人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

M1チップとミニLEDディスプレイでMacを凌駕する新型「iPad Pro」の完成度

2021.04.23

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/04/apple-unveils-new-ipad-pro-with-m1-chip-and-stunning-liquid-retina-xdr-display/

米アップルは新型iPad Proを発表した

M1チップや新方式ディスプレイなど、完全に内容が刷新されている

外部接続の拡張にも注目だ

Macと同じプロセッサを搭載

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/04/apple-unveils-new-ipad-pro-with-m1-chip-and-stunning-liquid-retina-xdr-display/

新型iPad Proではこれまでの「Aシリーズ」プロセッサではなく、アップルが独自に開発した「M1チップ」を搭載している。同プロセッサは最新のMacBook ProやMacBook Air、Mac miniなどに搭載されているが、同等のプロセッサを小さなタブレットに搭載したというのだから驚きだ。

これにより、全モデルのA12Z Bionicと比較してCPUパフォーマンスが最大50%、8コアGPUのパフォーマンスは最大40パーセント高速になった。また16コアのApple Neural Engineや最大16GBのメモリ、最大2TBかつ2倍高速なストレージなど、他のタブレット端末を圧倒するだけでなくMac相当のパフォーマンスを手に入れた。

さらにM1チップは電力効率も高く、iPadOSと組み合わせることで1日中の利用が可能となっている。高性能なのに省電力という、実現不可能かと思われていた要求にも応えられるのが新型iPad Proなのだ。

初のミニLEDディスプレイを採用

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/04/apple-unveils-new-ipad-pro-with-m1-chip-and-stunning-liquid-retina-xdr-display/

新型iPad Proの12.9インチモデルでは、「Liquid Retina XDR」ディスプレイを搭載している。これはディスプレイの背面全体に1万個以上のLEDを搭載した「ミニLED方式」のディスプレイとなっており、アップル製品への採用は初めてだ。

この新方式のディスプレイの採用により、最大1000ニトのフルスクリーン輝度と1600ニトのピーク輝度、100万対1のコントラストを実現。例えば実物のようなHDRコンテンツの閲覧だけでなく、編集にも大いに活躍できる。

また本体前面には、1200万画素のTrueDepth超広角フロントカメラを搭載。これによりユーザーの動きを自動でフレーム内に収め続ける「センターフレーム」機能を実現している。リモートワークや離れた場所に住む家族とのビデオ通話に活用できるはずだ。

接続機能も大幅強化

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/04/apple-unveils-new-ipad-pro-with-m1-chip-and-stunning-liquid-retina-xdr-display/

iPad Proのセルラーモデルは5G通信に対応。外出先でも高速なインターネット接続が利用できる。さらにアクセサリの接続用には、最高40Gbpsの通信速度を実現したThunderboltポートを採用。これにより、高速ストレージや高解像度ディスプレイとの接続を可能にしている。

周辺機器に関してはこれまでと変わらず、スタイラスの「Apple Pencil」とキーボード付きカバーの「iPad Pro用Magic Keyboard」を用意。なお、iPad Pro用Magic Keyboardではホワイトカラーが新たに登場している。

新型iPad Proは4月30日から公式サイトにて注文を開始し、5月後半から販売される。価格は11インチiPad Proが9万4800円からで、12.9インチモデルが12万9800円から。高性能プロセッサと新方式ディスプレイにより、Macをも上回る体験を実現した新型iPad Proだが、そんな高性能デバイスを持ち運べるとはいい時代になったものである。

文/塚本直樹

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。