人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

レトルトなのに生麺のもちもち感がスゴい!常温で5年保存できるテーブルストックの「おいしさにこだわった保存食」実食レポ

2021.05.03

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

生麺、スープ、具材が一体となったレトルトなのに麺が伸びないのはなぜ?

保存食の開発、販売メーカーのテーブルストックから、「おいしさにこだわった保存食」シリーズが新発売された。「ボロネーゼ」「ナポリタン」「ほうとう」「カレーうどん」の4種類で、5年間常温で保存できるレトルトタイプだが、パッケージ内は無菌化のため保存料や合成着色料など一切使用していない。

おいしさにもこだわっているのが特長で、もちもち食感の生麺を使用、具材やソース、スープと麺がオールインワンになっているが、同社が開発した特許製法により、スープの中に麺が入っていても麺が伸びない構造になっている。

「伸びない麺製法」は世界初の技術で、商品開発には10年かかっており、開発のきっかけは2011年の東日本大震災だった。

「東日本大震災の際に炊き出しに行った際、『温かくておいしいものが非常食にはないので、本当にうれしかった』とたくさんの方から感謝された。この時の経験から、食に携わるものとして、温かくおいしい保存食を開発しなければならないと考えた。

伸びない麺の製法は、でんぷんで麺をコーティングすることによって、水分が麺の中に入らない状態を5年間保てるようにする。食べる前に加熱することででんぷんが破壊されて水分が麺の中に入り、ゆでたての状態になる。製造技術自体は30年ほど前から存在していたが、でんぷんを入れることでとろみや甘みが出てしまう弊害を除去できなかったため、商品化までには至らなかった。今回はそのハードルを乗り越える製造技術を開発することで実現できた」(テーブルストック代表 中村桂氏)

商品開発にあたっては、災害時に備える保存食はもちろん、消費期限切れによる食品ロスの削減するため、日常的に使いきるローリングストックを意識して味も追求。生麺だけでなく、例えば「ボロネーゼ」の場合、豚肉にもこだわりがある。豚肉はレトルト加工(125度以上の加熱)をすると、脂が抜けたり、肉質が固くなったりするため、大豆ミートを使っているメーカーも多いが、豚肉はカットの仕方や大きさなどを工夫して、ひき肉を炒めるところからこだわった。

パッケージは自立するので容器としても利用できる。アルミ蒸着の袋は硬いのが特徴だが、切り口には指の怪我を防ぎ、切りやすいセーフティノッチと、切り口からまっすぐカットできるストレートカットを採用。袋から直接食べる場合、食べすすんで量が減ったときは二段階目のカット部分を切ることで、減っても箸やフォークが届きやすい。

麺と具材、ソース、スープのオールインワンによる栄養補給の簡略化、袋のまま湯煎であたためるため貴重な飲料水以外でも可能、災害食なのにおいしいといったメリットがあり、アウトドア利用にも最適。麺、具材は調理済みなので、ゆで汁や廃棄物が出ないため、アウトドアでの喫食の課題にも対応している。

価格はシリーズ共通で、単品648円、4食セット2592円。テーブルストックの公式サイト、Amazonでも販売する。ローリングストックに最適なサブスクリプション方式も採用。1か月、2か月、3か月毎から選択でき、毎回8食セットを届ける。6月末までグランドオープンキャンペーンを実施、期間中に4食セットまたはサブスクリプションにて購入すると、それぞれ追加で1食または2食をプレゼントする。

【AJの読み】たっぷりの量、しっかりとした味付けにも理由があった

もちっとした食感の生麺、ソースや具材の味も確かに非常食とは思えないほど4品ともおいしい。4品の中で特に気に入ったのは「ほうとう」。もちもちの平麺と野菜がたっぷりで、甘辛い味噌味のスープとよく馴染んでいる。この味ならば、災害時の辛い状況下でも心も体も温まりそう。

量もたっぷりでお腹は満足できるが、塩分、糖質制限している私には量が多く、味が濃すぎるという印象だった。ローリングストックとして、日常で食べるには少し躊躇してしまうが、味付けや量には理由があった。

ローリングストックの観点から食べ慣れているメニューが良いとこの4品が選ばれたそうだが、メニューやパッケージ開発では、屋久島山岳ガイドの神﨑真貴雄さんの意見が反映されている。災害時の喫食を想定して、1食で500kcalの摂取が望ましいと、カロリーの低い素うどんでなく、ボリュームのある「ほうとう」「カレーうどん」を採用。神﨑さんから、通常より量を多めにしてエネルギー補給をする必要があると指摘があったため、通常は1食あたり240~250g程度だが、今回は320~340gに。同様の観点からパンチのある濃い味付けにしているという。

文/阿部純子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。