小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

フランス生まれの個性と確かな機能が、外遊びを刺激する!シトロエンC3 エアクロス SUVで春キャンに行こう!【PR】

2021.04.29PR

 ヨーロッパでは、夏のバカンスをリゾートで過ごすのが主流。荷物をたくさん積んで長い距離を走ることが多いから、クルマには機能的で経済的、そして快適な乗り心地で疲れにくいことが求められる。フランスの老舗、シトロエンが作るクルマには、そうした特徴がよく表われている。コンパクトSUVのC3 エアクロス SUVをフィールドで試した、フォトグラファーにしてアウトドアブランド「ペレグリン・デザイン」代表・見城了さんに、感想をうかがった。

「シートの大きさ、クッション共に十分で、リアシートは前後にスライドもできますから、居住性と積載性を両立できます。そして、2WDながらラフロードに対応しているところもポイント。路面状況に応じて駆動力を制御するセレクターが付いているので、安心して走れました」

 つまり、とても合理的にできているということ。機能面以外では、独創的なデザインに気分をアゲる力を感じたという。

「ほかのどのクルマとも似ていないスタイリングが、所有欲をかきたてます。SUVの力強さと、女性が運転しても似合う柔らかさがある。リアサイドの窓にあしらったストライプとルーフレールのオレンジも、いいアクセントになっています。都会的でありながら自然にも溶け込むデザインに、フランスらしい美意識を感じますね」

 キャンプサイトにC3 エアクロス SUVが馴染んでいるのは、道具との相性の良さもある。

「今日積んできたキャンプ道具は、自分のブランドのアイテムを含めて、シンプルで機能的で、長く使えるものばかり。シトロエンの哲学に通じるものがあるから、調和するのかも。柔らかくて芯のある乗り味も気持ちいい。キャンプの醍醐味は気持ち良さですから、クルマもそうであってほしいですよね」

 C3 エアクロス SUVなら、春キャンへの意欲を後押ししてくれること間違いなしだ。

コンパクトなのに驚きの収納力! 悪路もいける走破性が行動範囲を広げる

路面状況に合わせて駆動力を最適化するグリップコントロール(※)は「サンド」「スノー」「マッド」の各モードも選べ、適切なタイヤを装着することで効果を発揮。急斜面の下り坂で車体を安定させるヒルディセントコントロール(※)も付き、フィールドでの安心感を高めている。

ラゲッジ容量は410ℓ。リアシートをスライドさせると520ℓ、背もたれをすべてたたむと1289ℓもの広さに。バンパーの周辺は無塗装なので、多少の擦り傷は気にしなくて済む。

面積の広いパノラミックサンルーフ(※)は前半分を開閉でき、気分爽快!

長時間乗っても疲れにくいシートはフランス車ならでは。

「モノ作りに携わる身として、センスと機能を融合させたシトロエンはとても興味深く、刺激的な存在です」(見城さん)

CITROEN C3 AIRCROSS SUV SHINE

全長×全幅×全高:4,160×1,765×1,630㎜
最低地上高:160㎜
最小回転半径:5.5m
車両重量:1,290㎏
エンジン:1,199ccターボチャージャー付き直列3気筒DOHC
最高出力:81kW(110PS)/5,500rpm
最大トルク:205N・m/1,750rpm
WLTCモード燃費:14.7㎞/ℓ
トランスミッション:6AT
価格:¥2,820,000

(※)SHINEにパッケージオプション

提供/シトロエンコール 0120-55-4106

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。