人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

時は金なり!メーターで時を奏でるレトロな置き時計「PMC Retro」

2021.05.14

時は金なり! だけどたまには心を癒やせるレトロな時計が欲し~い!

時刻を知るための、また時間を計るための道具である「時計(とけい)」。ちなみに三時のおやつはホッ時計(とけい)―キです。だから何なんでしょう。

ここだけの話、人類は有史以前から太陽の位置などで時の概念を持っていたと、よく言われています。

その後、物理現象を使って時間を測定する「時計」が考えだされました。

燃焼時計や水時計、砂時計などがそれにあたり、そして機械式時計が生まれます。

機械式時計は長きに渡って時計の動力機構の主流でありましたが、その後、「電力」を動力源とする時計が登場。トランジスタ時計、クォーツ時計、電波時計などが開発され、格段に精度があがり、そして吸った揉んだあって現代にいたります。ありがとうございます。

時計の表示形式は、長針と短針を組み合わせた針式の「アナログ時計」がかつては主流でしたが、その後、デジタル式(数字式)の表示装置を持つ「デジタル時計」が登場。世間一般に普及することとなりました。

針の角度から時間を読み取る能力が必要なアナログ時計と異なり、時間を見たまんまの数字で確認できるデジタル時計は、とても便利ではあるのですが、あまりにカンタンに時刻がわかり、頭を使う機会が減ってしまうのが悩みの種でした。

しかも、あまりレトロではありません。やっぱり時計はアナログが一番だという人も意外といるみたいです。よく知らんけど。

お役立ちガジェット全盛のこの時代、レトロでイカした時刻表示が可能な、ステキな置き時計は存在しないのでしょうか……?

実はあります。

このたび、クラウドファンディングの「kickstater」より、時はレトロなり! メーターで時を奏でる置き時計「PMC Retro」が発表されました!

何でもここだけの話、メーター表示で時刻を知ることが可能な、お洒落でキッチュな置き時計なんだそうです!

ナイスでレトロな置き時計! 「PMC Retro」とは?

kickstater/PMC Retro: A visually stimulating way to tell time

「PMC Retro」は、時はレトロなり! メーターで時を奏でる置き時計です。

ぱっと見、どーやって時計の時間を読むんだ? ……と、悩まれる方も多いと思います。そこはご安心を。左側のメーターが「時」、右のメーターが「分」を表示します。以上説明終わり! ……もとい、もうちょっと説明を続けましょう。

「PMC Retro」は丸い本体デザインで1930年代の機器をモチーフにした「'30s Deluxe」と、1970年代のデザインをモチーフにした、角張った「'70s Standard」の2種類のデザインがあります。どちらも、とっても洒落ていますので、できれば両方欲しいですね!

丸い本体とメーターが特徴の「'30s Deluxe」!

「PMC Retro」の「'30s Deluxe」タイプは、とってもナイスでレトロなデザインが特徴的。思わず1930年代のあの頃を思い出しますね! 生まれてないけど!

時刻の合わせ方はとてもカンタン。トグルスイッチで時か分を選択して、プラスマイナスのボタンのセットボタンを押すだけ!

全体像をお見せいたしましょう。

文字盤のライトも光ります。キレイ!

四角い本体とメーターが特徴の「'70s Standard」!

「PMC Retro」の「'70s Standard」タイプは、ちょっと近未来的な、レトロフューチャー的なデザイン(←とくに言葉の意味をわかって言っているわけではありません)が特徴的。思わず1970年代のあの頃を思い出しますね! ギリ生まれているけど! (トシがわかってしまう……)

コチラの時刻の合わせ方もとてもカンタン。トグルスイッチで時か分を選択して、プラスマイナスのボタンのセットボタンを押すだけ!

全体像をお見せいたしましょう。

「PMC Retro」」の仕様は以下の通りです。(抜粋)
'30s Deluxe
Dimensions:180×170×157mm
Weights:2.2kg
Backlight:yes
Power supply:110/230V

'70s Standard
Dimensions:180×170×157mm
Weights:2.2kg
Backlight:No
Power supply:110/230V

時はレトロなり! メーターで時を奏でる置き時計「PMC Retro」。

取りあえずこれからまずメーターの読み方から勉強してきます!

※資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、又はWikipedia等。
※本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの異訳調の紹介風なテキト~でいい加減な内容のエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性等を保障するものではございません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります)
※筆者及び編集部は、記事中の商品やプロジェクトを保障するものではございません。購入は自己責任となります。御注意ください。
※健康器具や健康食品の効果については個人差があるため、使用についてはあくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※クラウドファンディングには立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクも稀にあります。出資に当たっては、御自身で御判断いただきますようお願い致します。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所はおおむねフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ねたがテーマの漫画を得意とする→https://www.furuyan.com
Amazonランキング17万位! 印税55円を達成した、(カイなデジねた漫画「でじ@おた!」 大ヒット絶賛公開中! →https://amzn.to/2XxEJQS
2020年3月26日(木)J-WAVE 「STEP ONE」の「LIFE IN SMART」に生出演しました!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。