人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

年収が高い世帯ほどYouTubeを長時間視聴していない傾向

2021.05.21

今、外出自粛により自宅で動画コンテンツ配信サービスを楽しむ人が増えている。今回SheepDogが『YouTubeの利用状況に関するアンケート』を実施した結果、未婚者は既婚者と比べて一人の時間が多く、空いた時間でYouTubeを見ている傾向にあることが判明した。調査の結果を見てみよう。

20代の約19%がYouTubeを1日3時間以上視聴

【質問:1日あたりの平均のYouTubeの閲覧時間は?】

1日の中でのYouTubeの平均視聴時間で、最も多かった回答が30分未満の51.25%という結果に。次いで多かったのは30分~1時間未満で20.75%、最も少なかったのは2時間~3時間未満で7.25%という結果になった。

【質問:YouTubeの有料アカウント「YouTube Premium」を利用していますか?】

「YouTube Premium」を利用しているかどうかの質問で、最も多かった回答は「利用していない」で89.75%、「自ら料金を支払って利用している」という方は7%、「他者と共有して利用している」という方は3.25%という結果になった。

そもそものYouTubeの利用時間が少ない方も多く、無料でも十分に楽しむことができるため、有料プランをわざわざ契約するという方はやはり少ないようだ。

[以下、属性別アンケート集計結果]

[20代の約19%がYouTubeを1日3時間以上視聴している]

1日あたりのYouTubeの平均視聴時間の中で、3時間以上視聴していると回答したのは20代が19%と最も多く、2位の30代の7%の2倍以上という結果に。特に、性別でわけると20代男性が22%と最も多いという結果になっている。

[年収が高い世帯ほど、長時間視聴する割合が少ない]

1日のYouTubeを視聴している時間が平均3時間以上と答えた方の中で、世帯年収が700万円未満の方の平均は10.74%という結果だった。一方で、年収700万円以上の方の平均は1%と、年収が高くなるほど長時間YouTubeを見る方が減っていることがわかる。

[未婚者は1日に3時間以上YouTubeを視聴している割合が既婚者に比べて約6倍多い]

1日に平均で3時間以上YouTubeを見ていると回答した方の中で、未婚者は12.62%と既婚者の2.15%を6倍近く上回る結果に。また、子供の有無でみても、1日3時間以上YouTubeを視聴していて、子供がいないと回答した方は10.55%、いると回答した方は1.60%とこちらも大きな差が現れている。

未婚者は既婚者と比べて一人の時間が多く、空いた時間でYouTubeを見ているという方が多いことが予想される。また、子供がいる世帯は家事の量が増えたり育児に時間を使うこともあり、YouTubeを長時間視聴できないことからこのような結果になったと考察できる。

調査概要

アンケート実施日:2021年4月27日

対象者:全国の男女

サンプル数:400人

年齢:20歳~59歳

居住地:全国

調査方法:ネットリサーチ

調査メディア: STRATE[ストラテ]

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。