小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

最先端のシャシー技術で制御性と正確性がアップしたベントレーの新型「コンチネンタルGTスピードコンバーチブル」

2021.04.24

ベントレーモーターズは、オープントップ最高峰のグランドツアラーとなる新型コンチネンタルGTスピードコンバーチブルを発表した。このスピードモデルは、コンバーチブルグランドツアラーのベンチマークとされるコンチネンタルGTコンバーチブルの高性能版であり、パワーとドライバー重視の設定が最高レベルにまで引き上げられている。

第三世代となるコンチネンタルGTスピードコンバーチブルは、ベントレーの代名詞ともいえる6.0リッターW12 TSIエンジンの改良版を搭載。このエンジンは最高出力が659PSに向上し、0-100km/h加速3.7秒、最高速335km/hという圧倒的な性能を発揮。

先月発表したクーペモデルのコンチネンタルGTスピードと並び、新型GTスピードコンバーチブルもコンチネンタルシリーズの頂点に位置する。

新型コンチネンタルGTスピードコンバーチブルの設計、エンジニアリング、ハンドクラフトによる製作は、カーボンニュートラルの認証を取得したラグジュアリーカーファクトリーで行なわれる。

オールホイールステアリング、エレクトロニックリアデファレンシャル、オプションのカーボンセラミックブレーキなどの高度なシャシー技術によって、卓越した敏捷性と自信溢れる走りを実現。しかも、コンチネンタルGTコンバーチブルが持つ極上の乗り心地を少しも犠牲にしていない。

コンチネンタルGTスピードコンバーチブルの専用ルーフはZ型に折りたたまれる構造で、オープンもクローズもわずか19秒で可能。ボタンをワンタッチすれば、ラグジュアリーなクーペからオープントップのグランドツアラーに変身する。

スポーツタイプのドアシル、ダークティントのグリル、スピードバッジなど、エクステリアとインテリアの独創的なディテールからも、コンチネンタルGTスピードコンバーチブルが頂点にふさわしい高性能モデルであることがわかる。22インチ鍛造ホイールもスピードモデル専用で、仕上げ方法を3種類から選択できる。

贅を尽くしたキャビンはレザーとアルカンターラを組み合わせた独特のカラースプリットで彩られている。ステアリングホイールにもアルカンターラが採用され、助手席側フェイシアにはスピードバッジが配された。

ベントレーモーターズのセールス&マーケティング担当、クリス・クラフト取締役は次のように述べている。

「コンチネンタルGTコンバーチブルの性能を最高レベルにまで引き上げたドライバー重視のモデルが新型GTスピードコンバーチブルです。オールシーズン楽しめるグランドツアラーとしての高い洗練性に加え、驚異的なパフォーマンスとダイナミズムを堪能できます」

「もちろん、インテリアは隅々まで手作業で造り込まれます。コンチネンタルGTスピードコンバーチブルは、ベントレーが持てるすべてを注ぎ込んだ、世界一スタイリッシュでエレガントなオープンカーです」

高度なシャシー技術を採用

最先端のシャシー技術によって制御性と正確性が格段に向上した第三世代のGTスピードコンバーチブルは、クルマとの一体感がさらに高められている。

革新性と安全性を両立し、運動性能にも妥協しないというベントレーの理念を実現し、あらゆるドライバーが満足できるよう「ベントレー」モードと「コンフォート」モードでは前後ホイールのグリップバランスを調整し、「スポーツ」モードでは、どのような走行シーンでもトルクがリア寄りに配分されるようにキャリブレーションを見直した。

新たなシステムによってコーナリングダイナミクスが向上し、確実なグリップが得られるため、ドライバーはいつでも迷い無く、正確にコーナーを抜けることができる。

利用可能なトラクションから最大限の性能が引き出され、コーナーを抜ける際には安定した車両姿勢で優れた加速性能を発揮。「スポーツ」モードでは、トラクションマネジメントシステムによってトルクがリアアクスルに多く配分されるため、アクセルオン操作でコーナリングラインをより確実にトレースできる。

ベントレーの3チャンバー・アクティブ・エアサスペンションとアダプティブダンパー、そしてベントレーがベンテイガや第三世代のコンチネンタルGTにいち早く採用した48Vのアクティブアンチロール制御システム「ベントレーダイナミックライド」は、シャシー技術の要であり、互いに連携して妥協なきボディコントロールと乗り心地を実現。

ベントレーダイナミックライドは、各アンチロールバー内に搭載されたパワフルな電気モーターによって車体のロールを抑制。最も硬い設定にすると、各モーターが0.3秒で1300Nmを発揮してコーナリングフォースを抑え、ボディを水平に保つことができる。

GTスピードコンバーチブルには、カーボンセラミックブレーキがオプションとして導入される。高性能素材であるカーボンセラミックは耐フェード性に優れ、高速ブレーキ時も強力な制動力を発揮。

アクティブAWDも搭載される。すべてのドライブモードでトラクション制御とトルク配分が見直され、スタンダードモデルのコンチネンタルGTコンバーチブルとは明らかに異なるキャラクターに仕上っている。

エフォートレスなパフォーマンス

新型コンチネンタルGTスピードコンバーチブルはエレガントでラグジュアリーな高性能モデル。ベントレーが誇るW12 TSIエンジンの改良版を搭載し、24PS向上した659PSと900Nmという圧倒的な出力とトルクで、0-100km/h加速3.7秒、最高速335km/hという数値を叩き出す。

この6.0リッターエンジンは世界最先端の12気筒エンジンであり、英国クルーでハンドビルドされる。エンジンとトランスミッションは、このクルマのパワーを活かすべく入念に調整された。

その特性が最も顕著に現れる「スポーツ」モードでは、シフトアップのタイミングを遅らせ、シフトダウンを早めることにより、W12ツインターボチャージャーがパワーバンドに長く留まるようチューニングされている。その結果、ドライバーの操作に対し、クルマがより機敏に反応する。

「スポーツ」モードでは、GTスピードのクーペモデルと同じく、8速デュアルクラッチトランスミッションが通常の2倍の速さで変速。これも、コンチネンタルGTシリーズ随一の高性能モデルとしての特徴のひとつ。また、始動時とシフトダウン時のエキゾースト特性も強化されている。

逞しいエクステリアデザインと独創的なディテール

新型コンチネンタルGTスピードコンバーチブルは、スポーティなパフォーマンスを強化したモデルであることが、そのスタイルからも伝わってくる。世界最高峰のオープントップグランドツアラーの佇まいは凜々しく、独創的なディテールがその姿をさらに引き立てる。

GTスピードコンバーチブル専用に仕立てられたルーフは、50km/h以下で走行中であれば、わずか19秒で開閉可能。

ダークティントのラジエターグリルとバンパーロアグリル、スポーツタイプのドアシル、ダークティントのラジエターマトリクスが採用され、フロントフェンダーにはスピードバッジがさりげなくあしらわれている。

スピード専用22インチホイールもダークティントで統一されるが、ブライトシルバー仕上げまたはブラックグロス仕上げを選択することもできる。

ジュエル・フューエルフィラーキャップとジュエル・オイルフィラーキャップ、そして「BENTLEY」の文字が光るアウタートレッドプレートもスピードモデルの実力をさりげなくアピールする。

ルーフカラーは全7色。英国伝統のツイードを現代的にアレンジした柄や、ブラック、ブルー、クラレット、グレーなどを用意。ルーフライナーの仕上げは「ニューレッド」や「マグノリア」など全8種類。

ルーフはZ型に折りたたまれる最先端の構造を採用。このルーフは密閉システムの改良と音響処理により、従来型と比較すると一般的な巡航速度での騒音レベルが3デシベル低減している。加えて、ルーフの遮音材と開閉機構の組み合わせを刷新し、先代コンチネンタルGTクーペと同等の室内静粛性を実現した。

ハンドクラフトされた極上のキャビン

コンチネンタルGTスピードコンバーチブルのルーフを開け放つと、グランドツアラーの比類無き洗練性とスピードモデルならではのディテールとが融け合った豪華なインテリアの全貌が現れる。

アルカンターラのステアリングホイールや助手席側フェイシアのスピードバッジが、レザーとアルカンターラで彩られたスピード専用カラースプリットにしっくりと馴染む。インテリアはメインレザー15色、セカンダリーレザー11色から選択できる。

「ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド」キルトとヘッドレストに施された「Speed」の刺繍が、コンチネンタルGTコンバーチブルの最強モデルであることをほのめかしている。さらに、アルカンターラとレザーのモノトーンカラースプリットが無償オプションとして設定される。

ウッドパネルの標準設定はPiano Black、無償オプションはCrown Cut、Dark Stain Burr Walnut、Dark Fiddleback Eucalyptus。オープンポアのウッドパネルにはDark Stain Burr Walnut、Crown Cut Walnut、Koaがある。

スポーツペダルとスピード専用トレッドプレートを標準装備し、センターコンソールにはエンジンターン加工されたダークティントアルミニウムをオプション設定。スピード専用カラースプリットのレザーをアルカンターラに置き換えたり、スピードカラースペシフィケーションを選択することも可能だ。

ネックウォーマーは温かさ、静かさともに先代より向上。ヒーターとベンチレーターが付いたコンフォートシートにネックウォーマーがシームレスに組み込まれ、電動ヘッドレストの周りに快適なエアフローをもたらす。

ネックウォーマーのダクトに沿って取り付けられたクロームのセンターベーンはベントレー特有のブルズアイベントを思わせるデザインで、スタイリングのアクセントとなる。ステアリングホイールヒーターやアームレストヒーターといった快適装備も充実し、どのようなシーンでも至高のドライビングを満喫できる。

日本ではすでに受注を開始し、デリバリーは2021年秋以降を予定。メーカー希望小売価格は37,300,000円(10%消費税込み)となる。

関連情報:https://www.bentleymotors.jp/

構成/DIME編集部

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。