人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【名車図鑑】1.5ℓの6気筒エンジンで400kg近い巨体を優雅に走らせるホンダのフルサイズツアラー「ゴールドウイング」

2021.05.17

1975年に発売以来、アメリカやヨーロッパを中心に長距離ツーリングバイクとして活躍していたホンダ「ゴールドウイング」。その1988年モデルからついに、日本で輸入販売が始まった。

エンジンは水冷4サイクル水平対向6気筒1520ccで、最高出力97PSを5000回転で発生。391kgの車両重量をものともせずに、滑らかかつトルクフルに駆動した。

右足でブレーキペダルを踏むと、後輪ディスクと同時に前輪左側ディスクに効力を自動で配分する、前後連動ブレーキを採用。電子制御式の電動リバース(後退)システムを持つ。

リアクッションは、左側にコイルスプリング付オイルダンパーを、右側には乗車数の変化やライダーの好みに沿って空気圧を、カウル内蔵の小型コンプレッサーで調整する、エアサスペンションが採用された。

ウインドスクリーンの高さが上下方向で65mm調整できる、アンダーカウル一体デザインの大型フェアリングにより、高速走行時の走行風などによる疲労を軽減する。

ホンダ「ゴールドウイング」1988年4月発売 車両本体価格175万円(発売当時)

足元への導風を外気とラジエーターを通過した暖気に切り換えられる、カウル内蔵のベンチレーション機構を持ち、大型段付きシートやアームレスト付のシートバック一体式後部シート、クルーズ・コントロールシステムなど、装備は豪華。ボディ後部には、38Lの大容量トランクと左右のサドルバッグ(26L×2)を装備。トランク下部にレバーを集中配置し、キー操作で同時に施錠/解錠ができる集中ロックシステムを採用

SPEC

全長:2630mm
シート高:770mm
ホイールベース:1700mm
タイヤ(F/R):130/70-18(F)/160/80-16(R)
車両重量:391kg
エンジン形式:SC22E・水冷4サイクル水平対向6気筒OHC
排気量:1520cc
最高出力:97PS/5000rpm
最大トルク:15.2kgm/4000rpm
ミッション:5段リターン式
燃料タンク容量:23.0L

※データは2021年4月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。

文/中馬幹弘

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。