小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今、買うならこれがイチ推し!360°オーディオ、オートスイッチング、ノイズキャンセリングなど機能満載の超軽量ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Pro」

2021.04.21

完全ワイヤレスイヤホンは様々なメーカーが開発していることもあり、今では数千円で購入可能な安価なモデルから、数万円する製品まで幅広く登場しています。

今回紹介するのは2021年4月8日に発売された「Galaxy Buds Pro」という完全ワイヤレスイヤホン。高性能スマートフォンのイメージが強いGalaxyだけにイヤホンの完成度も気になるところ。実際に試せたのでレビューをお届けしていきます。

軽量ボディの装着感と音の立体感が魅力の完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Pro」

早速、Galaxy Buds Proを実際に試してわかる装着感や音質について紹介していきます。

Galaxyブランドのワイヤレスイヤホンは、これまで「Galaxy Buds+」「Galaxy Buds Live」といった製品も販売されており、本製品は従来モデルに新機能を多数盛り込んだ仕様となっています。

前モデルとなるGalaxy Buds Liveは発売当初に紹介しているので、そちらも参考にしてください。

【参照】そら豆みたいなデザインでしっかりフィット!GalaxyのANC搭載ワイヤレスイヤホン「Buds Live」試聴レビュー

とにかく軽い! 長時間付けても疲れにくい装着感が魅力

箱からイヤホンを取り出してまず驚いたのがコンパクトさ。Galaxy Budsシリーズはこれまでもコンパクトサイズで付け心地の良い製品が多かったのですが、ケースがここまで小さいとは改めて驚かされました。ちなみにケースのサイズは前モデルのGalaxy Buds Liveと同等になっています。

イヤホン本体もかなりコンパクトで軽量です。質量は約6.3gのみで耳にピッタリとフィットしますが、閉塞感がなく長時間着用していても耳が疲れにくいのが特徴でした。耳の形は人それぞれ違うので一概にはいえませんが、サイズを変更するイヤーピースも同梱されているので安心です。

カラーバリエーションは「ファントムバイオレット」「ファントムシルバー」「ファントムブラック」の3色。いずれもラグジュアリー感のある光沢があり、カジュアルからフォーマルな服装まで合わせやすいでしょう。

「360°オーディオ」「オートスイッチング」など新機能が盛りだくさん!

これまでのGalaxy Budsシリーズと比較しても、Galaxy Buds Proには新機能がふんだんに搭載されています。

「360°オーディオ」はその名の通り音の立体感を出すための機能で、内蔵されたモーショントラッキングが頭の動きを検知し、それに合わせて音を鳴らすことで臨場感を演出します。

オートスイッチング機能は音の出力デバイスを自動で切り替える機能。PCと接続して動画を見ている際に、スマートフォンに着信があると自動的に電話の音声を再生します。

ワイヤレスイヤホンは通常、接続デバイスを手動で切り替える必要があるのですが、この作業が実は結構手間です。事前に設定しておけば自動的に音声を切り替えてくれるのは便利です。

もう1つの新機能が「音声検出機能」で、ノイズキャンセリングモードから「周囲の音モード」に自動的に切り替えられる機能です。

例えば、カフェなどでノイズキャンセリングONの状態で作業をしている際に、注文を伝えるために話し始めると自動的にノイズキャンセリングがOFFになります。こちらも手動で切り替える必要がないのは便利ですね。

高音の響きと明瞭さが魅力の高音質イヤホン

気になる音質としては、中音域から高音域にかけて小気味よく鳴り響く印象。バスドラムが体に響くような重低音重視の製品が好みの人には物足りなく感じることもあるかもしれませんが、全体的に細かな音までしっかりと耳に届くので、個人的にはかなり気に入っています。

ノイズキャンセリングの精度もかなり高い印象で、装着して街中を歩いていても気になることなく音楽に集中することができます。使用の際には周囲に十分注意して楽しみましょう。

なんでも、Galaxy Buds Proのノイズキャンセリングは最大99%まで周囲の雑音をカットできるとのこと。前モデルであるGalaxy Buds Liveは最大97%だったので、数字だけ見ても進化していることがわかります。

ケース併用で約1日使用できるバッテリー性能も魅力

バッテリーは本体単体でノイズキャンセリングON時が最大約5時間、ノイズキャンセリングOFF時は最大約8時間の連続再生が可能です。

ケースを併用すると、ノイズキャンセリングON時に最大約18時間、OFF時は最大約28時間の使用が可能。外出中に電池切れの心配があまりいらないのはもちろん、オンライン会議などに用いても安心して利用できるでしょう。

Galaxyらしい使いやすさと高性能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Pro」

繊細な音を再生できる高音質はもちろん、高いノイズキャンセリング性能や使い勝手の良い新機能が盛りだくさんのGalaxy Buds Pro。個人的にはやはり軽量さと装着感の良さが気に入っています。

各機能がハイレベルに備えられており、流石はGalaxyと思わされる完全ワイヤレスイヤホン。長時間使っていても疲れにくいので、テレワークのお供として利用しても良いでしょう。

取材・文/佐藤文彦

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。