人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人気TikTokerレミたんのお墨付き!動画の撮影、配信に使える雑誌DIMEの便利付録「スマホLIVEスタンド」

2021.04.24

音楽に合わせた変顔や絶妙な合成映像が人気で、220万人以上のフォロワーがいるTikTokerレミたん。実は「DIME」 6月号の特別付録「スマホLIVEスタンド」を使ったTik Tok動画を公開しています。その映像はこちら!

@anriremi

こんなバージョンも撮ってみました😁

♬ Poker face edited by me - Bailey

最後のシーンでチラッと映っています。わかりましたか?

そこで、レミたん本人に使用感を聞いてみました。

「ちょうどこのくらいの高さでスマホを固定できるスタンドを1台持っているんですけど、土台がグラグラで(苦笑)。いくつかのシーンを合成する〝スマホを絶対に動かしたくない〟撮影の時、背景がズレちゃって何回も撮りなおすことがあるんです……。このスマホLIVEスタンドは土台もしっかりしていて、高さも調整できるからいいですね」(レミたん)

レミたんのTik Tok撮影機材は、リングライト&スマホがメイン。リングライトを三脚に固定し、その中央にスマホをセットして撮影しています。

「Tik Tokはほとんど編集がいらないし、撮りながら編集できるような感じなのがいいですね。音源に合わせて撮影を済ませたら、ほぼほぼ作品は完成です。撮影や編集には、ほとんど時間を使っていません」(レミたん)

Tik Tokを始める前まで、動画の撮影や編集を全くやっていなかったそうです。

「よく結婚式のためにビデオを作ることとかあるじゃないですか。単純なイメージとして『面倒くさそうだな』と思っていました。けど、Tik Tokを始めたら、度ハマりしちゃって。撮影や編集をどうしようかアレコレ考えたり、照明の当て方も勉強して工夫したりしています。悲しい雰囲気を出したい時には、あえて明かりを落として横からライトを当てて、影が出るようにするとか。そういうところまでこだわるのはもちろん、それを学ぶのがすごく楽しいんです」(レミたん)

ご存じのように、レミたんこと、土井レミイ杏利さんは、ハンドボール日本代表選手としても活躍中! 彗星JAPANの主将としての意気込みや、愛用しているシューズのインタビューを、DIME 7月号(5月13日発売)のスポーツギア特集でたっぷりと掲載します。そちらもぜひお楽しみに!

好評発売中!DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」

現在発売中の「DIME」6月号の特別付録は、動画の視聴、撮影、配信までいろいろ使える「スマホLIVEスタンド」。

6.5インチまでのスマートフォンをがっちりホールドできるスマホスタンドで、ホールド部分が360度の首振りに対応しており、しかも、高さが無段階で22cm〜32cmまで調節できるスグレモノ。

テレワークをしながら、ソファに座りながら、お風呂に入りながら、ヨガをしながら、キッチンで料理をしながら、といった形で、好きな角度、好きな高さで動画を視聴できるのがうれしい。特に、テレワーク時にオンライン会議用に使ったり、サブモニターとして使えるのもポイントだ。

もちろん、視聴するだけでなく、動画を撮影する時も好きな場所に、好きなアングルで固定設置できるのが便利。ゴルフスイングの練習用に、あるいは、料理のレシピ動画のふかん撮影用にも使えるほか、TikTokやInstagramなどに投稿する動画を撮影したり、そのままライブ配信したりする時にも便利。

また、食事を作る時にキッチンに置いてスマホをセットすれば、ちょうどいい高さでレシピ動画を見ながらが料理ができる。また、360度の首振りにも対応しているので、自身が作った料理のレシピ動画も簡単に撮影できる!

さらには、お気に入りの模型やフィギュアをこのスタンドに固定して撮影したり、あるいは、スマホを固定して簡易的なドライブレコーダーとして使うことも可能だ。

詳しい情報はコチラ → これは便利!動画の視聴、撮影、配信に使えるDIME最新号の付録「スマホLIVEスタンド」の活用法

取材・文/田尻 健二郎
撮影/タナカヨシトモ

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。