小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

緊急事態宣言が明けたら出かけたい!お台場、六本木、日本橋のアート施設3選

2021.04.25

今年のゴールデンウィークは、注目の施設に鑑賞しに出かけるのもいいだろう。お台場、六本木、日本橋にある注目の比較的新しいアート施設を3つ紹介する。

★本記事は、緊急事態宣言の発令前に作成した記事であり、各展示は緊急事態宣言を受け、臨時休館(休業)となっております。再開のめどなど、詳しくはHPなどでご確認ください。

新施設も!注目の都内アート施設3選

1.「Venus of TOKYO」(お台場)

日本初の常設イマーブシアターが、東京・お台場ヴィーナスフォートに2021年4月29日(木・祝)より一年間オープンする。イマーブシアターとは、“体験型”の公演で、2000年からロンドンで始まりニューヨークを中心に人気を博している。観客が自らの意思で歩き、演者と同じ作品空間に同居しながら物語の一部として作品に参加する、新しいスタイルとなる。

このイマーブシアターを日本で先駆的に上演しているダンスカンパニー「DAZZLE」がプロデュースしている。

DAZZLE

上演される作品のストーリーは、招待制の秘密クラブのオークションに、黄金の林檎がにぎられていたという伝説のある「ミロのヴィーナスの失われた左手」が出品されるという噂から始まるミステリーで、参加する観客の行動によって登場人物たちの運命が変わるマルチエンディングストーリー。デジタル演出や音響、衣装などは国内外で活躍する一流のクリエイターたちが参画し、これまでにない演劇を楽しめそうだ。

株式会社DAZZLEの代表取締役 飯塚浩一郎氏は、今回、「世界に誇れる作品」「この作品のために旅をする価値のある作品」を作ろうとしており、クオリティの高さと常設公演であることは欠かせないものとなったとコメントしている。

また、イマーブシアターは「鑑賞」から「体験」へとアートやエンターテインメントの潮流が大きく動く中、“究極の作品体験装置”と表現。緻密に計算され尽くした構成の中に、最新テクノロジーによる演出と激情のダンスをつめこんだかつてない幻想の世界となっているという。

株式会社DAZZLEの代表取締役 飯塚浩一郎氏

これまで体験したのことのない新しいエンターテイメントを楽しむことができそうだ。

●Information
「Venus of TOKYO」
開催日:2021年4月29日(木・祝)から約一年間
所在地:お台場ヴィーナスフォート2F「Venus of TOKYO」(教会広場前)
東京都江東区青海1-3-15
https://venus-of-tokyo.com/

※緊急事態宣言を受け、2021年5月11日(火)までお台場ヴィーナスフォートの休館に伴い、本公演も休止。公開日は2021年5月12日(水)からの予定。

2.「チームラボ & TikTok, チームラボリコネクト:アートとサウナ」(六本木・けやき坂下)

チームラボによる「TikTok チームラボリコネクト」は、サウナとアートが同時に楽しめる、これまでにない新しいスタイルの展覧会だ。2021年3月~8月までの半年間限定で、東京・けやき坂下にオープンしている。

高級な場所でアートを見るのではなく、自分が最高級な状態になってアートを体験するというコンセプトのもと、サウナ・冷水・休憩を繰り返す超温冷交代浴によってもたらされる、脳科学的にも非常に特殊な状態「ととのう」を目指す。「ととのう」状態になると、感覚が鋭くなり、頭はすっきりし、美しいものは、よりいっそう美しく感じられ、普段の感覚では気がつかない体験を得ることができるという。

アート浴エリア、冷水エリア、サウナエリアでの鑑賞のほか、会場の外に出て外気浴をするためのAR作品もTikTokと共同制作した。

公開されている作品は、チームラボの新たなアートプロジェクト「Supernature Phenomenon」をテーマにした新しい作品群を含む、複数の作品。「Supernature Phenomenon」とは、自然界の法則を超えた現象を意味する「超自然現象」と、それによる認知そのものの変化をテーマにしたプロジェクトだという。

担当者は今回の展示について次のようにコメントする。

「TikTokチームラボリコネクトは、国際的に権威のある美術館や宮殿といった高級な場所でアートを見るのではなく、サウナによって、自分自身が最高級な状態になってアートを体験する、新しい形の展覧会。超温冷交代浴によって脳を開き、作品『空中浮揚』など超自然現象を眺めていると、仮瞑想のような、自分が持っていかれるような感覚になり、世界の見え方が変わっていく。その体験を通してすべてが連続していることにほんの少しでも気づいてもらいたいと思っております」

自ら最高の状態になって作品を鑑賞すれば、何らかの新たな発見がありそうだ。

●Information
「チームラボ & TikTok, チームラボリコネクト:アートとサウナ」
開催日:2021年3月22日(月)-2021年8月31日(火)
※5月12日、13日、14日は、女性限定入場のレディースデイを開催。
所在地:東京都港区六本木5丁目10-25
https://reconnect.teamlab.art/jp

※緊急事態宣言を受け、2021年4月25日(日)よりしばらくの期間、臨時休館。営業開始日は未定。

3.「アートアクアリウム美術館」(日本橋)

かつては夏季限定だったアートアクアリウムが2020年8月28日(金)に美術館として常設オープンした。現在、春の特別企画「桜金魚 舞い泳ぐ」が5月9日(日)まで開催されている。

アートアクアリウム美術館は、アート・デザイン・エンターテインメントとアクアリウムを融合させた新感覚の美術館。テーマごとにエリアが分かれており、江戸時代の花街がイメージされる「花魁道中」、金魚が泳ぐ等身大以上の水柱が森のように立ち並び、季節によって変わる3D映像を映し出す「金魚の杜」などのほか、飲食エリアもある。

期間限定の特別企画「桜金魚 舞い泳ぐ」では、⽇本の春を象徴する桜をモチーフにした、様々な作品展示や空間演出が行われる。桜錦、桜琉金、桜東錦、桜だるま琉金などの桜にちなんだ品種の金魚が多数集結するほか、会場全体が桜色の春一色に染まる。また館内の「水戯庵ラウンジ」では桜をモチーフにした期間限定のスイーツ、ドリンクも味わえる。

担当者は今回の展示について次のようにコメントする。

「今回、アートアクアリウム美術館として、初の春の特別企画となっています。新型コロナウイルス対策を万全に期した上で、春の装いでみなさまをお迎えします。また、現在のコロナ禍における特別対応としまして、会場内での動画撮影を期間限定で可能としました。ぜひ、会場で作品と向き合うと共に、ご自宅にもアートアクアリウムの感動を持ち帰って、癒しとやすらぎを感じていただけたらと思います。アートアクアリウムらしい幻想的な春の世界をお楽しみください」

今だけしか味わえない、春の幻想的な世界にどっぷり浸ってみるのも良さそうだ。

●Information
「アートアクアリウム美術館」
所在地:東京都中央区日本橋本町1-3-9
https://artaquarium.jp/

春の特別企画「桜金魚 舞い泳ぐ」
開催日:2021年3月6日(土)~5月9日(日)
https://artaquarium.jp/floor/special_exhibition/spring2021/

※緊急事態宣言を受け、4月25日(日)~5月11日(火)は臨時休業。発令等により、休業期間は変更になる可能性あり。

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。