小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

投資系YouTuberに聞く「ディフェンシブ投資」で稼ぐ3つのポイント

2021.06.08

インターネット・インフラ

ディフェンシブ銘柄

POINT

(1)電力会社などのインフラ系・ディフェンシブ銘柄で急落に備える

(2)相対的な割安株を見つけるために有益な『移動平均線』を活用

(3)暴落時に買い増しのチャンスになる「インデックスETF」の魅力

RadiOyaziさん

ショボトレ推奨投資家  RadiOyaziさん

いつ起きるかわからない下落相場に備えた投資を

 株価上昇の勢いが止まらない株式市場で「まだ上がるだろう」と考える投資家に警鐘を鳴らすRadiOyaziさん。投資家の相談に乗る「投資顧問業」を長年営んだ経験から導き出した答えは、コロナ禍が収束する兆しが明確化すると相場は崩壊するというものだ。

「2月に日経平均株価は3万円をつけましたが悪い材料となるニュースが出た瞬間、恐怖感情で売りが殺到し株価が崩壊することもあるでしょう。下落したら政府や日銀が助けてくれると思っている投資家が目立ちますが、それで相場を支えきれるとは限らない」

 しかし全くチャンスがないわけではないという。

「下落に強いディフェンシブ銘柄で守りを固めつつ、株価が過小評価されている銘柄を狙い打ちして細かく利益を上げる戦略がよい」

 ディフェンシブ銘柄には生活必需品の食料品や医薬品、生活インフラの電気やガス、通信などがある。

「東京電力HDやNTTは生活インフラの中心にあります。5Gインフラ整備などでも活躍するので下落に強いのは直感でもわかりますよね」

 まだ相場は上がり続けると考える人でも、ディフェンシブ銘柄をポートフォリオに加えることで、資産が急に目減りするリスクを抑えることができる。

「私は、いつ急落するかわからない相場環境では『ショボトレ』(プラスになったらすぐに利益確定するショボいトレード)を推奨しています。そのショボトレに有効なツールが『移動平均線』です」

 これは、一定期間の値動きの平均値を出し、株価チャート上に表示する線グラフを使った取引手法だ。具体的にはどう使うのか。

「まず200日移動平均線と現在の株価を比較します。現在の株価のほうが下にあり、かつ200日移動平均線が横ばいか上向きの銘柄があれば、それを買う。たったこれだけです。ディフェンシブ銘柄でなくとも、この条件に合うなら買う価値があります」

 200日移動平均線は、長期的な株価の方向性や割高・割安感を知るのに役立つ。また、証券会社や投資情報サイトのツールを使えば、すぐに探すことができる。

 しかし、プラスになったらすぐに利益確定するショボトレでは、1か月〜数か月と、投資期間が短めだ。中長期で資産形成をしたい時はどうすればよいのだろうか。

「インデックス投資に限りますね。毎週、毎月といった一定期間ごとに同じ金額を積み立てていきましょう。一般的に株価は下がり続ける可能性は低いですから」

 同じ金額を積み立てる方法は「ドル・コスト平均法」といい、リスクを減らしつつもチャンスを逃さない、合理的な手法として知られる。

「もし株価が下がってもすぐに悲観的になって損切りするのはもってのほかです。ショボトレ中に株価が急落した時は、戦略的にナンピン(※1)して買い足しましょう」

 流行に踊らされず、ルール厳守で投資を続ける。それがRadiOyaziさんの投資必勝法だった。

※1/保有している株の価格が下がったときに買い増す売買手法。平均購入単価を下げる効果があるが、保有株数が多くなるので下落時は損失が拡大しやすい。

不況に強いディフェンシブ銘柄

インターネット・インフラ

インターネット・インフラ

通信手段として生活に溶け込む。携帯電話通信やインターネット通信を担う企業は期待値が高い。

電力会社

電力会社

生活インフラの根本である電気。事故などで関連銘柄が急落することもあるが、一般に不況時の下落率は小さい。電力会社

ナンピンは計画的に利用すべし!

ナンピンは計画的に利用すべし!

ショボトレ中の下落を恐怖に感じて何度も買い足すのではなく、様々な戦略を練ったうえで、意図的に買うようにすることが重要。

取材・文/久我吉史

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。