人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

国内出張を再開した企業は6割、海外出張はいまだ1割、全体の6割が年内に海外出張再開を計画

2021.05.17

今、新型コロナウイルスの感染拡大により、諸外国の入国規制などで海外に行けない状況が続いている。そんな中テレコムスクエアが実施したアンケート結果より、対面での業務、そして海外出張の必要性を感じている方が多くいることが判明した。

海外出張は入国規制や会社からの出張禁止命令により再開している企業は10%

日本人の出国者数は2019年に初めて2,000万人を突破した。しかしながら新型コロナウイルス感染症の世界的拡大により海外への渡航は制限され、2020年4月以降毎月の出国者数は2019年比で1割にも満たない状況が続いている(図1)。

2020年7月より国際的な人の往来再開に向けた段階的措置としてレジデンストラック、ビジネストラックといった入国時14日間の隔離措置を緩和する取り組みも開始されたが、2021年1月14日よりこれらの運用が一時停止されるなど水際対策の強化により、直近2021年3月の出国者数は約29,000人(2019年比98.5%減)となっている(図1)。

調査では、当社のサービスを利用したことのある男女3,532人を対象に、現在の国内外ビジネス渡航の実施状況や今後の見通しについて聞いた。

(図1)2019年以降の月別 日本人の出国者数の推移(資料:法務省出入国在留管理庁「出入国管理統計」)

法務省出入国在留管理庁「出入国管理統計」よりテレコムスクエア作成

※2020年、2021年は月報の発表数値の累計(2021年3月は速報値)

今回の調査対象者の海外出張の目的は(図2)の通り。「商談・営業」が最も多く27%、オンラインでも可能と思われる「商談・営業」と「社内会議」を合わせると全体の約40%に。

まず海外出張を実施する目的について、今回の調査対象者においては、オンラインでも実施することができる「商談・営業」「社内会議」が全体の約40%を占め、非対面でもできる業務が上位となった(図2)。

(図2)海外出張の目的

コロナ後の通常の状態に戻った中において、オンラインよりも対面での会議や商談がより効果的と回答した方は全体の64%

新型コロナウイルスの感染が終息し通常の状態に戻った中において、対面での会議・商談とウェブミーティングではどちらが効果的かという設問においては、64%が対面と回答している(図3)。さらに出張の目的別で回答を見ると、対面のほうが効果的と最も多く回答したのは「商談・営業」が目的と答えた方であり、実にその70%を占めた。

オンラインでの営業や商談がコロナ前よりも簡単になっているとはいえ、成果を出すためにはリアルな対面での実施を求めていることがわかる。「社内会議」が目的の場合も、62%が対面のほうが効果的と答えている。

(図3)コロナ禍においてウェブミーティングの導入が急速に進みましたが、感染が終息し通常の状態に戻った中において、対面での会議・商談とウェブミーティングではどちらが効果的だと考えるか

国内の出張は58%が既に再開しているのに対し、海外出張の再開はまだ10%。ただ約60%が今年中の海外出張の再開を計画しており、ビジネストラックの再開がそのトリガーとなる可能性。

次に、2021年3月時点での出張状況について、国内出張は全体の58%が再開しているのに対し、海外出張はまだ全体の約10%に留まっている。しかしながら全体の約60%が2021年中に海外出張の再開する考えを示している(図4)。

また、業務渡航を阻む最も大きな障壁を聞いたところ、「会社からの出張禁止命令」が30%を占めるものの、「渡航先の入国規制」「帰国後の14日間隔離」という環境要件である2つを合わせると約60%(図5)となり、まずはビジネストラックの運用再開による渡航条件の緩和が、海外ビジネス渡航の再開の大きなトリガーになる可能性を見ることができる。

(図4)勤務先の国内出張、海外出張の再開タイミングについて

(図5)業務渡航を阻むもっとも大きな障壁は何であると考えるか

出張に行きたいと答えた人は全体の72%と、国内外問わず出張の需要は未だ健在

最後に、出張に行けない現状の心境を聞いたところ、『すぐにでも』と答えた方は18%、それに『できるだけ早く』『皆が行くようになったら』を加えた『出張に行きたい』と答えた方は全体の72%を占めていた(図6)。

さらに「商談・営業」目的の方は、特に多く81%の方が『出張に行きたい』と答えており、コロナ禍においても海外ビジネス渡航の再開を望む心境が読み取れる。

(図6)以前のように出張に行けない現状の心境

調査概要

調査方法 :インターネットアンケート調査

実施期間 :2021年3月17日(水)~3月24日(水)

調査対象者:同社のサービスを利用したことのある男女3,532人

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。