小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

カメラに1インチセンサーを搭載!障害物検知センサーも強化したDJIの高性能ドローン「Air 2S」

2021.04.25

https://www.dji.com/jp/air-2s

DJIは新型ドローン「DJI Air 2S」を発表した

カメラ性能が大幅に強化されている

障害物検知や新たなインテリジェント機能にも注目だ

上位機種譲りの1インチセンサー

https://www.dji.com/jp/air-2s

DJI Air 2Sの最大の特徴は、カメラに1インチセンサーを搭載したことだ。一般的に、カメラのセンサーサイズは大きければ大きいほど高画質な撮影が可能になる。前モデルに相当する「Mavic Air 2」は1/2インチセンサーを搭載していたので、一気にセンサーサイズが2倍に大型化している。また1インチというスペックは、上位モデルの「Mavic 2 Pro」にも肩を並べるスペックだ。

DJI Air 2Sは1インチセンサーを搭載したことにより、低照度環境下での撮影性能が向上。優れた露出感度と幅広いダイナミックレンジを実現し、最大12.6ストップのダイナミックレンジでRAW撮影が可能となっている。

またセンサーサイズだけでなく、録画可能なフォーマットも進化。これまでの上限だった4K/60fpsを超え、5.4K/30fpsでの撮影が可能になった。より高解像度で撮影しておけば、後から不要な部分を切り出すトリミング編集をしても画質が低下しにくいというメリットがある。

賢い障害物回避を実現

https://www.dji.com/jp/air-2s

DJI Air 2Sは前方と後方、下方だけでなく、上方にも障害物検知センサーを搭載。進化した高度操縦支援システム(APAS 4.0)と組み合わせることで、木が立ち並ぶ林のような場所でもより能動的に障害物を回避することができる。

映像伝送システムには最新のO3(OcuSync 3.0)を採用。これに4アンテナ(2.4/5.8GHzのデュアル周波数帯)を組み合わせることで、最大12km(日本では最大8km)の範囲で1080p解像度の映像を伝送できる。

ドローンは他の飛行物へも注意を払う必要がある。DJI Air 2Sでは航行中の飛行機やヘリコプターが発するADS-B信号を受信し、DJI Fly アプリにそれらの位置を地図上に表示。そして音声と視覚の両方で、ユーザーに警告してくれる。

ボタンタップで映画のような撮影

https://www.dji.com/jp/air-2s

ドローンはどうしても操縦が難しそうというイメージが先行しがちだが、DJI Air 2Sでは「マスターショット」という新たな撮影モードがくわわった。これは被写体を選択しボタンをタップするだけで、10種類の異なるパターンの飛行動作を順番に実行しながら撮影。その後、映画のような短編動画を生成してくれるというものだ。

その他にも、時間と動きが早送りされるハイパーラプス映像、目の前の風景をより大きく詳細に捉えられるパノラマ撮影などが利用できる。

DJI Air 2Sの本体価格は11万9900円で、ショルダーバッグやNDフィルターセット、追加バッテリー x 2、補償プラン「DJI Care Refresh」などが付属する「Worry-Free Fly More コンボ」は16万5000円となり、すでに公式サイトから購入が可能だ。高画質な撮影はしたいけれど、大きなドローンは持ち運びたくない…そんなワガママを叶えてくれる、万能ドローンと言っても過言ではないだろう。

文/塚本直樹

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。