小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

電子書籍の定額読み放題サービスを利用している人の割合は?

2021.05.12

電子書籍の定額読み放題サービスを利用している人は何割くらい?

様々なシーンで着々と進むデジタル化とペーパーレス化。そんな中、書籍をスマホやタブレットで手軽に好きなだけ楽しめるサービスとして「電子書籍の定額読み放題サービス」が多数登場しているが、その認知率、利用率はどのようになっているのだろうか?

そんな「電子書籍の定額読み放題サービス」に関する意識調査がこのほど、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」により、日本全国の18~59歳の男女を対象にして実施された。

「電子書籍の定額読み放題サービス」の現状と認知度

「電子書籍の定額読み放題サービス」とは、「Kindle(キンドル)Unlimited」、「楽天マガジン」、「シーモア読み放題」、「ブック放題」のような、インターネットを利用しスマートフォン、タブレットなどで電子書籍を読むことができるサービスのこと。毎月定額の利用料を支払うことで、小説・実用書・雑誌・マンガなどさまざまなジャンルの電子書籍を読み放題で楽しむことができる。

「電子書籍の定額読み放題サービス」の現状について調査したところ、主な結果は以下だった。

・「電子書籍の定額読み放題サービス」の認知率は全体で83%

・「知っているし、使っている」という現在利用率は全体で9%

・「知っているし、以前使っていたが、いまは使っていない」を含めた利用経験率は全体で15%

「電子書籍の定額読み放題サービス」は男女年代を問わず、全体的に8割前後の高い認知率であることがわかった。年代別の差は大きくなかったものの、10~20代女性の認知率がやや高い傾向にあった。

どのくらいの人が使ってそう?~現在の流行体感~

次に「電子書籍の定額読み放題サービス」を利用している人が、現在身の回りにどれくらいいると思うかを想像して答えてもらった。グラフにある流行体感スコアは、100人中どのくらいの人が利用していそうかをスコアとして算出した数値だ。

その結果「電子書籍の定額読み放題サービス」の流行体感スコアは全体で「10.0」で、およそ10人に1人が利用しているイメージ。男女年代別では、10~20代の女性で「12.7」と他の年代よりやや高いスコアとなった。

1年後はどうなるか~近未来の流行予想~

次に「1年後、自分のまわりでどのくらいの人が使っていると思うか」を想像して回答してもらった。グラフにある流行予想スコアは、100人中どのくらいの人が1年後に利用していそうかを算出した数値だ。

「電子書籍の定額読み放題サービス」の流行予想スコアは全体で「25.5」で、およそ4人に1人が1年後に利用していそうというイメージ。現在の流行体感から比較すると、1年後には今の2.5倍程度浸透しているというイメージになる。最もスコアが高かったのは10~20代女性の「30.3」。この年代では1年後におよそ3人に1人が利用していそうというイメージを持っているようだ。

1年後に利用していそう/していなさそうと思う、それぞれの意見を聞いた。「電子書籍の定額読み放題サービス」の利便性にメリットを感じる人がいる一方で、紙の本に対して愛着がある人など、さまざまな意見が寄せられた。

<流行予想として「半数くらいの人が利用するだろう」と思う人の意見>

・定額で見放題という有料番組サービスが既に定着しているので、定額読み放題のサービスもいずれは定着していくと思ったから(女性/18歳)
・CM等の広告をよく見かけるので利用者が増えそう(女性/28歳)
・ペーパーレスに加え本を購入することも減った。スマホやタブレットの普及で、一台ですべてのことをでき管理できるし、最近は定額サービスもはやっている(男性/33歳)
・ふだん書店に行かない人もアプリで見出しや表紙を見たり、サラッと立ち読みできたりする仕組みがある。利用しやすいので広まりそう(男性/49歳)
・紙の手触りが好きな人もいるので全員が全員電子書籍に移行するとは思えないけど、学校などで全員に配る大きな教科書やノートが、全て電子書籍になるといいなと思うから (女性/52歳)

<流行予想として「誰も利用しないであろう」と思う人の意見>

・わざわざ毎月お金を払って読みたいと思わない。本は冊子で読みたいとなんとなく思っている(女性/21歳)
・読むことよりも集めることが重要。特にマンガや小説はそろえて棚に並べておくのが壮観なので、読むことだけが書籍の良さではない(男性/31歳)
・サブスクリプションモデルが増えすぎて、本当に必要と思うサービスにしかお金を払わなくなると思うから(男性/42歳)
・定額にするほど書籍を読まない。読みたい本は紙で読む。マンガなどはデジタルだと字が小さすぎてそもそも読めない。拡大しても逆に絵がわからなくなるし読みづらい(女性/58歳)

自分は使ってみたいか?~今後の利用意向~

次に、自身の今後の利用意向について回答してもらったところ、利用意向がある人の割合(「ぜひ使ってみたいと思う」、「機会があれば使ってみたいと思う」の合計)は全体で27%となった。

一方、利用意向がない人の割合(「あまり使ってみたいと思わない」、「まったく使ってみたいと思わない」の合計)は全体で50%となり、利用意向のない人が半数を占める結果となった。

利用意向がある人の割合を男女別にみると、女性のほうが男性に比べて割合がやや高いことがわかる。また男女ともに、10~20代の若い年代の割合が高く、特に女性の10~20代では利用意向がある人の割合が40%となった。

実際に使うとしたら、どのジャンルの本を読み放題したいか?

「電子書籍の定額読み放題サービス」の利用意向がない人を除いて、実際に使うとしたらどのジャンルの本を読み放題したいかについて聞いた。

全体のTOPは「マンガ」で約7割、次いで「雑誌」が約5割、「小説/実用書」が約4割と続く。「マンガ」は男女ともにTOPで、特に10~20代では8割弱と圧倒的な人気がある。「雑誌」も男女差はみられず、10~20代より30~50代での割合が高くなっている。

「電子書籍の定額読み放題サービス」は今より2.5倍程度伸びる!?

ここまでの主要な数値をまとめてみた。2021年3月17日時点、「電子書籍の定額読み放題サービス」の認知率は約83%、現在利用率は約9%だった。

流行体感としては、全体で“10人に1人くらいが使っている”イメージを持たれているようだ。そして、今から1年後には現在よりも利用する人が2.5倍程度増え、“4人に1人くらいが使っている”というイメージを持たれている。

男女年代別にみると、男女ともに30~50代で現在利用率がやや高いものの、今後の利用意向については10~20代のほうが高いことがわかった。現在の流行体感スコアは低いものの、1年後の流行予想スコアでは全ての男女年代別で2倍以上となっており、いまより利用者が増えるだろうという予測がもたれていることがわかった。

<調査概要>
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の18~59歳男女
実施時期:2021年3月17日~22日
有効回収数:2108サンプル

※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なる場合がある。

出典元:LINEリサーチ(LINE株式会社)
https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。