人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2万円台で買える超コスパモデル!ファーウェイの新型タブレット「MatePad T10/T10s」の気になる中身

2021.05.07

ファーウェイ「HUAWEI MatePad T10」「HUAWEI MatePad T10s」

ファーウェイ・ジャパンは、タブレットのエントリーモデルシリーズ「MatePad T」から、「HUAWEI MatePad T10」と「HUAWEI MatePad T10s」を発売した。価格はオープン。実勢価格は「HUAWEI MatePad T10」が23,980円前後、「HUAWEI MatePad T10s」が27,280円前後。

(上)「HUAWEI MatePad T10」/(下)「HUAWEI MatePad T10s」

「HUAWEI MatePad T10」は、解像度1,280×800ピクセルの約9.7インチのディスプレイを搭載。「HUAWEI MatePad T10s」は、解像度1,920×1,200ピクセルの約10.1インチのディスプレイに加え、HUAWEI独自の画像処理テクノロジー「HUAWEI ClariVu」を搭載。また、両モデル共通でブルーライトカットモードに対応。さらにスクリーンをグレースケール表示に切り替えて、まるで紙の本を読んでいるかのような快適な読書環境を提供する「eBOOKモード」にも対応している。

音響面では、両モデルともに、高出力のステレオスピーカーに、HUAWEI独自のサウンドシステム「HUAWEI Histen 6.1サウンドエフェクト」を搭載し、迫力のステレオサウンドを実現。さらに、「HUAWEI MatePad T10s」は、60年の歴史を持つ老舗スピーカーブランド「Harman Kardon」によるサウンドチューニングが施されており、より迫力あるクリアなサウンドを楽しむことができる。

加えて、両モデル共通で「HUAWEIアプリマルチプライヤー」を採用し、横画面で同じアプリを2つのウィンドウに表示することが可能。キッズモードにも対応する。

そのほか共通の仕様は、CPUがHUAWEI Kirin 710 A、メモリーが2GB、ストレージが32GB。OSはEMUI 10.1 (Android 10ベース)。バッテリー容量は5100mAh。本体サイズは約240(W)×159(D)×7.9(H)mm。重量は約450g。

関連情報
https://consumer.huawei.com/jp/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。