人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これがMacのニューノーマル!テレワークで使いたいM1チップを搭載したアップルの新型「iMac」

2021.04.24

Apple「iMac」

Appleが新しいiMacを発表した。

新しいiMacは、さらに薄くてコンパクトなデザインで、システムオンチップアーキテクチャとM1の驚異的な電力効率により、ロジックボードと熱管理システムが劇的に統合され、一世代前と比べて大きさが削減されている。

横から見ると、iMacがまるでそこにないように思えるほど。はるかにコンパクトになったデザインによってiMacの体積が50パーセント削減されたことで、場所を取らなくなり、より多くの場所に置きやすい。

グリーン、イエロー、オレンジ、ピンク、パープル、ブルー、そしてシルバーという多彩なカラーをそろえ、新しいiMacのデザインはあらゆる空間を好みに合わせてレベルアップさせる。

シンプルなデザインを完成させるため、iMacには磁石で取り付けられる新しい電源コネクタと、美しく編み込まれた同色の2メートルのケーブルが付属する。

美しい24インチ4.5K Retinaディスプレイ

新しいiMacは、これまでよりも狭い外枠と1,130万ピクセルを備えた、広々とした24インチ4.5K Retinaディスプレイを採用。

P3の広色域と10億以上の色、そして500ニトの輝度により、画像は明るく、よりあざやか。この新しいディスプレイはTrue Toneテクノロジーを搭載し、周囲の状況が変わると自動的に色温度を調整するため、今まで以上に自然な視覚体験が可能になる。

さらに、新しいiMacの4.5K Retinaディスプレイは、業界をリードする低反射のコーティングによって、快適さと読みやすさが大幅に向上した。

M1の画期的なパフォーマンスがiMacに

M1とmacOS Big Surのパワーとパフォーマンスにより、新しいiMacはスリープから瞬時に起動し、アプリケーションが驚くような速さで起動。

Safariでは、ユーザーはより速く閲覧することができ、一度に数百ものタブを立ち上げられる。写真アプリケーションでは、画像をすばやく編集。

Apple Arcadeでは、iMacの大きなディスプレイで作業しながら、独占公開のゲームを楽しめる。ユーザーはiPhoneとiPadの様々なアプリケーションをワークフローが途切れることなくiMac上で使用することも可能だ。

macOSが提供するパワフルなiCloudと連係機能によって、ユーザーはiMac、iPhone、そしてほかのAppleデバイスを自由に行き来して作業できる。

新しいiMacは、macOS Big Surの体験を究極にまで高める。洗練されたデザインによって、新しいレベルのパワーと美しさがMacに備わり、ユーザーは広々とした24インチの4.5K Retinaディスプレイを存分に体験。macOS Big Surではユーザーがコントロールできることが増え、Safariやメッセージ、マップなど、主要アプリケーションで多くの機能が強化されている。

M1のパワフルな8コアCPUは、省電力シリコンにおいて最速のCPUコアを備えている。また、8コアGPUはパーソナルコンピュータでは最速の統合型グラフィックスを備えている。

さらに高効率のユニファイドメモリアーキテクチャと16コアのApple Neural Engineが組み合わさって、新しいiMacは21.5インチiMacの標準的なモデルに比べて次のような点でパワフルなパフォーマンスを発揮。

・CPUパフォーマンスが最大85パーセント高速になっているため、ユーザーはiMovieでお気に入りのビデオプロジェクトを今までよりも高速で書き出す。Lightroomで100メガピクセルという大きな写真を扱うのも簡単で、Xcodeでは新しいアプリケーションを瞬時にコンパイル。

・GPUパフォーマンスは、Affinity PhotoやPhotoshopといった特定のアプリケーションでは、最大で2倍速くなっている。さらに最速の21.5インチiMacの最もパワフルなディスクリートグラフィックスより最大50パーセント速い。ユーザーは編集をリアルタイムでレンダリングしたり、複雑なフィルターを瞬時に写真に追加できる。

・Final Cut Proでは、4Kビデオストリームを最大で5本、8Kビデオストリームなら1本を、1フレームも落とさずに編集可能。

・機械学習は、M1の16コアNeural Engineを活用するアプリケーションでは、最大3倍高速になっている。

Mac史上最高のカメラ、マイク、スピーカー

iMacは、Mac史上最高の1080p FaceTime HDカメラを搭載しているため、明るさの足りない場所でも高品質のビデオを撮影でき、優れたパフォーマンスを発揮。また、iMacではM1チップの画像信号プロセッサとNeural Engineを活用。

より優れたノイズ低減、ダイナミックレンジの拡大、自動露出とホワイトバランスの改善によって、カメラの画質を強化している。そのため、家族と話す時も、自宅勤務時のビデオ通話でも、最高の自分を映し出すことができる。

カメラを補完する機能として、新しいiMacは、よりクリアな通話と音声録音のための、Mac史上最高のスタジオ品質の3マイクアレイを搭載。マイクは、システムのほかの部分からの反響を減らすように配置され、指向性ビームフォーミングによって、従来より背景のノイズを拾わないため、ユーザーの声に焦点を当てる。このため会話がより自然になり、録音は透き通るほどクリアだ。

新しいiMacは、Mac史上最高のサウンドシステムも搭載。意図しない振動を軽減しながら、素晴らしい低音域レスポンスを生み出すために、2組のフォースキャンセリングウーファーが並べて配置。

高性能ツイーターで各組のバランスを取っている。その結果、6スピーカーシステムによる重厚なサウンドステージが生まれ、強く、はっきりした低音域と透き通るほどクリアな中高音域を実現した。

これらすべてのスピーカーのイノベーションと高度なアルゴリズムを組み合わせることで、iMacはビデオをドルビーアトモスで再生する際に、空間オーディオに対応。美しい4.5KのRetinaディスプレイとの組み合わせによって、iMacはあらゆる空間を驚くような映画鑑賞体験に変化させる。

何千ものユニバーサルアプリケーションが利用可能

現在、M1とmacOS Big Surの力を最大限に活用した何千もの人気の高いパワフルなユニバーサルアプリケーションが提供され、Photoshop、Twitter、Microsoft Office、Quicken、Slack、Affinity Publisher、Zappos、1Password、DaVinci Resolveなど、その数は毎週増えている。

M1とmacOS Big Surのパワーと、何千ものユニバーサルアプリケーションによって、iMacはオフィスを映画館に、リビングを教室に、キッチンを会議室に変えることも、店舗スペースの中心として活躍することもできる。

本体と色を合わせたアクセサリと共に、Touch IDがiMacに登場

美しいアルミニウム製筐体のMagic Keyboardは、iMacの色に合わせて3つのモデルから選ぶことができる。そして、Touch IDがiMacに初めて登場。

Touch IDは、Magic Keyboardにワイヤレスで実装され、キーボード上の専用のセキュリティコンポーネントを使用。M1のSecure Enclaveに直接つながり、エンドツーエンドで指紋データを守るため、暗号化されたチャンネルを作る。

このため、Apple Payでの支払いも、iMacのロック解除も、速くて簡単そして安全。さらにTouch IDはファストユーザスイッチにも使えるので、指で押すだけで違うユーザーのプロファイルに変更することができる。

Touch IDとテンキーの付いたMagic Keyboardのほか、色を合わせたMagic Mouse、業界で圧倒的な存在のMagic Trackpadも選ぶことができる。

データやデバイスための最先端の接続性

すべてのiMacは超高速データ転送用の2つのThunderboltポートを備え、より多くのデバイスに接続するための高機能な選択肢を提供。Apple Pro Display XDRのような最大6Kのディスプレイにも対応。また、Wi-Fi 6でワイヤレス通信のパフォーマンスがより高速になる。

8コアのiMacは、追加で2つのUSB-Cポートを提供し、1GbpsのEthernetポートを電源アダプタに装備しているため、机の上が散らからない。

価格と販売については、新しい24インチiMacは、4月30日(金)からapple.com/jpとApple Storeアプリケーションで注文開始。製品の提供と、一部のApple Store直営店およびApple製品取扱店での販売は5月後半から開始。

7コアGPU搭載のiMacは、154,800円(税込)から、学生・教職員価格では148,800円(税込)からとなり、色はグリーン、ピンク、ブルー、シルバーから選べる。

8コアCPU、8GBユニファイドメモリ、256GB SSD、2つのThunderboltポートを搭載し、Magic KeyboardとMagic Mouseが付属している。

8コアGPU搭載のiMacは、177,800円(税込)から、学生・教職員価格では165,800円(税込)からとなり、色はグリーン、イエロー、オレンジ、ピンク、パープル、ブルー、シルバーから選べる。8コアCPU、8GBユニファイドメモリ、256GB SSD、2つのThunderboltポートと追加で2つのUSB 3ポート、Ethernetを搭載し、Touch ID付きMagic KeyboardとMagic Mouseが付属している。

関連情報:https://www.apple.com/jp/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。