人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

5組に1組の夫婦が「交換家事」でケンカした経験あり、最多要因はなんと……!

2021.05.18

日本製紙クレシア「交換家事」に関する意識調査

“名もなき家事”は、夫婦喧嘩の火種になりがち。中でも「地味に面倒くさい家事」とされる交換家事(※1)は、どちらか一方が相手に押し付けてしまうこともしばしば。その結果、不満がたまって大喧嘩に……なんてことになりかねない。

そんな「交換家事」に関する意識調査がこのほど、日本製紙グループの日本製紙クレシア株式会社により、20~40代の夫婦500人を対象にして実施された。

※1トイレットロール、シャンプー、洗剤、電球、水や米などの、消耗品を交換/補充することを「交換家事」と呼んでいる。

8割以上が家事にストレスを実感。「地味に面倒くさい家事」1位は「交換家事」!

はじめに、「家事をすることにストレスを感じるか」を聞くと、全体の83.6%が「ストレスを感じる」と回答し、多くの人が家事へのストレスを抱えていることがわかった(図1)。

また、代表的な家事の中で「地味に面倒くさい」と感じる家事について聞いたところ、最も多い回答が「トイレットロールなどの消耗品やシャンプーなどの交換/補充」(30.4%)と交換家事が1位となる結果だった。以降、「お風呂やトイレ、洗面台などの掃除」(26.8%)、「食後の皿洗い」(22.2%)が続いた(図2)。

「交換家事」の担当を決めていない夫婦は、3組に1組以上いることが明らかに

家庭の中での「消耗品の交換/補充の担当」について聞いたところ、決まっていない家庭が43.4%、女性(妻)の担当が40.6%、男性(夫)の担当が16.0%だった。

約3組に1組以上の家庭で交換家事の担当が決まっていないことがわかった。また分担している家庭の多くは女性(妻)が担当していることがわかった(図3)。

分担が決まっていない背景には、男性(夫)の32.8%が、「交換家事」を「家事」と感じていないことも影響!?

「消耗品の交換/補充を家事であると感じているか」を男性(夫)に聞いたところ、約3人に1人(32.8%)もの人が「感じていない」と回答した(図4)。

昨今、名前もついていない「小さな家事」による負担が話題だが、男性(夫)の「交換家事も家事」という認識が進んでいないことがわかった。

夫婦の5組に1組が「交換家事」が原因で喧嘩をしたことがあると回答

「交換家事」が原因の夫婦喧嘩を5人に1人(21.4%)が経験したことがあると回答した(図5)。気づいた人が交換するという分担の曖昧さが原因になっていることも考えられる。

また、「それぐらいやって欲しい」家事として「トイレットロールなどの消耗品やシャンプーなどの交換/補充」を選んだ女性(妻)は36.8%、男性(夫)は10.4%となり、男性の約3倍以上の女性が「それぐらいやってほしい」と感じていることがわかった(図6)。

「交換家事」が原因の喧嘩で、最も多かったのは「トイレットロールの交換」!

「交換家事」を原因とする喧嘩のエピソードでは、「トイレットロールを切らせていて、補充してくれたまでは良いのだが、トイレットロールの芯をそのまま捨てずに放置していたので腹がたった。」など、特に、トイレットロールの交換/補充に関するものが最も多く見られた。消耗するケースが頻繁に起きやすいため喧嘩のタネになっているかもしれない。

また、「なぜか自分がいつも交換/補充することになる消耗品」として「トイレットロール」を選んだ人を男女別でみると、男性(夫)は8.8%、女性(妻)が32.8%で、その差が約4倍もあることがわかった(図7)。

トイレットロールの交換の負担が女性(妻)に偏っていることも喧嘩の原因のひとつかもしれない。

■エピソード

1位 トイレットロール40件

・トイレットロールを切らせていて、補充してくれたまでは良いのですが、トイレットロールの芯をそのまま捨てずに放置していたので腹がたった。(島根県、40代女性)
・わざと少しだけ残して、次の人が使った時にかえさせようとする企みが見える。(大阪府、30代男性)
・トイレットロールはトイレ内の棚に補充してます。だから、使っているロールがなくなった時はホルダーに付けるくらいはして欲しいと思います。それもせずに、空になった芯がそのままだとムカつきます。(神奈川県、40代女性)
・別に、物入れからトイレットロールを出してきて補充するまでは求めていないのに、なぜロールホルダーに入れることすらしてくれないのだろうと思う。(千葉県、30代女性)
・やってくれないけど、やらせようと思ったら説明するのもめんどくさいので我慢しています。(神奈川県、40代女性)
・たまたま主人が交換するタイミングが続いたりすると、それについて文句を言ったりするので、じゃあ私がずっと交換し続けることに関しては何も疑問はないのかと思ったことがある。(東京都、40代女性)
・少なくなっていても交換しなかったら怒られた(鳥取県、40代男性)
・使いきったのに何故補充しないのか?と口論に(埼玉県、30代男性)

2位 電球・電池12件

・電球が切れて暗いのに放っておいたらいつ変えるのって言われて、喧嘩になった(神奈川県、40代男性)

3位 洗剤11件

・たまたま旦那が洗濯をしたときに洗剤の残りが少なくなったのに補充せずそのままだった。次の洗濯の分が足りなくなってもめた。(新潟県、30代女性)

トイレットロール交換は夫婦円満の秘訣!?

喧嘩のタネになりがちなトイレットロール交換だが、「交換しておいてくれるとなんだかんだ嬉しい消耗品」を女性(妻)に聞くと、「トイレットロール交換」と最も多かった(32.0%)(図8)。

消耗品がなくなることに気づいたときに相手に任せるのではなく自身で積極的に交換することが、夫婦円満の秘訣になるかもしれない。また、交換頻度が低い長持ちするトイレットロール選びも夫婦円満のカギとなる可能性も……。

約8割もの人が交換家事のストレスを軽減する商品に興味あり!

実際に、約8割(77.8%)もの人が、交換/補充の手間が少なくなるなど、交換家事へのストレスを軽減してくれる商品に興味があると回答した(図9)。夫婦円満は商品選びから始まっているかもしれない。

<調査概要>
調査タイトル:交換家事に対する意識調査
調査対象:全国、20~40代、配偶者と同居し、普段家事を行っている男女各250名計500名
調査方法:WEB調査
調査期間:2021年3月24日(水)~2021年3月25日(木)
調査主体:日本製紙クレシア株式会社

出典元:日本製紙クレシア株式会社
https://www.crecia.co.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。