小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

誤解されがち!医師が解説する子どもの便秘と大人の便秘の大きな違い

2021.04.23

我が子が便秘になると、大人と同じような対策を勧めて良いものか、不安になることはないだろうか。正しい認識を持ちたいものだ。そこで今回は、子どもの便秘について詳しい小児科医の杉原桂医師に、子どもの便秘と大人の便秘の違いを聞いた。

子どもの便秘のサインとは?

子どもの便秘は、大人とは違って、気付きにくいのが特徴だと杉原医師は述べる。

「子どもの便秘というと排便回数に目が行きがちですが、毎日排便があったとしても、便秘の可能性があります。子どもはなかなか便秘を自己申告できません。小学校低学年くらいまでは親が排便の変化に気付いてあげる必要があります」

【取材協力】

杉原 桂氏
医師、医学博士、日本小児科学会認定 小児科専門医、医師会認定産業医/ユアクリニック秋葉原 院長/医療社団法人 縁風会 理事長
昭和大学病院小児科などを経て、2015年、ユアクリニックお茶の水を開設。複数の大学医学部で講師を務める傍ら、日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」、TBS「グッとラック!」などメディア出演や医療監修も多数務める。

もし、次のサインが見られたら、便秘の可能性が高いという。

誤解だらけの子どもの便秘

子どもの便秘は、大人の便秘とは基本的に異なる。つまり、大人の当たり前が通用しないということだ。杉原医師は子どもと大人の便秘の違いについて次のように話す。

子どもが便秘であったら、親は早く治してあげたいと思うもの。しかし、親が良かれと思って行う対策も、実は医学的に明らかになっていないことが多いのだそうだ。

親が子どもの便秘についてよく抱く疑問について、杉原医師は次のように回答している。

疑問1:水分はこまめに摂ったほうが良い?

「子どもに脱水症状がない場合、水分を多めに摂取しても尿として出てしまい、便通改善に効果があるといったエビデンスはありません。ただし、過剰な発汗(特に乳幼児)や基礎疾患の有無によっても異なりますので、心配な場合は医療機関に相談することをおすすめします」

疑問2:毎日ヨーグルトを食べたほうが良い?

「ヨーグルトは、腸内環境を整え、人の身体に良い影響を与える乳酸菌が入ったプロバイオティクス食品です。しかし、子どもの便秘に対する効果は医学的な結論が出ていないのが現状です。もしヨーグルトを食べてお腹の調子が良くなったのであれば、個人的には続けてもよいと考えています」

疑問3:浣腸や下剤を子どものうちから使用すると癖になってしまう?

「子どものうちから浣腸や下剤を使うことに対して、抵抗がある親御さんが多いように感じます。しかし、治療する上で一番重要なのが、直腸にたまってしまった便をまずは取り除いて空っぽにし、便意が起こりにくくなっている悪循環を断ち切ることです。子どものうちから使用することで、癖になる、排便の力が弱まるといったことは医学的根拠がありませんので、医師の診断・指導のもと正しく使用すれば問題ありません」

出典:『小児慢性機能性便秘症診療ガイドライン』

大人の便秘と子どもの便秘の違いとは?

大人と子どもの便秘は根本的にどう違うのか。

そもそも、便秘には2種類ある。目に付きやすい病気がもととなる「器質性便秘症」と、病的状態が一見、見当たらないのに便秘になる「機能性便秘症」だ。

「器質性便秘症は、大腸がんやクローン病といった病気が原因となるものです。大人と子どもでは、かかる病気が違うため、器質性便秘症については大きく異なるといえます。

機能性便秘症は、排便回数減少型と排便困難型に分かれるのですが、排便回数減少型の場合は、薬が原因だったり、膠原(こうげん)病や内分泌の病気などが背景にあることもあります。とくにダイエットによる食物繊維摂取不足や経口摂取不足による機能性便秘は、乳幼児には原則としてありません」

大人に起きる便秘は、根本的に子どもに起きる便秘とは大きく異なるようだ。

子どもの便秘対策

原因が違えば、対策も変わる。子どもの便秘はどう対策をとるのがよいか。杉原医師は3つ挙げる。

1.毎朝のうんちタイムを作る

「朝食をしっかり摂り、トイレに行く時間をきちんと確保することが大切です。そのためにも、夜ふかし・寝坊は大敵です。規則正しい生活習慣と排便習慣を心がけましょう。ただし、子どもにとってストレスになるような排便を強制する声かけはよくありません。便器に座るのは、長くても10分程度。まずは便器に座る習慣を身につけ、便が出たら子どもと一緒に喜んであげましょう」

2.踏ん張り台の設置

「大人と同様に、子どもも排便時の姿勢が便秘解消に大きく関係します。洋式トイレの場合、足が少し持ち上がる踏ん張り台を使うことで、直腸がまっすぐになり、うんちが出やすくなる場合があります」

3.食物繊維をプラスする

「便秘解消には、バランスの良い食事が大切。中でも、食物繊維を積極的に摂取することをおすすめします。食物繊維には『水溶性食物繊維』と『不溶性食物繊維』があり、不溶性食物繊維は水分や老廃物などを吸着して、便のカサを増し、腸を刺激してぜん動運動を活発化させ、排便を促す役割があります。

忙しい朝は特に、パンやご飯など炭水化物中心の食事になってしまいがちですが、野菜やきのこ類、海藻類、果物など、食物繊維が豊富に含まれている食品を一緒に食べることが重要です。意外と知られていないのが、手軽に食べられるきのこ類です。特にまいたけは、食物繊維が豊富なのはもちろん、骨の生成や風邪予防、アレルギーの抑制効果など、子どもの成長と健康に欠かせないビタミンDも豊富に含まれています」

【参考】「豚肉とまいたけの甘辛カレー煮」(監修:管理栄養士 浅野まみこさん)

大人の便秘対策

子どもの便秘も心配だが、親も便秘に悩まされているなら、大人向けの対策も知っておきたい。

「大人の便秘対策は、生活習慣から行います。朝食を摂取する、女性ではダイエット経験のある人や昼食摂取が少ない人で便秘が多いです。男性では1日1500ml以上の水分を摂取する人に快便が多いです。適度な運動では腸の機能に変化をもたらさないのですが、活発な運動は便秘の抑止効果があるとされています。また、うつやヒステリー尺度と便秘が関係しているという論文もあります。心理的な状態は便秘に影響するのです」

子どもと大人の便秘の違いと対策がわかった。親子一緒に対策に取り組もう。

取材・文/石原亜香利

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。