人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

縁起のいい食べ物から一緒にできる工作まで!意外と知らない「こどもの日」の由来と過ごし方

2021.04.30

例年、『こどもの日』を何となく祝ってはいないでしょうか?古くから続く風習とともに縁起のいい食べ物について解説するので、由来や風習を詳しく知り、子どもに教えてみましょう。また、子どもと一緒にできるこどもの日の工作も紹介します。

「こどもの日」はどのような日?

まずは、『こどもの日』がどのような日なのか見ていきましょう。端午の節句との違いや5月5日になった理由についても紹介します。

参考:国民の祝日について - 内閣府

「端午の節句」と「こどもの日」の違い

『端午の節句』と『こどもの日』は、同じ日にちではありますが異なる行事です。

端午の節句は『古代中国で行われていた邪気払いをし、無病息災を願う行事が日本に伝わったもの』になります。一方、こどもの日は『子どもの人格を尊重し幸せを願うとともに、母親に感謝する日』として、国に制定された祝日です。

端午の節句を行っていた旧暦の5月は、雨季を迎える季節の変わり目で病気や災厄が増える時期だったことから、香りの強い菖蒲(ショウブ)を使って邪気払いをしていました。日本に伝わった後は宮中行事の一つでしたが、邪気払いに使われていた菖蒲が武道や武勇を重んじる『尚武』と音が同じことから、男の子の誕生や成長を祝う行事へと変化していったのです。

5月5日に祝う理由

こどもの日が5月5日になった理由は、端午の節句と深い関係があります。

『端午』は、『月の始めの午の日』のことです。しかし、『午(ご)』と数字の『5』が同じ音であることから、毎月5日を指すようになっていきました。午の日は毎年変わり分かりにくいことや語呂合わせのよさから、端午の節句は5月5日を指すようになったと考えられています。

鎌倉時代から江戸時代には武士が政治の中心になり、端午の節句も邪気払いから男子の成長や出世を願う祭りに変化していきます。

男子の成長を祝う端午の節句の日は、語呂合わせがよく分かりやすいという理由から『こどもの日』に決まり、1948年に国民の祝日として制定されました。

「こどもの日」にすること・風習

こどもの日には、どのようなことをするのでしょうか?伝統的な風習や由来を紹介します。

鯉のぼりを揚げる

よく知られている風習の一つが、江戸時代に始まったと考えらえている『鯉のぼり』でしょう。武家には男の子が誕生すると、家紋が入った『のぼり』を立ててお祝いをする風習がありました。しかし庶民は、のぼりを立てることができなかったため、代わりに鯉のぼりを揚げたのが始まりです。

鯉のぼりは、中国に伝わる『鯉の滝登り』の伝説が由来とされています。竜門と呼ばれる激しい滝を登り切った鯉が竜になったという伝説で、『立身出世』の願いが込められているのです。

もともとは黒の真鯉(まごい)のみが飾られていましたが、明治時代には赤の緋鯉(ひごい)が加えられ、昭和時代になってから青や緑の小鯉(こごい)も加えられました。

鎧や兜、五月人形を飾る

特に男の子がいる家庭では、鎧(よろい)や兜(かぶと)、五月人形を飾る家庭も少なくありません。武家社会で男の子の無病息災を願い、飾られるようになったのが始まりです。

五月人形は『身代わり人形』としての役割もあるため、兄弟でもそれぞれに用意しましょう。中には代々受け継がれている五月人形がある家庭もあるかもしれませんが、子どもの五月人形と一緒に飾るのは問題ありません。

飾る時期は特に決まっていませんが、遅くても1~2週間前には飾るようにしましょう。

菖蒲湯に入る

端午の節句に由来がある風習が、『菖蒲湯』です。端午の節句では、香りの強い薬草である菖蒲が邪気払いになると考えらえており、菖蒲湯も無病息災を願う意味があります。

菖蒲湯は、湯船に菖蒲を入れるだけと簡単です。花屋やスーパーで購入した菖蒲を10本程度束ねて、浴槽にお湯を入れるときに一緒に入れましょう。少し温度を高めにすると、より香りが強く出ます。

菖蒲を細かく刻んでネットなどに入れてお湯に入れる方法もあります。洗面器などに菖蒲が入ったネットを入れて熱湯を注ぎましょう。10分程度浸して、抽出液をネットごと湯船に入れます。

縁起のいい食べ物

風習に則って、縁起のいい食べ物を用意してみませんか?具体的にどのような食べ物があるのか紹介します。

関東の「柏餅」

関東で食べられている行事食が、江戸時代に誕生した『柏餅』です。餅であんこを包み蒸した和菓子で、カシワの葉で包んであるのが特徴です。

カシワの葉はもともと食べ物を盛る食器代わりに使われており、柏餅にも使われるようになったと考えられています。また、カシワの葉は新芽が出るまで葉が落ちないことから、子孫繁栄と結びつき縁起のよい木として定着したのも理由です。

主に関東での風習になったのは、関西にはカシワの木があまり生育していなかったことや、江戸では跡継ぎを重視する武家が多かったためと考えられています。

関西の「ちまき」

関西での行事食は、中国から伝わった『ちまき』です。ちまきの由来は、古代中国で民衆に愛されていた詩人『屈原(くつげん)』の供養にあります。

国の未来を悲観した屈原は、川に身を投げてしまいます。悲しんだ民衆は、命日である5月5日に川に供物を投げ入れました。しかし、供物が屈原に届く前に竜に取られてしまうことを知り、楝樹(レンジュ)の葉でもち米を包み、邪気を払う5色の糸で縛って投げ入れるようになったのがちまきの由来です。

これが5月5日にちまきを食べる風習に変化し、日本に伝来したのです。

成長を願う「タケノコ」

上に向かってすくすく育つ様子から、『タケノコ』を食べる地域もあります。真っすぐに元気に育ってほしいという願いが込められているのです。

5月はちょうど旬の時期なので、タケノコをふんだんに使った料理で食卓を囲むのもよいでしょう。代表的な料理としては、お吸い物や煮物などがあります。子どもでも食べやすい炊き込みご飯や天ぷらもおすすめです。

「ブリ」や「スズキ」などの出世魚

縁起のいい出世魚といわれている『ブリ』や『スズキ』などもよく食べられています。出世魚といわれている理由は、成長とともに呼び方が変わるためです。武家などでは、出世に伴い改名する風習があったことと関係しています。

ブリがブリと呼ばれるまでには、ワカシ・イナダ・ワラサと名前が変わります。スズキは、コッパ・セイゴ・フッコです。

小さい子どもも食べやすい少し甘めに仕上げたブリの照り焼きや、シンプルなスズキの塩焼きはいかがでしょうか。スズキは淡泊な味なので、ムニエルやアクアパッツァなど洋風の料理にもよく合うでしょう。

刺身でも食べられて人気の『カツオ』も『勝男』と書けることから、縁起のいい魚として食べられています。

子どもと一緒に作ってみよう

こどもの日は、家族みんなで楽しむ時間を設けてみませんか?小さな子どもと一緒にできる工作を紹介します。

新聞紙などで「兜」づくり

家にある新聞紙などを使った、簡単な兜の作り方です。紙とハサミだけで作れて、実際にかぶることもできるため、子どもも喜ぶでしょう。

  1. 新聞紙を横向きに広げ、斜めに三角形に折る(三角形の部分は、開くと正方形になっている状態)
  2. 新聞紙が重なっていない余った部分を切り取る
  3. 三角形の両端の角を頂点に合わせて折る
  4. 上下の向きを変えて、3で折った部分を再び四角形の頂点に合わせて折る
  5. 4で折った部分を斜めに半分程度折り返す
  6. 下の部分の上面の紙を上に2回折り上げる
  7. 最後に余った下の部分の紙を兜の中に折り込む

色を塗ったり、シールや切り抜きを貼ったりしてオリジナルの兜を作ることもできます。カラフルな折り紙や画用紙を使って作り、玄関やリビングなどのインテリアとして飾るのもよいでしょう。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。