人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で変わる結婚式事情、3人に1人が「予算は100万円以内に抑えたい」

2021.05.03

3人に1人は結婚式予算を100万円以内に抑えたい

一般的な結婚式は予算としては300万円以上かかるという話も聞く。

しかし、30歳代の2人以上世帯の平均貯金額は644万円。300万円以上という金額は決して気軽に出せるものではないだろう。

そうした背景があってか、自己資金がほとんどなくてもスマートに結婚式を実現できるサービスが登場してきた。直近ではコロナ禍の影響も重なって、少人数の家族婚や、挙式風の記念写真を撮影するフォトウェディングといったスタイルも人気が出てきている。

そこでタメニーは25~39歳の未婚男女2,412人に対して、どんなスタイルの結婚式・結婚イベントを希望しているのか、年収帯別に調査した。

“一般的な結婚式”は予算オーバー? 300万円以上の結婚式を希望するのは1割未満

結婚式の予算について、どのくらいで考えている人が多いのか。結婚を「したいという意欲がある」と答えた人を対象に、結婚式をどの程度の予算で開きたいかと聞いてみた。「考えたことがない」などと回答した人を除外し、1,336人の回答を集計すると、次のグラフのようになった。

先に記したように、家族・親族、友人、会社関係者などを招待して結婚式と披露宴を実施するとなると、予算は300万円以上となることがほとんどだが、「301万円以上」の結婚式を希望するのはわずか7.8%にとどまった。「50万円以内」が22.1%、「51万円~100万円」が12.2%となり、およそ3人に1人が100万円以内の予算を希望。「結婚式は開きたくない」割合も31.9%に達していた。

この結果を年収帯別に集計したのが次のグラフ。「301万円以上」の結婚式について、年収500万円を超えると希望する割合が高くなり、「500万円以上~800万円未満」(n=102)では19.6%、「800万円以上」(n=28)では50.0%が結婚式の予算として「301万円以上」を考えていることが分かった。

年収が高くなるほど、「披露宴」「2次会」をやりたい。低年収層ほど「少人数婚」「フォトウェディング」に興味

続いて、結婚したらどんな結婚式・結婚イベントをやりたいかを聞いた。

 

コロナ禍ではあるが、「オンライン結婚式」(1.2%)、「両家顔合わせ(オンライン)」(1.9%)を希望するのはごくわずか。ただ、「コロナ禍ですぐに結婚式を挙げることが難しいので、挙式風の記念写真だけでも撮影しておきたい」といったニーズから利用者が増えている「フォトウェディング」については14.6%が希望していた。

年収帯別にまとめた結果は以下のとおりだ。

 

「神前式」「教会式」「仏前式」といった結婚式の様式については、年収帯によって大きな差はなかった。「披露宴」「2次会」などは年収が多いグループほどやりたい割合が高く、その結果なのか、「ホテルウェディング」も高年収になるほど人気になっていた。

逆に、年収が低いグループになるほど、「少人数婚」や「フォトウェディング」といった費用を抑えられる結婚式・結婚イベントが支持されていた。「フォトウェディング」が支持されるのには、コロナ禍というだけでなく、低予算で実現できるという面もあるのかもしれない。

調査方法:インターネット調査

調査対象:25~39歳の未婚男女2,412名のうち、結婚の意欲があると回答した1,525人

集計期間:2021年3月29日~31日

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。