人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

保護者が選んだ子どもの受験に役立つYouTubeチャンネルTOP3、3位小島よしおのおっぱっぴーチャンネル、2位とある男が授業をしてみた、1位は?

2021.04.22

保護者が選ぶ受験に役立つYouTubeチャンネルランキング、2位「とある男が授業をしてみた」、1位は?

学校・学習塾の休校にオンライン授業への移行……。激動の2020年を経て、今年3月に受験が終了した。受験生のみならず、伴走役を務めた親御さんにとっても、この1年は戸惑いの連続だったことだろう。

では、こうした大きな環境の変化の中、中学受験に挑んだ親子たちは自分たちが選んだ受験塾にどれくらい満足し、また、「受験に役立つYouTubeチャンネル」としてはどのチャンネルを主に視聴していたのだろうか?

スクール専用業務管理&コミュニケーションアプリ「Comiru(コミル)」ではこのほど、中学受験を終えたばかりの子どもを持つ保護者を対象に、「コロナ禍における受験塾の満足度・選び方調査」を実施した。詳細は以下の通り。

コロナ禍での学習塾への満足度

■全項目で7割以上の人が「非常に満足している」「満足している」と回答

中学受験時に通っていた学習塾に対する満足度を各項目でそれぞれ段階的に聞いた。コロナ禍初の受験だったが、学習塾の授業や対応、衛生対策などに不満を感じている人は少なかった。

■不満を抱える人が多い項目1位は「自宅学習」、2位「連絡・対応スピード」、3位「連絡手段」

授業や衛生面と比較し、自宅学習やコミュニケーション面に不満を感じる人が多いことが浮き彫りに。オンライン授業に移行したことにより、子供が自宅で学習をするという習慣を根付かせることに苦労している保護者からの「自宅での勉強の管理をしてほしかった」という要望が現れていると考えられる。

■学習塾にさらなるサポートをしてほしいと感じたことは?

休校やオンライン授業への移行に伴い、子どもの自宅での学習時間が長くなっている。質問対応や自宅での学習環境整備などの負担が増えた保護者も少なくないだろう。

授業中のサポートはもちろん、自宅学習や連絡頻度・対応スピードなどの授業外のサポートまで学習塾に期待を寄せる保護者が多いことが推測できる。

■3人に1人が学習塾の切り替えを「実施・検討」。その理由は「オンライン授業の進行」「移行の遅さ」

受験生の保護者にとって学習の遅れは不満が溜まりやすい。オンライン授業に対応できないと、生徒・保護者の退塾をまねく可能性があることが浮き彫りになった。

さらに、授業だけではなく自宅での学習をサポートしてほしいというニーズも可視化された。学習塾は生徒・保護者の退塾を防ぐため、オンライン授業の整備と自宅学習のサポートに力を入れていくべきだろう。

来年受験する子ども・保護者に提言!コロナ禍での受験塾の選び方

■学習塾を選ぶ際に重視するべき項目1位は「カリキュラム」

価格や家からの立地で選ぶことを進める人は多くなく、子どもと授業・先生の相性、口コミを重視する人が多い。

■学習塾を選ぶ際に重視する口コミの内容は?

実績や結果ではなく、学習塾の環境を知ることができる口コミを重視している保護者が多いことがわかった。さらに、口コミは匿名でも「信用できる」「どちらかというと信用できる」という回答が8割以上。

すでに実績をHP上で掲載している学習塾は多い。しかしそれよりも実際に入塾したときの雰囲気や講師の評価などがわかるような口コミを収集・掲載することで、より多くの保護者に入塾を促すことができる可能性があるだろう。

また、受験対策に使用した総額の中央値は85万円で、小学6年生の1年間だけでも学習塾代に44万円以上費やしていることがわかった。

受験対策は学習塾以外でも!受験に役立つYouTubeチャンネル

受験期に子どもにYouTubeを「見せていた/見ることを許可していた」保護者は約4割で、最も人気のYouTubeチャンネルは「中田敦彦のYouTube大学(30.7%)」だった。

※Comiru調べ

<調査概要>
調査の方法:WEBアンケート方式
調査の対象:2020年度の受験を終えた、受験期に学習塾に通っていた子どもを持つ全国の保護者
有効回答数:300
調査実施日:2021年2月12日~16日
調査主体:スクール専用業務管理&コミュニケーションアプリ「Comiru」

出典元:株式会社POPER
https://poper.co

DIME5月号では「YouTube」を大特集!

なお、DIME5月号では、学べるYouTubeチャンネルを大特集! スキルアップや学び直しに使える実践的なYouTube チャンネルを一挙紹介しています。

セブンネットショッピングで購入 → https://7net.omni7.jp/detail/1225512761

※電子版には付録は同梱されません。

好評発売中!DIME最新号の大特集は「株投資の新常識」、特別付録は「スマホLIVEスタンド」

「DIME」6月号の特別付録は、動画の視聴、撮影、配信までいろいろ使える「スマホLIVEスタンド」。

6.5インチまでのスマートフォンをがっちりホールドできるスマホスタンドで、ホールド部分が360度の首振りに対応しており、しかも、高さが無段階で22cm〜32cmまで調節できるスグレモノ。

テレワークをしながら、ソファに座りながら、お風呂に入りながら、ヨガをしながら、キッチンで料理をしながら、といった形で、好きな角度、好きな高さで動画を視聴できるのがうれしい。特に、テレワーク時にオンライン会議用に使ったり、サブモニターとして使えるのもポイントだ。

もちろん、視聴するだけでなく、動画を撮影する時も好きな場所に、好きなアングルで固定設置できるのが便利。ゴルフスイングの練習用に、あるいは、料理のレシピ動画のふかん撮影用にも使えるほか、TikTokやInstagramなどに投稿する動画を撮影したり、そのままライブ配信したりする時にも便利。

また、食事を作る時にキッチンに置いてスマホをセットすれば、ちょうどいい高さでレシピ動画を見ながらが料理ができる。また、360度の首振りにも対応しているので、自身が作った料理のレシピ動画も簡単に撮影できる!

さらには、お気に入りの模型やフィギュアをこのスタンドに固定して撮影したり、あるいは、スマホを固定して簡易的なドライブレコーダーとして使うことも可能だ。

ご購入はコチラ→ 
アマゾンでの購入はこちらから

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。