小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2020年の国内eスポーツ市場は前年比109%の66.8億円まで拡大

2021.04.23

ファミ通「2020年国内eスポーツ市場規模は前年比109%の66.8億円に」

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、 日本国内におけるeスポーツ市場動向について、 2020年の市場規模および内訳、 2024年までの成長予測、 ファン数(試合観戦・動画視聴経験者)の推移を発表した。

2020年国内eスポーツ市場規模は前年比109%の66.8億円に

2020年の日本eスポーツ市場規模は、 前年比109%の66.8億円となった。 「VALORANT」登場によるeスポーツタイトルのラインナップ強化、 「Shadowverse」、 「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS (PUBG)」、 「レインボーシックス シージ」、 「League of Legends」といった人気タイトルのオンライン大会開催により、 市場拡大が続いた。

また、 本調査では、 2020年から2024年までの年間平均成長率は約29%と予測。 eスポーツリーグブランド「X-MOMENT」発足や、 モバイルゲームeスポーツの勃興、 eスポーツファンの増加、 オンライン大会およびeスポーツ施設でのオフライン大会の定着、 他メディアからの広告流入がおもな伸長の要因となっている。

2020年日本eスポーツ市場の約7割を「スポンサー」が占める

2020年時点での日本eスポーツ市場の収益項目別割合をみると、 前年同様、 チーム・大会へのスポンサー料や広告費といった「スポンサー」の割合が多く、 全体の67.3%を占めている。

また、 大会やイベントのオンライン移行によりチケット収入が減少した一方、 大手配信プラットフォームの躍進により放映権の売買金額が上昇し、 放映権が前年から約2.5倍の19.2%となった。

2020年日本eスポーツファンは686万人に。 2024年には1461万人まで成長

2020年の日本eスポーツファン数(試合観戦・動画視聴経験者)は前年比142%の686万人となった。 巣ごもり需要を背景に、 大会やイベントのオンライン化による配信数および視聴時間の増加に伴ってファン数も増加傾向にある。

関連情報:https://www.famitsu.com/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。