人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コンパクトなボディーに伝統と革新を凝縮!ミニマムラグジュアリーの先鋒、キャデラックの新型SUV「XT4」

2021.04.23

 約120年という長きにわたって伝統を守りながら革新を続けるアメリカン・ラグジュアリー・ブランドがキャデラックだ。かつては豪華絢爛なフルサイズセダンで世のセレブリティを魅了し、最近ではコンパクトからミドルクラスを含めたラインナップを充実させて新たな顧客層の獲得を狙っている。近年、特に積極的なのはSUVの拡充で、ここ日本では昨2020年にクロスオーバーSUV「XT6」の販売が開始され、今年に入ってからはフラッグシップの「エスカレード」とコンパクトSUV「XT4」が登場。そのXT4をさっそく都内で試すことができた。

アメリカン・ラグジュアリーの現代的解釈

 この新型コンパクトSUVのサイズは全長4,605×全幅1,875×全高1,625mmで、兄貴分のXT5よりもひと回り小さく、本国アメリカでも人気のトヨタRAV4と同等のディメンションを持つ。社内の若手デザイナーチームによるスタイリングはコンパクトモデルらしい躍動感に溢れ、そこに折り目正しいプレスラインを取り入れるなど、新しさのなかに格調の高さを織り交ぜた現代的なエレガンスが表現されている。この点は歴史あるブランドにしか成し得ない仕立てと言えるだろう。

 室内に目を向けると、シートはもちろん、センターコンソールやダッシュパネルも含めて本革をメインに用いた上質な空間が整っている。なによりキャデラックらしいのは、伝統的な設えのなかに多くの最新アイテムが装備されているところだろう。タッチスクリーンを主体としたインフォテイメントシステム“CUE”やクラウドストリーミングナビ、良好な後方視界を確保するリアカメラミラーなどは、XT4の使い勝手の良さを力強く後押しするアイテムだ。

積極的な技術投入で実現するサスティナビリティ

 XT4に搭載される2ℓ直列4気筒ツインスクロール・ガソリンターボエンジンは低回転域からトルキーで非常に扱いやすい。フットワークは軽く、実際のサイズよりもコンパクトに感じられるから、左ハンドルのみの設定ながら取り回しに不便は感じなかった。組み合わされる自社製9速オートマチックトランスミッションとツインクラッチ式電子制御4WDは、ドライバビリティの向上とともに高い経済性と環境性能を狙ったもの。9速ATは常に最適なギアを選ぶことができ、4WDシステムは走行状況に応じて瞬時に駆動力を配分。エンジン自体には気筒休止システムも備わる。つまり走る際の無駄を最小限に抑えることを徹底しているのだ。

 アメリカンV8をはじめとする大排気量モデルの頼もしさは、それはそれで魅力的だったものの、いまは何よりサスティナビリティを大事する時代。積極的な技術投入はユーザーの利便性を高めるだけでなく、ラグジュアリーブランドとしての矜持を守るものでもある。キャデラックというブランドの歴史に敬意を払いつつ、新技術の積極採用という挑戦も疎かにしていないXT4は、コンパクトSUVの未来を牽引する、ミニマムラグジュアリーの先鋒といえるだろう。

(XT4スペック)
価格:570〜670万円
全長×全幅×全高:4,605×1,875×1,625mm
エンジン:直列4気筒ターボ 排気量:1,997cc
最高出力:230ps(169kW)
最大トルク:350Nm
駆動方式:4WD

XT4のデザインは社内の若手チームによるもので、スタイリッシュかつ躍動感に溢れる。

プレミアム(570万円)、プラチナム(670万円)、スポーツ(640万円)の計3グレードを用意。

ダッシュパネル等もレザーで覆われる、清潔かつ上質な設えのキャビン。

荷室容量は637〜1,358ℓ。両手が塞がっていても開閉できるハンズフリーパワーゲートを装備。

全グレード共通の2ℓ直4ターボは230ps/350Nmを発生。気筒休止システムを組み合わせる。

装備のほかにも外装のクローム処理やタイヤサイズ等がグレードによって異なる。

文・写真/桐畑恒治(AQ編集部)
自動車専門誌『CAR GRAPHIC』で編集記者として取材・執筆から進行管理のデスク業務を担当したのち、ライター・エディターとして独立。専門知識を軸に読み手の知的好奇心を刺激する記事の執筆を心がける。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。