新の安全運転支援システムを採用した。

「GLC 220 d 4MATIC Sports Line Edition」の詳細

「GLC 220 d 4MATIC Sports Line Edition」は、GLC 220 d 4MATICをベースに、スポーティなエクステリアを演出するAMGスタイリングパッケージ(フロント、リア)や、19インチAMG5ツインスポークアルミホイールを採用。

インテリアにはスタイリッシュなデザインと視認性に優れたディスプレイが特長の12.3インチコックピットディスプレイを装着するとともに、ARTICO素材を用いたブラックのシートを装備している。インテリアトリムにもブラックアッシュウッドを採用し、ブラックで統一された落ち着いた室内空間に仕上げている。

さらに空気清浄機能とくつろぎをもたらす香りを放つパフュームアトマイザー、活性炭を用いた強化フィルターエレメントや高密度花粉フィルターによりクリーンな室内空間を実現するエアバランスパッケージも標準装備。パフュームアトマイザーはON/OFFや香りの濃さも調整可能。パフュームは、短時間で消える芳香を使用し、内装や衣服に移ることはない。

なお、「GLC 220 d 4MATIC Sports Line Edition」と「GLC 220 d 4MATIC Coupe SportsLine Edition」にも、新車購入から3年間、一般保証修理/定期メンテナンス(点検整備の作業工賃・交換部品)/24時間ツーリングサポート/地図データ更新が無償で提供される走行距離無制限の保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用される。

また、メルセデス・ケア期間中には、ご希望のモデルを3回無料でご利用いただける週末貸出サービス「シェアカー・プラス」も利用可能。さらに、メルセデス・ケア終了後も引き続き2年間、一般保証修理、定期メンテナンスや24時間ツーリングサポートを利用できる有償のサービスプログラム「メンテナンス&保証プラス*1」を用意。
*1: メンテナンスサービスは総走行距離75,000kmまでで終了となる

関連情報:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/glc/glc-suv/explore.html

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。