人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

年収500万円台の人に多い職種ランキングTOP3、3位医療系専門職、2位事務・管理部門、1位は?

2021.05.18

同窓会で年収の話になり、同級生の年収に「そんなにもらっているの?」とか「少ないんじゃない?」と驚いた経験がある人は多いのでは。

今回ビズヒッツは年収500万円台の男女270人に「年収500円台の職業」についてアンケート調査を実施。その結果をランキング形式でまとめた。

年収500万円台の職業ランキング

年収500万円台の270人に「あなたの職業は?」と聞いたところ、回答は以下のようになった。回答が多かった順に7位までを、ランキング形式で紹介しよう。

1位は「営業職」、2位は「事務・管理部門」。3位以下には「医療系専門職」や「ITエンジニア」など、いわゆる「手に職がある」職種が多くランクインした。

8位以下にも、メーカーの技術職などの「技術・開発職」、介護士などの「福祉系専門職」、設計や測量などの「建築・土木技術職」、そして「士業・コンサルタント」が入った。

年収500万円台に満足している人は58.5%

続いて「今の年収に満足しているか」を聞いたところ、回答は以下の通りだ。

満足している人は58.5%で、半数は超えたものの、6割に達しなかった。「平均年収以上に稼いでいても、年収に不満がある人は多い」という意外な結果だろう。

そこで、年代による満足度の違いを知るために、20~30代と40代以上で比較した。

40代以上のほうが、満足度が低い。「勤続年数や任される仕事のわりに、収入が伸びない」「子どもの進学を控え、もっと収入が欲しい」といった不満があるのだろうと考えられる。

年収500万円台の人の転職回数平均は2.5回

最後に年収500万円台の人に転職回数を聞くと、結果は以下のようになった。

転職経験なしの人が107人なのに対し、転職経験がある人は163人で、「転職経験あり」が「転職経験なし」を上回った。

また転職経験者163人の平均転職回数は2.5回。転職経験がある人からは「(今の仕事は)インセンティブが入り、今まででいちばん稼げている」などの回答が。

よりよい条件・満足できる待遇を求めて転職している人が多いと推察できる。

まとめ

年収500万円台の男女270人を対象にアンケートを行ったところ、「年収500万円台の職業」第1位は「営業職」。また「年収への満足度」を聞いたところ、現在の年収に満足している人は58.5%で、年収に不満がある人も4割を超えるという結果に。

不満足の理由で目立ったのは「仕事と収入が見合っていない」「子育てでお金がかかるから、収入がもっと欲しい」という意見でだった。

また270人中転職経験がある人は163人で、転職経験がない人の数を大きく上回っている。

転職した人からは「転職して年収があがった」という声も寄せられており、転職によってよりよい待遇を手に入れた人もいるとわかった。

「転職したら、一時的に収入が下がるかも」と心配している人もいるかもしれないが、実際には年収アップを実現している人も多数。気になるひとは「年収アップの転職」が得意な転職エージェントに相談してみてはいかがだろうか。

調査対象:年収500万円台の男女

調査日:2021年3月23日~4月6日

調査方法:インターネットによる任意回答

調査人数:270人(男性181人/女性89人)

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。