人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【名車図鑑】カウルレスのスチールフレームボディーに45PSの249ccエンジンを搭載したホンダの〝街道レーサー〟「NS250F」

2021.05.20

「NS500」が1983年のロードレース世界グランプリ500ccクラスでチャンピオンをもたらした翌年、ホンダは水冷2サイクル90度V型2気筒249ccエンジンを搭載した、「NS250F」をデビューさせた。

同時に登場した「NS250R」がフルフェアリングとアルミフレームを採用するのに対して、NS250Fはカウルレスでスチールフレームだ。そのほかにもホイール形状やリアスイングアーム形状など細部に細かな違いはあるが、エンジンの基本性能、車両重量は同一。街中ではカウルレスで取り回しが良く、使い勝手はむしろNS250Fの方が優れていたともいえる。

NS250R

価格はNS250Rが当時53万9000円したのに対して42万9000円と11万円も割安だった。

そんなNS250Fも2020年代に入り中古車相場が上昇中。平均で80万円近い相場となっており、入手が困難になってきている。

ホンダ「NS250F」1984年5月発売 車両本体価格42万9000円(発売当時)

大容量19Lのガソリンタンクからリアカウルまで一体感のあるデザインが印象的。キャブレターにはコンパクトでメインボアを大径化できるスラント型フラットバルブキャブレターを採用する

SPEC

全長:2005mm
シート高:780mm
ホイールベース:1375mm
タイヤ(F/R):100/90-16(F)/110/90-17(R)
車両重量:161kg
エンジン形式:MC11E・水冷2サイクル90度V型2気筒
排気量:249cc
最高出力:45PS/9500rpm
最大トルク:3.6kgm/8500rpm
ミッション:6段リターン式
燃料タンク容量:19.0L

※データは2021年4月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。

文/中馬幹弘

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。