人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

4000円でこのクオリティー!MPOWの完全ワイヤレスイヤホン「M30 PINK」はコスパ最強かもしれない

2021.04.29

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

ハイコスパなM30にピンクのカラバリが登場

アメリカのAmazon.comイヤホン・ヘッドホンカテゴリーでシェアNo.1を誇るMPOWは、ハイコスパで信頼性の高いブランドとして日本でも認知されつつある。完全ワイヤレスモデルで同社で最も低価格なM30は実勢価格約4000円。連続再生5時間、バッテリーケースで20時間分充電可能、Bluetooth5.0対応、コーデックはSBCとAACに対応する。アメリカで先行発売されていたM30 PINKが日本にも上陸したので、早速、その使い心地をチェックしてみた。

パッケージは紙製でシンプルなデザインを採用

フタを開けると淡いピンクのケースとイヤホンが現れた

MCSYNCで左右同時伝送を実現!

従来の完全ワイヤレスイヤホンは例えば左側が親機になり右側が子機で、親機が受けた信号を子機に送るというリレー方式で音楽信号を伝達していた。それを進化させたのが、左右同時伝送方式で左右のイヤホンでバッテリーの片減りを防ぎ、イヤホンの音切れもしにくくなるなどのメリットが生まれた。Bluetoothチップを作る大手メーカーであるクアルコムがいち早くTWS Plus方式で実現したが、iPhoneでは使えないとか、Androidではプロファイルの更新が必要だったりした。

MPOW M30の採用したMCSync方式はスマホ側の制約なしで対応可能で、iPhoneでも使えるのが有り難い。左右どちらでも片耳使用ができるので、ジョギングやワークアウトなどでも使用可能、もちろん電話の応答も片耳で、できるのだ。

イヤホンのフェイスプレートにはLEDが埋め込まれ赤や白に発光する

3サイズのイヤーチップとラバー製フィンがイヤホンを耳にしっかり固定

どんな音楽もたっぷりした低音に包まれる

M30 PINKの使い方はカンタンで充電できたらケースを開けてイヤホンを取り出すと自動的にペアリングモードになる。一度だけスマホ側でペアリングすれば、次回からは自動接続されるようになる。イヤホンのON/OFFも意識せずにケースから出す、ケースにしまうでOKだ。耳にしっかりフィットするのでANCがなくても遮音性は高い。操作はタッチセンサーを使い、感度は良好だ。

中低域に量感があるバランスだが、ボーカルも聞きやすく高域が刺さらないドンシャリと言える。低音は解像度より量感重視で、曲によっては不自然なので、気になる人は再生アプリ側でイコライジングすればいいだろう。ちなみに私も低域側をマイナス補正することでちょうどいいバランスに感じられた。iPhoneとの相性も良く、元々のまったりとした音が元気に再生されるようになった。U5000円で完全ワイヤレスイヤホンを探している、あるいは初体験してみたい人にオススメだ。

低音過多と思った人は音楽再生アプリのEQ機能などを使ってバランスを調整しよう

写真・文/ゴン川野

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。