人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

治療薬、症状、行動、子育て世代は知っておきたいADHDの基礎知識

2021.04.26

@DIME記事の中からADHDに関する記事4本を厳選して紹介。

ADHD

米FDAが10年ぶりに子ども向けのADHD治療薬を承認

米食品医薬品局(FDA)は4月2日、6~17歳の注意欠如・多動症(ADHD)患者の治療薬として、米Supernus Pharmaceuticals社が製造するQelbreeを承認したことを発表した。FDAによるADHD治療薬の承認は10年ぶりである。 米疾病対策センター(CDC)によると、米国では約600万人の子どもがADHDと診断されている。

【参考】https://dime.jp/genre/1123995/

ママの2人に1人が子どもの性格や行動に不安があると回答。不安の内容TOP3、3位泣き虫、2位集中力がない、1位は?

子育ての仕方の問題?それとももしかしてADHD? 保育園や幼稚園、小学校などで、自分の子どもが周りの子たちより“落ち着きがない”と感じている保護者は案外多いのではないだろうか。 nanairoが幼児~小学校低学年の子を持つ保護者1,120人に、「お子さまの性格や行動に不安はありますか?」と質問したところ、「はい」という回答が54.8%と、「いいえ」の45.2%を上回る結果となっている。

【参考】https://dime.jp/genre/863906/

ADHD治療薬で男児の脳に影響を与える可能性、アムステルダム大学研究

注意欠如・多動症(ADHD)の治療で有効性が示され、汎用されている薬剤の一つであるメチルフェニデート(商品名リタリン、コンサータ)が、ADHDを有する男児の脳白質に影響を与える可能性があることが、アムステルダム大学(オランダ)のLiesbeth Reneman氏らによる新たな研究で示唆された。研究の詳細は、「Radiology」8月13日オンライン版に掲載された。

【参考】https://dime.jp/genre/764447/

うちの子ってもしかして…8割の人が知らない「ADHD」の症状改善に役立つ成分

ADHD(多動性症候群)とは、年齢あるいは発達に不相応な注意力、衝動性、多動性の問題から社会活動や学業に支障をきたし、その状態が6ヶ月以上継続している状態を指す。 保育園や幼稚園、小学校などで、自分の子どもが周りの子どもたちよりも落ち着きがないと感じ、「もしかして……」と疑う保護者の方も多いことだろう。

【参考】https://dime.jp/genre/818251/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。