人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

知的な雰囲気を演出!タグ・ホイヤーの人気モデル「カレラ」に神秘的なブルーグリーンの限定モデルが登場

2021.05.22

タグ・ホイヤー カレラ グリーン スペシャルエディション

ブルーグリーンの深いティールカラーが、神秘的かつ洗練された腕元を演出。アイコニックな「タグ・ホイヤー カレラ」コレクションから、スペシャルエディションが登場した。

スイスの高級時計ブランド、タグ・ホイヤーは、これまでになかった深みのあるブルーグリーンが印象的なティールカラーに強い輝きを添えた特別モデル「タグ・ホイヤー カレラ グリーン スペシャル エディション」を発表した。


 CBK221F.FC6479    71万5,000円(税抜)

 初代モデル「ホイヤー カレラ」から受け継がれた伝統とモダンなエレガンスを巧みに融合させ、比類なきリヴィエラスタイルでまとめた500本の世界限定モデル。

「タグ・ホイヤー カレラ」は、時代を超越したスポーティでエレガントなクロノグラフを、モーターレースにおけるブランドの輝かしい伝統にオマージュを捧げたコレクションだ。 これらのタイムピースは、明確なビジョンを持ったジャック・ホイヤーのもとで60年以上前に発表されて以来、そのクリーンなラインと完璧なプロポーションで、ひと目でそれと認識できるアイコンへと成長した。 そして、卓越した技術で再構築されたこの新モデルは、1963年に制作された初代モデルにふさわしい後継モデルだ。

「タグ・ホイヤー カレラ グリーン スペシャルエディション」は、「ホイヤー カレラ」(ref.2447)と多くの共通点を有する。 シグネチャーラグ、スタイリッシュなケース、ポリッシュ仕上げのプッシュボタンとダイヤルはすべて、その輝かしい先代モデルと心地良い調和を築く。一方で、ディテールと大ぶりのケース径(36 mmから39 mmに拡大)は、最新モデルにふさわしい現代的なタッチを加えている。

ダイヤルは、落着きのある洗練されたトリコンパックス構造に、3つのサブダイヤルを装備(3時位置にクロノグラフ分カウンター、6時位置にセコンドインジケーター、9時位置にクロノグラフ時カウンター)。

 時・分針には、ファセット加工およびスーパールミノバ®でコーティングを施し、最適な視認性を実現。 レトロスタイルのドーム型サファイアクリスタルもまた、初代「ホイヤー カレラ」から着想を得ており、ダイヤルには象徴的なホイヤーのロゴとカレラの名が配されている。

この時計の新たな特徴は、美しいサンレイ仕上げを施したダイヤルのティールカラーだということだ。 ブルーとグリーンが織りなす繊細な色合いは、タグ・ホイヤーのコレクションで採用されることが稀なため、新たな創造的感性と洗練された大胆さをタイムピースにもたらしている。 ケースバックでは、ムーブメントのコラムホイールや、自動巻きローターにあしらわれた「Calibre Heuer 02」と「Swiss Made」の文字にもティールカラーが採用しており、シースルーのケースバックからその姿を鑑賞することが可能だ。

「タグ・ホイヤー カレラ グリーン スペシャルエディション」には自社製ムーブメント「キャリバー ホイヤー02」を搭載。スイスのシュヴネにある自社工場でのみ製造される最先端の自動巻きクロノグラフムーブメント。 このムーブメントは、コラムホイールや垂直クラッチを含む168のコンポーネントで構成され、卓越したクロノメーター性能を保証します。 パワーリザーブは約80時間を誇る。

ブラックのアリゲーターレザーストラップ、ダブルセーフティプッシュボタン付きのフォールディングクラスプを採用。ケースバックに「SPECIAL EDITION」の刻印を配し、世界限定500本で展開される。

輝かしい伝統、完璧なプロポーション、特別なダイヤル、高精度ムーブメントを誇る「タグ・ホイヤー カレラ グリーン スペシャルエディション」。39 mm径のユニセックスモデルで、あらゆる時計愛好家の注目を集めるだろう。

タグ・ホイヤー カレラ グリーン スペシャルエディション

http://tag.hr/CarreraGR

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。