人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

銀行口座を複数所有している人は8割以上、どうやって口座を使い分けている?

2021.05.19

複数口座所有者で用途に応じて口座を使い分けている人は85%

マイボイスコムが10,054件の回答を集めた『銀行の使い分け』に関するインターネット調査によると、銀行口座を5個以上所有している人は3割強、「3個」がボリュームゾーンとなっている。

銀行口座の使い分け状況

複数口座所有者のうち、用途に応じて銀行口座を使い分けている人は85.0%。所有口座数が2個の人は、「使い分けていない」が2割強と他の層より高くなっている。

銀行口座の使い分け状況

銀行口座を複数所有している理由

複数口座所有者に、銀行口座を2個以上所有している理由を聞いたところ(複数回答)、「お金をおろすときなどに、ATMや店舗が近くにある銀行を使える」「口座指定など、口座開設の必要があった」が各3割強、「金利・手数料など、利便性に応じて使い分ける」「引き落とし用、オートチャージ用など目的別に使い分ける」「入金・出金を整理し、効率よく資産管理をする」が各20%台となっている。

利用している銀行

銀行口座を使い分けている人がメインバンクとして利用している銀行は、「地方銀行」が27.1%、「ゆうちょ銀行」「三菱UFJ銀行」が各10%台だった。サブバンクとして利用している銀行は、「ゆうちょ銀行」が24.3%、「地方銀行」「楽天銀行」が各10%台となっている。

メインバンクの利用目的

銀行口座を使い分けている人のメインバンクの利用目的は(複数回答)、「給与・年金などの振込」が63.8%、「クレジットカード引き落とし」「引き落とし」が各5割弱、「生活費」が35.8%、「貯蓄」が27.7%。

利用しているメインバンク別に1位の項目をみると、『ジャパンネット銀行(PayPay銀行)』では「ネットでの決済」、『新生銀行』『イオン銀行』『楽天銀行』では「クレジットカード引き落とし」、『信託銀行』『住信SBIネット銀行』『ソニー銀行』では「貯蓄」となっている。

サブバンクの利用目的

銀行口座を使い分けている人のサブバンクの利用目的は(複数回答)、「貯蓄」が26.9%、「クレジットカード引き落とし」「引き落とし」が各2割弱。メインバンクの利用目的と比べて、「貯蓄」は上位、「生活費」「給与・年金などの振込」は下位となっている。

利用しているサブバンク別にみると、『ソニー銀行』『信託銀行』『住信SBIネット銀行』では、「貯蓄」「投資」が上位2位。『新生銀行』では「振込み」、『ジャパンネット銀行(PayPay銀行)』『楽天銀行』では「ネットでの決済」、『イオン銀行』では「クレジットカード引き落とし」が他の層より高くなってる。

サブバンクの利用目的

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。