人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コンパクトなボディーに最新のチップと高性能カメラを搭載した5Gスマホ「Galaxy S21 5G」の実力

2021.05.15

Galaxy Sシリーズといえば、毎年初旬に発売される世界的に人気のハイエンドスマートフォン。長きに渡り日本でも展開されているシリーズなので、国内にも根強いファンがいることでしょう。

そんなGalaxy Sシリーズの最新モデルが2021年4月22日よりドコモ・auから発売されました。実機を試せたので、今回の標準的なモデルである「Galaxy S21 5G」のレビューをお届けしていきます。

コンパクト・軽量ボディで扱いやすさ抜群のハイエンドモデル「Galaxy S21 5G」

早速、Galaxy S21 5Gを実際に試してわかる操作性・使用感について紹介していきます。

本製品はドコモ・auの2キャリアから2021年4月22日に発売開始、ドコモでの販売価格は一括購入で9万9792円で「スマホおかえしプログラム」適用時は実質負担額が6万6528円、auでは一括購入で11万8540円、「かえトクプログラム」適用時は実質負担額が6万6700円となっています。

約6.2インチディスプレイ/約171gの軽量で使いやすい! Galaxyなのにフラットディスプレイ!?

Galaxy S21 5Gは、同時に発売となる「Galaxy S21+ 5G」「Galaxy S21 Ultra 5G」の標準的なモデルとして、約6.2インチディスプレイを搭載。少し縦長な設計で約171gと軽量なこともあり、握り心地はコンパクトで扱いやすい印象です。

GalaxyのSシリーズといえば、ディスプレイ左右が背面に向かって湾曲している「エッジディスプレイ」の印象が強いのですが、Galaxy S21 5G/S21+ 5Gではフラットディスプレイを採用しました。

Galaxy S20 5G(左)とGalaxy S21 5G(右)

エッジディスプレイは画面幅を大きく取れるため動画視聴時などに迫力が出やすいのですが、誤操作の原因となったり映像コンテンツが少し歪んでしまう場合もあるため賛否両論。少なくとも本モデルではそのような心配はなく、扱いやすさの向上につながっている印象です。

ちなみにGalaxy S21 Ultra 5Gでは引き続きエッジディスプレイを採用しているのですが、湾曲は控えめになっています。

Galaxy S21 5G(左)とGalaxy S21 Ultra 5G(右)

1秒間に画面が書き換わる回数を示すリフレッシュレートは、48Hzから120Hzの可変式を採用。FPSゲームといった画面性能が求められるコンテンツには最大限力を発揮し、不要なシーンでは自動的に調整することでバッテリーの消耗を抑えられるという特徴があります。

独特な背面デザインに融合したカメラは相変わらずの高性能

Galaxy Sシリーズの代名詞ともいえるのがカメラ性能。Galaxy S21 5Gでまず特徴的なのがカメラユニットのデザイン。カメラユニットは側面に施されたデザインに融合するような形になっており、筐体としての統一感があります。

肝心のカメラ性能はさすがGalaxyといったところ。レンズは超広角12MP/広角12MP/望遠64MPの3眼構成で、最大30倍のスペースズームに対応しています。

前モデルである「Galaxy 20 5G」と比較すると、レンズの構成自体には進化が見られないのですが、AI処理の部分で大きな優位性があります。短い動画を白黒動画やタイムラプス風の動画にAIが自動生成してくれる「シングルテイク」機能は生成スピードが強化。ほとんど待ち時間なく複数のパターンが楽しめました。

そのほかポートレート撮影時の被写体を認識するスピードや、ナイトモードでの光の取り込み具合など、どれをとっても感嘆せざるを得ない仕上がり。スマートフォンカメラの進化をしっかりと感じられる性能です。

動画撮影機能も優秀で、8Kでの撮影が可能。また簡単に8K動画から33MPの写真を保存できる「8Kビデオスナップ」機能も搭載されています。

以下はすべてGalaxy S21 5Gで撮影した写真になります。

防水・おサイフケータイ機能・生体認証全てに対応

Galaxy S21 5Gシリーズ3モデルの全てに共通する部分ですが、防水・防塵性能はIP68を搭載。おサイフケータイ機能にも対応し、ディスプレイ内指紋認証と顔認証の両方を使用できます。

本体下部 充電はUSB Type-Cにて行う

ユーザーの使い勝手を向上させる細かい機能にまんべんなく対応しているのは、ハイエンドモデルならではといえるかもしれませんね。

GalaxyスマートフォンがWindows PCと互換性抜群って知ってた?

Galaxy S21シリーズでは、Windows PCにインストールされている「スマホ同期」というアプリを使うことで、スマートフォン内のアプリをPC上で確認することができます。

実はAndroidスマートフォンであればほとんどの場合このスマホ同期アプリが使用できるのですが、中でもGalaxyシリーズは高い互換性を持っており、スマートフォン内のアプリをPCのタスクバーにピン留めするといった使い方も可能。

iPhoneとMacbookのようにとまではいいませんが、スマートフォンとPCを簡単に同期させ、テキストをコピーしたりといった使い方ができるのは便利です。

高性能コンパクトスマートフォンを探している人におすすめのGalaxy S21 5G

約6.2インチと比較的扱いやすいサイズながら、最先端の性能をふんだんに詰め込んでいるGalaxy S21 5G。世界的に人気のシリーズで、日本にも多くのファンがいるシリーズですから説明するまでもないかもしれませんが、改めて安定感と性能の高さを実感できる1台。

ドコモからはGalaxy S21 Ultra 5Gが、auからはGalaxy S21+ 5Gが同日発売されましたが、よりコンパクトで扱いやすいスマートフォンを探しているという人には、こちらの製品がおすすめになっています。

取材・文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。