人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テクニカル分析、損切りの極意、インデックス投資、初心者は参考にしたい米国株で稼ぐヒント

2021.05.08

人気の米国株で稼ぐテクニックに関する記事をピックアップした。

米国株で稼ぐテクニック

テクニカル分析を使った投資の損切りポイントの見極め方

前回記事では損切りする上でのルール設定が重要であることを解説した。  だが、真に損切りマスターするためにテクニカル分析は避けて通れない。なぜなら、損切りポイントを決めるのは「金融市場」だからだ。金融市場は企業や資源など、投資対象の価格が決まる場であり、価格が上昇するのか下落するのか「トレンド」が現われる場でもある。

【参考】https://dime.jp/genre/1063917/

どんな投資でも負けることはない「損切り」の2大極意

ネガティブニュースに振り回されない

金融取引では勝ち負けの回数よりも勝ち額がモノをいう、というのはよく聞く話。しかし、それを実践しようにもなかなか難しいし、どのような損切りを行なえばよいのだろうか。  うまい損切りを行なうために必要な考え方は、「1 購入する前に損切りポイントを決めておく」「2 ゼロイチで考えずに資金・株数を調整する」の2つ。すでに株を保有している人であれば、購入する前の損切りポイントは定めていないと思うので参考にできないが、資金・株数の調整はぜひ行なってほしい。

【参考】https://dime.jp/genre/1063844/

手数料が安いインデックス投資信託ランキングTOP15

個別株は自分で投資配分のコントロールをしながら投資できるメリットがある。その反面、一企業の業績に大きく収益が左右されるため、リスクが大きいというデメリットも。  一方、投資信託は、個別株のように1単元の株では値が張って買えないと思っても、あらゆる企業の株を〝袋詰め〟で買うことができるのだ。そんな投資信託に関する、米国株のインデックスファンドを「手数料=信託報酬が安い」順に紹介する。

【参考】https://dime.jp/genre/1063474/

DIME最新号の大特集は「株投資の新常識」、特別付録「スマホLIVEスタンド」がもれなく付いてくる!

 現在、発売中のDIME6月号は「株投資」大特集。マネー誌では読めない儲けの極意を大公開。業界通ジャーナリストの先読み分析、超人気投資系YouTuberが教える失敗しないコツ、2030年までに「億り人になる方法」、投資家芸人厚切りジェイソンのお金の見直し術、元・乃木坂46中田花奈「知識がなくても投資は楽しい」など、株投資の新常識が盛りだくさんです。

 

 そして、「DIME」6月号の特別付録は、動画の視聴、撮影、配信までいろいろ使える「スマホLIVEスタンド」。6.5インチまでのスマートフォンをがっちりホールドできるスマホスタンドで、ホールド部分が360度の首振りに対応しており、しかも、高さが無段階で22cm〜32cmまで調節できるスグレモノ。

テレワークをしながら、ソファに座りながら、お風呂に入りながら、ヨガをしながら、キッチンで料理をしながら、といった形で、好きな角度、好きな高さで動画を視聴できるのがうれしい。特に、テレワーク時にオンライン会議用に使ったり、サブモニターとして使えるのもポイントだ。

もちろん、視聴するだけでなく、動画を撮影する時も好きな場所に、好きなアングルで固定設置できるのが便利。ゴルフスイングの練習用に、あるいは、料理のレシピ動画のふかん撮影用にも使えるほか、TikTokやInstagramなどに投稿する動画を撮影したり、そのままライブ配信したりする時にも便利。

また、食事を作る時にキッチンに置いてスマホをセットすれば、ちょうどいい高さでレシピ動画を見ながらが料理ができる。また、360度の首振りにも対応しているので、自身が作った料理のレシピ動画も簡単に撮影できる!

さらには、お気に入りの模型やフィギュアをこのスタンドに固定して撮影したり、あるいは、スマホを固定して簡易的なドライブレコーダーとして使うことも可能だ。

主要なオンライン書店は完売しております。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。