人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

払いすぎているケースも!節約したい人は知っておきたい火災保険の見直しポイント

2021.04.29

春の引っ越しシーズンを終え、新たに自宅の火災保険に加入した人も多いのではないだろうか。しかしある調査では、居住環境の災害や事故リスクが低いにも関わらず補償内容が超過しているケースが約7割にも上ることが分かった。最近ではコロナ禍による家計内の節約ムードなどもあるため、払い過ぎは避けたいものだ。

そこで払い過ぎや不足の補償を見極める方法や子育て家庭が押さえておくべき補償や節約方法を紹介する。

火災保険に起こりがちな補償内容の過不足

ソニー損保が2021年3月に出したリサーチレポート「戸建派VSマンション派の火災保険実態調査」によると、過去5年間に引越しをして火災保険に加入した戸建居住者500名、マンション居住者500名のうち、「水災」「水濡れ」「盗難」の3つのリスクに対して補償内容が「いずれも過不足なく適正」と判断される人は戸建派・マンション派ともに約1割にとどまった。つまり約9割の人には、何らかの過不足があるということになる。

「いずれかで不足」は、戸建派34.2%、マンション派25.0%で、「いずれかで超過」は戸建派75.4%、マンション派71.6%という結果だった。

では、どのリスクに対する補償内容に過不足があるのか。

上記のように、戸建派は「水濡れ」補償の超過が最も多く70.6%、マンション派は「盗難」補償の超過が最も多く52.2%にも上った。

火災保険の払い過ぎと過不足を防ぐポイント

もし自分が今加入している火災保険に補償の超過や不足があったなら、すぐにでも見直したいところだ。そこでソニー損保が提案している、火災保険の補償の見直しポイントをチェックしておこう。

●戸建

1.水災

国土交通省「わがまちハザードマップ」を元に 「洪水」「土砂災害」「津波」「高潮」のリスクを確認する。いずれかのリスクに色付きがあればリスクが高く、なければリスクが低い。

2.水濡れ

2階以上にトイレ以外の水回り設備があればリスクは「中」程度。なければリスクが低い。

3.盗難

ホームセキュリティーに加入していればリスクが低く、加入していなければリスクが高い。

●マンション

1.水災

国土交通省「わがまちハザードマップ」を元に「洪水」「土砂災害」「津波」「高潮」のリスクを確認する。いずれかのリスクに色付きがあれば、2階以下ならリスクが高く、3階以上ならリスクが低い。色付きがなければリスクが低い。

2.水濡れ

最上階ならリスクは低い。最上階以外ならリスクは高い。

3.盗難

オートロックありならリスクが低く、なしならリスクが高い。

これはあくまで一般的な事故の発生頻度を元に判断したものであり、実際の火災保険加入におけるリスク判断は、加入する居住環境等によっても変化するため、自分の判断で選択を行う必要がある。

しかし見直しの際に、ある程度は目安になるだろう。

ファイナンシャルプランナーが教える子育て家庭向け火災保険見直し・節約のポイント

ここで、親子にお金の知識を教えているファイナンシャルプランナーの山崎美紗さんに、子育て家庭の火災保険見直しや節約のポイントを聞いた。見直しの際にはヒントにしてみよう。

【取材協力】
山崎美紗さん
ファイナンシャルプランナー、1級FP技能士(国家資格)、CFP(国際ライセンス)、チャイルドカウンセラー、整理収納アドバイザー
学校では教えてくれない、でも、生きるために必要な「お金の知識」を親子で楽しく学べるよう、ワークショップや執筆活動を積極的に行う。プライベートでは、小学生と幼稚園児の2男児に「お金の知識」を身につける方法を日々実践中。
Blog
ライフプランの窓口 FPお役立ちコラム

●子どもが触りそうな家電・家具には補償をつけておく

「特にお子さんが小さいうちは、子どもがテレビに物を投げて壊してしまった、賃貸で壁や床にキズをつけてしまったなど、思いもよらないことが起きますよね。そんなときに、火災保険に加入していれば保険が下りる可能性があります。家財の補償額の目安は、一般的に夫婦と子ども2人の4人家族で1,000万円前後といわれているので、特に、子どもが触りそうなテレビ、PC、洗濯機、ビデオカメラなどの家電、ソファ、テーブル、学習机などの家具には補償をつけておくと安心ですね」

●特約「個人賠償責任保険」で自転車事故に備えておく

「子どもが自転車で人にケガをさせる心配もあります。そんなときには火災保険に特約として付けられる『個人賠償責任保険』で備えることができます。注意なのが、他の保険と補償内容が重複してしまうこと。必ず確認しておきましょう」

●節約なら長期契約を

「火災保険を節約したいのなら、1年後ごと更新ではなく、最長10年の長期契約がおすすめです。なぜなら保険料がお得になることが多いためです。万一、途中で解約しても未経過分の保険料は戻ります。ただし、火災保険は安ければ安いほど良いといったわけではなく、必要な補償を必要な分だけ付けることが大切です。

ちなみに不動産屋さんに勧められる火災保険は手数料を上乗せされていることもありますので、ご自分で建物構造や家族状況に合った火災保険に加入することをおすすめします」

●「特約」を付けたら解約時に注意

「子育て家庭に限らずですが、火災保険の見直しの注意点として、火災保険の主契約を解約すると特約も一緒に消滅してしまいますので、特約を付けている場合は注意しましょう」

今回紹介した内容にピンときた人は、火災保険を見直すチャンスかもしれない。まずは補償の超過と不足からチェックしてみよう。

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。